FC2ブログ

Latest Entries

ハム将棋

フルタイムで働くようになって時間がなかなかとれないのですが、こまめな時間を使って楽しんでいる将棋のゲームがあります。
ごく初心者向けのものなのですが。
ハム将棋のランク

とうとう8枚落ちまで攻略しました。
 (8枚落ちは飛車角と歩、王のみです)
将棋通・師範格・県代表と来ましたが、さすがにこれより上は無理でしょうね。
ハム将棋勝ったところ

ちなみに、初心者向けという理由は、攻め方がいつも同じなので、攻略方法も一緒だからです。
ハム将棋勝ったところ

この上のランクってどうなってるのかなー。
スポンサーサイト

男の子の移動ポケット

KENがハンカチティッシュをよく落としてくるので、幼稚園の頃に使っていた移動ポケットをまた作ることにしました。
今回は柴犬プリントで。
移動ポケット柴犬
将来の夢がまだ「しば犬」なので、このところしば犬プリントを見つけるとチェックしています。
1810073.jpg
男の子とはいえ、大きなポケットティッシュが入り、かつハンカチをフラップを開けなくても取り出せるようなタイプです。
男の子むきの移動ポケット
この後ろに作るポケットがいいんですよね。

時々頼まれて作ったりもしていますが、女の子向きだと大きめで、かつ、ファスナーをつけたりしています。
男の子は小さめのほうがいいかなぁ、と思ってかなり小さめにしたのですが・・・。

とりあえず気に入ってくれたようでよかったです。

娘の誕生日ケーキを作る

手づくりシャルロット
今日は娘の誕生日です。例年子供たちにデコレーションをさせるパターンでやっていましたが、今年は母の手作りとなりました。
というのも先日、食べてみたいと言っていたババロアを作らせたのですが、二層に分離してしまったため、本当のババロアがどんなものか教えてあげようという目的から。
写真にはありませんが、バースデープレートだけは本人が作りました。私がびっくりするくらい上手に作れていました。

シャルロットはまずシートスポンジをつくっておき、型にしきつめて、そのなかにババロアを流し込むというもの。
ババロアだけだと簡単すぎるので、これぐらいはしないとちょっとねー、と思っての発案でした。

先日の停電騒動により、北海道はまだ物流が正常には戻っていない部分があり、今回は生クリームを入手するのが大変でした。
これで12歳。ちょっとは背が伸びてほしいと思う昨今です。

子供のいじめ問題

KENが小学校に上がってからというもの、6年生の娘のクラスの男子が1年生のKENに対しいじめをすることが何度かありました。
路上で名前をネタにしたいじめをする、娘のほうは同級生とはいえ、同様に名前でいじったり、教室を移動するときにまちぶせをして威圧的な態度をとるなどされていました。

「先生が注意してもやめない」ということ。先生からは学校に行って様子を見ることも薦められたのですが、私がスキーのインストラクターをしていたときに、スキー学習で来た子供たちがはぐれていたのを手伝ってあげたところ、「おまえの母さん過保護だよな。スキー学習にまで付いてくる」と言われたそうです。(当然ですが私は仕事前に少し様子を見ていただけです)
4年生の時のことを6年になってまでいちいち言うって・・・。

なので、学校に苦情を言うしかないと思っていました。

先日、KENの担任から連絡があり、6年生の男子二人にズボンを下ろされそうになったという話しを聞きました。
>>少し前に、ズボンおろしをされた生徒が自殺した事件もありましたよね。その時の教育委員会の対応は「ただのいたずらで因果関係はない」だそうですが。

その1週間前に4年生の男子2人に帽子を取られ、中につばを吐かれた事件があったばかりです。
家まで300mぐらいある距離を自転車でぐるぐる回られながら、泣いて帰ろうにも進めないような状況だったようです。その後公園に行くのを怖がって一人では行こうとしないので、私が同行していくということもしていますが、その時の帽子はまったくかぶろうとしません。

そんなことの後です。
親としては心配になり、猛烈に学校に抗議をしたのですが学校は「相手の親に伝えた」「子供たちを校長室に呼んで注意した」というだけ。
校長室に呼んでの注意はもうすでに2回あったと聞くのにさらに続いていて、状況もさらにエスカレートしています。
これで相手の親から謝罪がないというのはなんとも不安。
なので、こちらから電話をしたところ

・息子は手を出していないと言っている
 >>本当は指示をしてやらせている
・その場に居て止めていないのはやったのと同じことだと注意をした

との一点張り。その前に何度も名前のことでいじめられているということに対しては謝りますが・・・とのこと。

息子の同級生が見ていて、担任の先生に一緒にその状況を証言していること、クラスレクの時に撮っておいた写真でやったのはその子だとKENが言っている。学校でも写真を見て担任が確認をした。などと伝えたのですが、

返された言葉は

・証人ってあんたは警察ですか、
・ウチの息子を犯人扱いして、
・学校で言ってることと息子が言っていることは食い違ってるから親だから息子を信じる

と怒鳴り返されました。

で、学校に行ってその状況を伝え、先日の4年生は6年生を見て真似ての行動だったんじゃないかと眠れない夜をすごしたあと、ようやっと警察に被害届を出すしかないという結論に達しました。

で、子供の通学路を一緒に歩いて見送り、横断歩道で交通整理をしている校長先生に一言
「昨夜電話がなかったので警察に被害届をだすことにしました」
と伝えたところ相手の親からお詫びの電話をようやくもらうことができました。

相手のほうに「被害届を出すと言ったからなんですね?」 と聴いたところ、「はい」と言うのでそれなりの効果があったということでしょう。受理されるかどうか不明なものを出しに行く前に相手の親が認めてくれたことは大きいと思います。
私が欲しいのは相手の親の協力です。
ちゃんと認めて親が謝る姿を見せることは子供にとって大事なことです。
子供を信じるということは大事かもしれません。でもその前に学校の言うこと、周りの話を聴かないと本当のことは判りません。

そして、下級生の居る前でやったことの意味を考えてもらいたいのです。
下級生たちが上級生を真似て先日の帽子につばを吐くという行動になったのだとしたら、既にいじめのお手本になってしまったわけです。下級生をいじめる上級生の姿を見て育った子たちとあと5年間一緒にすごすKENのことを考えたら今後の対応はさらに大事です。

相手の親には「私が学校に行くと過保護だと言われるので、学校に子供たちの様子を見に行くことを協力してほしい」とお願いしました。
その協力約束してもらえたのでまずは解決なのですが、今後どんな影響があるかまだ計り知れない問題があると思っています。
いじめの連鎖は続くものですから・・・。


防災対策・・発電を試みる

余震がときおり続くなか、万が一に備えて防災対策をしておくことにしました。
今まではぼんやりとしたイメージしかなく、何が必要になるか判らずにいたのですが、こうなるとだいぶ判ってきました。
で、まずは防災リュックの中にろうそくと電池を入れ、通信機器の充電対策を考えてみました。

オットが作ったのがこちら。
携帯自家発電
発電式の懐中電灯にUSBのポートを付けたもの。
これは5Vの電源になるようなので、タブレットだとかを充電することは可能なはず。
通常のコンセントが10Vなので、充電器の類は変圧して5Vで充電しているそうです。なので、これはポートを付けるだけで充電ができることになります。

で、やってみると・・・写真の手がブレているのに注目w
タブレットに充電中
表示は「充電中」になるものの、なかなかパーセント表示の数字が変わらない。
・・・オット必死になってやってます。

ガラゲーの場合は昨日の午前中に充電したものが数回回すだけで満充電になりました。

ガラゲーってすっごく省エネなのね。

ということで、これは私の携帯専用の充電器になりました。

そしてスーパーではようやっとカップめんが買えました。
カップめん
カップヌードル以外ほとんど食べたことがないので味がどうなのか判りませんが、1週間ぐらいしたら食べてみようと思います。

タブレット関係は結局釣りの集魚用ライトの発電機を使って充電することになると思います。
これは軽自動車のバッテリーを量販店で買ったものらしいですが、こんな防災に役立つというのなら時々オットに釣りに行ってもらうことが防災につながるんですね。
釣った魚もありがたいので一石二鳥ってことです。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本