FC2ブログ

Latest Entries

袴の着付け

小学生の子供は夏は元気で外で遊ぶ・・・。という感じで、今アカネちゃんは顔が真っ黒ですf(^^;
ですが、父が北海道に来てくれていたのでせっかくなので卒業式に参列はできない父に袴を着たところを見せてあげることにしました。
江戸紅型の着物と袴を着たところ
私はあまり伊達襟を使わないのですが、こういう時には使ったほうがいいと思って作っておいたリバーシブル伊達襟を入れて着付けをしました。
袴下帯はアカネちゃんに着付けの練習用に(浴衣用)渡しておいたものを持ってきたのでそのまま使ったのですが、これはやっぱりピンクのほうがよかったですね。着物の紅色から一つ色を拾って華やかにしたほうがよかったと思いました。

この着物は私の母のもの。
つまりアカネちゃんにとっては祖母の着物ということになります。
袴は昨年買ったものですがこんなのは数千円。レンタルしたほうが高いので買ってしまいました。
サイズが大きめなのですが、(155cm~165cmとなっています)着付けでなんとかごまかせると思って用意したもの。
予定では上の部分を一つ折り返してみるつもりだったのですが、高めの着付けにしたらなしでも大丈夫そうでした。
転倒防止のために、本番ではやっぱり折るほうがよいとは思ってますが、この後の伸びも多少はあると思うので期待したいところです。

昔の着物は、物によっては古臭くてあまり好きではないものもあるのですが、この着物は私も好きで時折着ていたもの。
それを娘も着るというのは親子3代で受け継いだものということ。大事にしたいと思ってます。

さて、最近の袴ブームは小学校の卒業式にも広がっているというので、今はスーパーの洋品コーナーにもセットのものが並ぶのを見ます。
遠目には華やかに見えるのですが、近くで見るとやっぱり薄っぺらい感じがしてしまいます。着付けが出来なくても着れるような簡単な構造になっていて楽なのでしょうけれど、どうも私は好きになれません。
とはいえ、アカネちゃんがちゃんと動き回れるのなら今回着せた袴も悪くはないと思うのですが、小学生ならこの薄っぺらいほうがいいのかもしれないとは思たりしています。

前回東京に帰省したときに叔母から聞いた話では、昔は礼装に袴を着るのであればやはり紋付だったり江戸小紋のような礼装に向くものを着るものだったそうです。
最近の矢絣などはあくまでも通学用の普段着レベルだったもので、本来この江戸紅型も生地は紬なので礼装には向きません。
でも今の袴はめったに振袖や訪問着とあわせて着る人も見かけず、矢絣だったり普段着レベルの小紋と合わせることが多いですね。
礼装着としてなぜ矢絣なのか、ずっと疑問に思っていたので叔母にそういう話を聞けてよかったです。

今回髪型はハイカラさんタイプのハーフアップにしましたが、髪飾りは私が作ったつまみ細工のかんざしです。
このぼさぼさの頭も、本番前に少しきれいにしたいと思っています。(ショートヘアの段がついた状態で伸ばしたのでまだ変なところがあります)

卒業まであと半年ちょっと。あと3cmぐらいは延びないかなーと期待しているところです。
スポンサーサイト

いわしづくし

今、父が関東から来ています。アカネちゃんのクラスレクにつかう流しそうめんの竹を持って来てもらうために、避暑を強要したというのが本当のところなのですが(!)そのぶん、いいものを食べさせてあげようと奔走しています。

昨日は作ると息子に「今日はなんの日?」と言われてしまう皮も手作りの餃子だったし、今日は釣りたて新鮮ないわしづくし料理でした。

まずは私の好物のつみれ汁
つみれ汁
関東の人間はDNAにこの味がしみこんでるような気がします。母はあまりつくることがなかったのですが、しょうがで臭みをとったいわしのつみれ汁はしみじみとした味わいがあります。

それから、冬はわかさぎで作るエスカベッシュ。
いわしのエスカベッシュ
オットがピーマンの入ったマリネが好きだというので、我が家のものはピーマンが入ります。
これは父が「缶詰にして売ったらすごい人気が出るんじゃない?」と言ったくらい気に入ってくれたもの。
私も大好きです。ただ、これは釣りたてをすぐにわた抜きして、次の日にうちに料理しているからの味なのです。スーパーのものではこんなふうにはならないので、釣りたてのものならではの味です。

夕飯を作るために3時間もかけるなんてそうそうやらないので、めったにないイベントです。
北海道ならではの、というわけではありませんが、父が気に入ってくれたのでまぁ良かったと思ってます。一人暮らしの人ってロクなものを食べてないからというのもあると思いますけどね。

もうしばらくがんばります。

トンボ玉のかんざし

犬の足跡かんざし
先日小樽ガラス市で買ってきたトンボ玉を使ってかんざしを作りました。
といっても、これは金具を買って、ネジで留めるだけ。この方法はトンボ玉のお店の人に教えてもらいました。

残念ながらその露天には金具がなくて、いろんな店で聞いてみたものの入手できなかったので、ネットで注文しました。


一本かんざしでねじるだけの挿し方も出来ます。私が前に作ったつまみ細工のものは髪に挿すだけの針金(といってもかなり太い)ですが、こちらはしっかりした金属。


(↑お店は違うのですが、見やすいので画像をお借りしています)
このタイプも買っておいたので、今度はぶらさがるトンボ玉のかんざしも作ろうと思います。

アイヌが「文化」でない理由

最近着物がマイブームで日本の織りや染めを見るとこれに合う帯は・・・なんて夢想していたりします。
そんな中で、紅型という着物についてふと考えたことがあります。

私の着物箪笥には、その昔私の母が若いころに仕立てたと思われる(江戸)紅型の着物があります。
着物の勉強を始めた当初、着物の先生が私の着物を見て教えてくれたのがこの紅型のルーツでした。
元は沖縄の型染めだったとか。王家の一族が着たものだからおめでたいときに着てもおかしくないと。

先生は貧乏学生だった私が着れる着物がないのに先生のパーティーに洋服で行くわけにもいかず困っていたのを見かねてそうおっしゃってくれたのだと思います。

後から知ったことですが、京都などの一部の人には沖縄の土着民が着ていたものとして礼装として認めなかったりすることがあるようです。
紅型の振袖は眉をひそめることもあるとか。
確かに、今礼装として認められるものとして紅型は当てはまりません。大体が京友禅とかのものだったりしますね。
そもそも小紋の中で礼装と認められるのは江戸小紋ぐらいではありますが。(私は紅型・藍型が大好きなんですけどね)

この紅型の発祥はたしか14世紀から15世紀ぐらいといわれています。
室町時代に出来たという辻が花と同じくらい古いものだということです。(ちなみにアイヌはこの時期に移住してきたと言われていて、それ以前に北海道にはすでに先住民が居たそうです

この辻が花もまた面白いもので、一度は絶えたと言われたものを久保田一竹さんが復活させています。
この染めは海外でも高い評価をされていて、日本でも人間国宝になっているほどのものです。

一方アイヌのユーカラ織りは20世紀に入ってから創設者もわかっているような織物です。

これが「文化」と言えるのかと思うんですね。
上記の二つの染めの文化というのは、創設者もわからないような古いものだったり、作品としての価値が高く評価されていたりするものです。

アイヌの言うところの「文化」は元々狩猟民族だった人たちがヤマト民族との交易で売れるものが必要になって20世紀に入ってから始めたいわば内職です。
木彫りだってそうです。

アイヌの文化はそんなものではなく、狩猟民族であることだということのはず。
こんな内職のものを文化だ保護だのと言うことがおかしいと思うのです。

アイヌ民族は生活保護の割合が他に比べ2倍以上だとか。アイヌであることの利権は大きく、差別された、迫害されたと言えばもらえるものが大きいのだそうです。
家を建てるローンも無利子だったり、学資ローンの返済がほとんどないとか。
ならばそれにすがるほうが楽。自立しようなんて思わないのではないんじゃないかと思います。

ちなみに、私の実家のルーツは東京で東京大震災や空襲で何度も無一文から生活を立て直した人が曽祖父母にあたります。
父は布団一枚だけを持って母親が逃げた話をしていましたから、今で言う価値なんて数千円?
そこからそこそこの老後を過ごせる人たちになったわけです。

一方アイヌは・・・。生活保護を受けるために極力働かず生活を向上させる努力もせず、文句だけを言い続けてる人たち・・・・と思うのは私だけでしょうか。
アイヌ団体は韓国人がトップにいるとも聞きますから、構造的には在日と同じということですね。間違ったことを堂々とアピールするあたりも某国のロビー活動に似たものがあります。

あんまりきびしいことを書くと怖いネットの世界なので、これぐらいにとどめておきますが、要はユーカラ織りには芸術性も認められず、歴史もない、ということです。
本当のことを指摘して議員を辞職させられた人もいますが、正論を言ってもそれを捻じ曲げる力が北海道の政権には存在することは確か。怖いことに北海道新聞も関係しているという話もあり・・・。
保護されるべき「先住民」はアイヌではないという説もあるんですが、それも捻じ曲げられているようです。

小樽うしお祭り-浴衣を着る時間

手宮線路
小樽のうしお祭りに行ってきました。
旧鉄道路線の跡に露天を並べて風鈴まつりも開催されていました。
風に揺れる風鈴
目当てはとんぼ玉のかんざしだったのですが、それは見つからず、とんぼ玉だけを買ってきました。
これを今度はかんざしにするのが次のハンドメイドになりそうです。
小樽風鈴祭り
それと、日傘が必要だなぁ、とつくづく思いました。暑くて扇子で日よけしながら歩きました。
また小樽に行きたいと思います。

さて、今回も着物で出かけようと思ったのですが、今回、「浴衣week」も開催中ということで浴衣にしました。
普通、浴衣は夜着るものと思っているので昼前から着るのは抵抗があり、着物風に着ることに。同様のお仲間も一人見かけましたから、同じように思ったのは私だけじゃなかったようです。(その人はやはり着物に慣れた様子で粋に着こなしてました)

浴衣コンテストなどもあるようでしたが、これも開催が12時からというのでちょっとびっくり。いまどきの着物文化なのか、主催側の都合なのか。ある程度着物を知ってる人ならば昼間に浴衣なんてどうにも解せない気がするんですが?

まぁ、着物も時代で変化していくもの。そういう形で変化していくのかもしれません。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本