Entries

長袖チュニックを作る

コットンの長袖チュニック
北海道は少し肌寒く感じるようになって来ました。
前回作ったダブルガーゼのチュニックはあまりにもヘビーに使いまわしているので、もう少しストックを増やそうと思ってシャツチュニックをつくりました。
襟があると、だらけすぎない雰囲気になるのがいいです。学校にボランティアで行くこともあるのでそういうときにも使いやすいアイテムです。


産後IT系の仕事にもどれなくなったこともあり(技術的に)教育関係の仕事につくことが続いていました。
そういう仕事だと、服装の傾向がいろいろあって大変です。

学校の場合は当然きちっとした雰囲気のもの、行事に応じてブラックフォーマルやスーツも必要になります。学校以外のところで最初に勤めたところはジャージ。学童ではデニムや動きやすい格好でした。

今は教育関係から離れて普通の会社ですが、さすがにデニムやジャージはどうかと思うのでオフィスカジュアルっぽいものを着るようにしています。この辺のアイテムは今と昔はちょっとデザインが違ってるのでそれなりに作りたそうと思ってます。

学童で働いていた頃よりも時間は自由になる職場なので、今回の仕事は長く続けられそうです。
子供の習い事にも融通が利く職場でないとやっぱり子育て中に長く続ける仕事にはなりませんね。有給を使って研修に行かされたりするようなところ、日曜日以外に休みがないっていうのは定年後なら考えるんですけどね。
スポンサーサイト

俳句コンテスト

石狩の小学校では毎年授業で俳句を作り、コンクールをやっています。
一昨年、それに佳作に選ばれたのですが、今年も遠足で作った句が選ばれました。
今年も佳作ですが、百人一首が好きでけっこう覚えていたりする子なのでセンスがあるのかもしれません。
褒めるところの少ない子なので、ここぞとばかりにおおいに褒めてます。

先日、父が高校生の頃に4千円ぐらいで買ったという百人一首を娘に送ってくれました。
木箱に入った職人さんが1つ1つテープで貼ったようなすごいものです。
今はそうそう手に入るものではなさそうな感じ。
宝物だったんでしょう。それを百人一首が好きな娘に譲ると言って送ってくれたので、お礼の葉書を書かせました。

今年の俳句

「森のこえ」とか使いたいなぁ・・・とか言ってたのに、けっこうありきたりな言葉をつないだな、と思ったのですが。
一昨年のやつのほうが私は好みです。

(一昨年のは「ハマナスの 香りを飛ばす 海の風」です)

親の一句

「誰に似た 自分じゃないと 口そろえ」 (--)

シャツワンピとおそろいのシャツ

シャツワンピ
フォーマルのブラウスを作る前にいくつか試しに作っておこうと思って作ったもの2点が完成しました。
型は先日のシャツと同じなのですが、襟の形を変えて、丈を伸ばしました。ウエストラインに細いベルトを通せるようにしたのでワンピース風に着れるようになっています。ウエストのループは後から外せるので背が伸びたらシャツとして着るのもOKです。

もう一枚は娘が年長のときから気に入って着ているブラウスの生地の残りで作ったシャツです。
最近は甘いラインよりも男の子っぽいすっきりしたデザインが好みらしく、袖にゴムとか丸襟とかではなくそのまま息子にお下がりになるような感じで作りました。
ダブルガーゼのシャツ
生地が少なかったのでヨークは別布を足してます。
前に作ったものはこちら。↓
ダブルガーゼのシャツチュニック
ダブルガーゼのペアルック
息子の分も既に一度リメイクされて襟を開き、すそは重ね着風のシャツでつぎはぎして、それも着れなくなりました。
その後息子の分のシャツを作ったものがあるので、あと1~2年は子供たちのおそろいができそうです。

次はフォーマルのブラウスを仕上げようと思ってますが、KENが春休みになってしまったので完成は少し先になりそうです。

パーカーを作る

あられ模様のパーカー
久しぶりに、ショートパンツではない服を作りました。
アカネちゃんは細身なこともあって、120cmでありながら、100cmのKENの服だってさほど違和感なく着てしまいます。
でも、さすがにそれでいいや、とほっておくわけにもいきませんから、服はそれなりにそろえているのですが、ちょっとしたはおりものが、110cmのパーカー1枚しかなかったので、作ってあげることにしました。

これは140cmで作ったのですが、パターンは幼稚園入園前にコートを作ってあげたときに使ったのと同型になります。
そのときは120cmの型紙を使って、当時90cmぐらいだった娘のために作ったのですが、今はずいぶん大きくなりました。
冬のコート
このコートはラインがきれいだったので、愛用していました。
ありあわせの生地だけで作ったもので、入園前の何でも着てくれてた時期をいいことに作ったもの。
パーカーの型だったため、中に着込むと袖がきつくなるのが難点で、袖のないチュニックを何着も作りました(笑)

Tシャツだと140ぐらいでも普通に着れるので、パーカーもたぶん大丈夫だとは思ったのですが、袖だけは少し短めにまつっておきました。
明日の朝、喜んでくれる顔を見れるといいなー、とこのために夜なべをした母は思うのでした。

移動ポケットその2

ピンクの水玉とレースの移動ポケット
予備に作っておこうと思った移動ポケットその2でしたが、かなり改良を加えました。
アカネちゃんは、ファスナーがあると何でも入れたくなるらしく、ファスナーの中にあれやこれや、うんざりするほどいろんなものを詰め込むことが判明したからです(--;

で、その結果取り出しやすいようにオープンにしたティッシュケースはかなりみっともなく開くことになり、だらしなく見えるので、やはりティッシュ部分は蓋を付けることにしました。

簡単に開けられるように、マグネットホックを使ってます。
移動ポケットを開いたところ
そして、ハンカチはポケット本体と同じサイズで外側からすぐに取り出せる位置に付けました。
わかりづらいかもしれませんが、蓋の奥がわにオープンのポケットがあります。中のティッシュケースの奥にもあるので、蓋の中と外に一つづつあることになります。

ポケットティッシュケースの位置を少し上にしたので、そのミシン目を隠すためにレースを付け、前にコットンの糸で編んだお花を付けて完成。
このお花の作り方をマスターしてから、けっこう気に入って作りためていました。

食べこぼしの跡に付けて隠したりするのによいと教えてもらったのがきっかけだったのですが、こういうワンポイントに手軽に使えて便利です。
次は前に作ったやつをリメイクする予定です。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本