Entries

ラピュタの飛行石を作る

天空の城ラピュタは私が好きなアニメの一つです。
空を飛ぶとか、重力の法則を無効にする神秘あふれる飛行石はけっこう欲しがる人も多いようです。

スタジオジブリのオフィシャルグッズにもあるみたいですね。

あの呪文を唱えると点滅してくれるというすごいものらしいですが、私はやっぱり欲しいものは作ってみたいのです(笑)

粘土とマニュキア、レジンで作った飛行石
物づくりの流行からすると、レジンで作る人が多いようなのですが、シリコン型がイマイチな形なので気に入らず、王道からそれたやりかたでやってみることにしました。

飛行石の質感はラピスラズリのようなイメージ。それなりに重みがあったほうがいいと思って、重みの出る石粉粘土を心材に選びました。
これに針金のとめ具を作って埋め込んで成型します。
乾くのを待って、紺のマニュキアで下地処理して乾かします。
さらに蓄光粉を混ぜながらラメの水色っぽいマニュキアを重ねて塗ります。

そこからはオットにも協力してもらって王家の紋章をデザインカッターで切り出してもらい、それに金のマニュキアと金の粉をまぶして貼り付けます。

さらに表面にレジンをコーティングして日向干し。

暗いところでもしっかり光るペンダントトップが完成しました。

あとは紐を付けて完成です。

今年はハロウィンパーティがあるのかどうかわかりませんが、昨年作ったこれ

魔女の宅急便の衣装
に合わせてむりやりシータになってもらおうと思います。
ジブリばっかですけどね。
スポンサーサイト

給食用エプロン追加制作

ハーフリネンのエプロン
すみっこぐらしのエプロンはかなり気に入っているようですが、我が娘ながら、あきれることに洗濯に出すのを忘れることがあります。
さすがに洗わないものを持たせるのは嫌なので、少し前に使っていたものを持たせるのですが、それがつんつるてんなことに気づきました。

チビでもちょっとずつ成長はしているんですね・・・。

で、予備を作っておくことにしました。
すみっこぐらしのものよりも10cmぐらい長めにしたのでしばらくは使えると思います。

この生地はハーフリネンで、ディズニープリンセスのシルエットという、ちょっとシックな感じのデザインです。
ハーフリネンは丈夫かつ味わいがあるので買ってみたものの、柄が大きめだったので、幼児のアイテムを作るには柄の出方が微妙でした。
ようやっと柄がバランスよく見えるサイズに娘が育ち、ピンク以外のカラーを着る年になって出番が来た生地でした。

この程度なら作らせてもよかったかなぁ・・・、と思ったのですが、ちょっと急ぎだったので仕方がありません。
次は自分でやらせようと思います。ミシンは好きみたいなので、ちょうど良いと思います。

小学生男子のためのリュックサック

アンパンマンのリュックサックはかなり評判が良かったのですが、そろそろ小学生向きのリュックサックを用意することにしました。
これはKENのズボン、アカネちゃんのショートパンツ、小学校で使うための巾着(給食袋)などにも使っている生地の残りです。
かなり使っているので、肩紐の長さが予定より短めになってしまいました。

迷彩プリントのリュックサック
少し横から見たところ↓
迷彩プリントのリュックサック
左のほうにはちょっとしたものを入れられるポケットを付けてあります。
背面には大きめのファスナーでポケットがあり、中にはファスナーのポケットとDカンを付けてあります。
Dカンは何か引っ掛けるのにつけておくと便利ですが、中に付けたのは鍵とかがバックの中で行方不明にならないための工夫です。

KENは「自衛隊に行くときのリュック!」と大喜びしてます(笑)

息子のズボンと私のデニンス

デニンス
良い生地で作ったデニンスは本当にはくほどに味わいが出ていいのですが、安い生地はやっぱり駄目なようです。
だいぶ前に買った安物デニムは2mで800円ぐらいのものでしたから(カットクロス)ストレッチはまぁまぁなものの、色落ちが早くすぐに部屋着レベルになりました。
で、比較的良い生地で作ったデニンスとサンキで見つけたヘリンボンのストレッチ生地でデニンス(1本はヘリンス?)を作りました。
耐久性はどんなものかまだわかりませんが、個人的には岡山デニム、大好きです。

迷彩ズボン
それから娘に作っているショートパンツを丈長にしたズボンを1枚KENに作りました。
「じえいたい大好き」な息子に、最近ズボンが不足気味なので作ってあげました。

今後難しいなーと思ってるのは男の子のズボンのファスナーについて。
どれくらいの年齢から前ファスナーにするべきなのか・・・。小学校上がるころ?もっと後?
男の子の洋服売り場で今度チェックしてこようと思ってます。

娘に家庭科を指導

小学校5年生になると、家庭科が始まります。
そろそろ教えておこうと思って、ミシンで雑巾を縫わせたりしていましたが、巾着だとかの小物に関しては既にたくさんあるので作る必要がありません。
で、いっそのこと、服を作らせようと思って作らせてみることにしました。

今回作ったのは娘の必須アイテムのショートパンツです。
小学生の作ったショートパンツ
ウエストゴムのファスナーなしというのが気に入ってるのか、これなしにはすごせないほどのヘビーローテーションっぷり。
130cmというサイズは型紙を用意するのも難しいのですが、希少なパターンから作りました。
ショートパンツをはいたところ
もちろんポケットは外せず。そして、すそに飾りボタンも自分でつけてもらいました。

なかなかの出来と褒めてあげてます。
ちなみに、着ているシャツのほうは私が少し前に作ったシャツです。けっこう気に入ってるみたいです(^^)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本