Entries

着物愛好家のステップ

浴衣のお直しを2着終えました。
お直しといっても、既製品のミシン目を解いて手で縫い直しただけです。

浴衣の縫い目

その昔、実習で浴衣を縫ったことがあるので、一通りの縫い方はわかるつもりで三つ折ぐけをメインにかんぬき止めだとかをしてみました。
当時着付けを習っていたので、着付けの先生が「ミシンで縫った浴衣なんて・・・」なんて言っていたのを聞いて「そんなものを気にする人がいるんだ~」なんて思っていたのですが、最近になってちょっと新しい着物をおろそうと思ったらミシン目が気になる・・・。

あぁ、このことか。

なんとなく判りました。

良い浴衣っていうのはミシンで仕立てたりしませんから、安い既成のものだというのがありありとわかります。
ちなみに、良い浴衣というと有松絞りだとかが有名ですがこれは10万ぐらいすると思います。
私の竺仙(ちくせん)もですけど。
あまり絞りに興味がない私は絞りの浴衣はリメイクして授乳服にしてしまいましたけどね(笑)

少なくとも着物の良し悪しが判る人ならばミシンで縫ったものなんて着ないと思います。

ある程度の年になると、こういう仕立てのものを身につけると恥ずかしいので、きちっとしたものを着たくなります。
作り帯とかもそうです。10代のうちならまだしも、って感じです。

今回ミシン目がとくに気になったのは、下ろした浴衣が綿絽と麻混のものなので、昼間も着れる素材ということもあったと思います。
昼間着るものと、夕方しか着ない湯上りにはおるだけの浴衣とはやっぱり違います。

そんなことで見えるところは全部手縫いで縫い直したのですが、けっこう楽しい♪
次は阿波しじらとか遠州綿紬とかを縫ってみたくなりました。

少し着物上級者の気持ちがわかってきた昨今。いずれ紬の良さがわかるようになるのかなぁ、と思ったりしてます。
・・・今のところ全然紬には興味がないんですけどね。
スポンサーサイト

着物の催事場

時々行く呉服店で催事があるというので行ってみました。

このお店、かなり素人の店員を入れているので、プリントされた辻が花を堂々と「本物の辻が花です」なんて言うし、私にデニムの着物を勧めてきます。
デニムの着物なんて大島紬の訪問着並みにNGなものだと思ってますから、相手を見て営業していないことは明らか。

なんだかねー、ってお店なんです。

一度は断ったものの、私がこのところ注目している工房のものが出るというので行ってきました。

見たかったのはこれ。


わんこ帯です。(この帯はありませんでした)

元々紅型の着物と帯は持っているのですが、どうやら私の持っている母から譲り受けた着物は江戸紅型だということが判りました。
京都の職人さんが見ておそらく・・・という意見ですから多分そうなんでしょう。

他にもこういう帯があったら見たいと思っていたのがこちら。


インドの更紗は西に行きウイリアムモーリスやリバティの柄になり、東に来て唐花文様や和更紗のような形になったんでしょうか。何となく和風とはかけ離れた雰囲気もあるのですがこういう柄って好きです。

お店ではだいたいネットで見るよりゼロ一つ多い値段が付いているのでさっさと帰ろうとしたところ、かなり強引な押し売り状態になってきました。
雪の結晶柄の帯を薦められたので「冬は着物は着ないので」と断ると「冬に限ったものじゃないから」なんて適当なことは言うし、お太鼓柄ではなく↑みたいな柄の帯が好きだと言ったところ「正直そんな紅型の帯は見たことがない」なんていうし。

3人の人に囲まれて嫌気が差して帰ろうとしたところ「普段どんな着物を着ますか」というので「普段は洋服です」と返してもだめ。
なんとか試着まで持ち込みたい感じになってきました。

「どんな着物を持ってますか」と聞くので「私にいつもコーディネートしてくださる方は地味目な着物が多いですね。こんな感じの」
と言って指差したところ、それは展示品の「○○(有名女優)様着用着物」と札が立っている着物でした。

さすがにその着物を着せようとはすることもできず黙ってしまったところをすーっと逃げるように出てきました。

催事場って危険ですね。こんなバカみたいな値段で押し売りみたいに買わされる人も多いんだろうと思うともう行くのはやめようと思いました。
お店の人も私みたいに欲しいものがしっかりイメージとしてあって、着物のことを多少わかっている人間に売るのは難しいでしょうね。
チェーン店の呉服店っていうのは着物を見て着物を売るところなんだと思います。
私は人を見て着物を合わせてくれる先生に出会えて幸せでした。先生のサロンはこちらです。着物の価値がわからない人だと「あんたにはもったいない」って売ってくれないし、「手持ちの着物すべてに合う帯を1本欲しい」なんていう要望にもすばらしいセンスを持って応えてくれる人です。
つくづく、呉服店っていうのはやっかいなものだと思いました。

木綿の着物・竺仙

竺仙の着物
浴衣を着物風に着るっていうのが最近のブームのようですが、もともと着物としても着られる着物/浴衣は昔からありました。

この着物は竺仙の浴衣なのですが、20年ぐらい(以上?)前に先生からのプレゼントでいただいたものです。

その頃、絹の着物は手入れが大変だとぼやいていた私に先生が「綿の着物もあるのよ」とくださったもの。
その時に着物として仕立てるか、浴衣として仕立てるかを聞かれたように思うのですが、今になって調べてみても仕立て方の違いはないようなので何か勘違いしていたようです。

綿紬ってやつなのか? ちょっと繊維にぼこっとした感じがあって、色合いもしみじみ良いものなんです。

着物として着るのは初めてなのですが、ようやっと良い着物に負けない年になったと思うのであちこち出かけてみようと思ってる昨今です。

ちなみに、竺仙は東京の日本橋にあるお店。奥州小紋という名前ですが、東京のものなんですね。
鮫小紋といい、不思議と関東人の私は関東の着物に惹かれるようです。

小学校の卒業式の袴のススメ

小学校の卒業式を今年度に控え、懇談で禁止令が出たところもあるという話を聞きました。
びっくりでした。
着慣れない袴で転ぶ子がいるとか、階段でつまずくとかいう意見など、納得できるものもある反面、卒業式が華美になりすぎるとか、貧困家庭がかわいそうだとかいう意見もあるようです。
これってどうなんでしょうね。

ウチの場合、背の小さかった母の着物がちょうど娘にはぴったりだったので、これをクリーニングに出して4千円弱。

ネットだとこんな値段↓


↓それに袴は購入したので3千円ぐらい。



着物は母から譲り受けた時にゆきを直していたのですが、丈はそのまま。直したといっても袖を外して直せるだけしか出していないので、私には少し短めなのですが、それが娘には使えそうでした。
正絹で悪いものではないものの、少ししみもあったのでクリーニングに出して着るほどの価値があるかどうかと思って持っていたものです。娘が気に入って着たがったので、そうでもなかったら放置していた着物です。

↑こんなことで、少しは親孝行した気分になってる私w

袴は長くてもちょっと工夫して短めに着付けることは可能です。
昔女子高生だった人ならば皆知ってる(?)あれです。ウエストベルトを一折するっていうやつです。
なので、袴自体は私でも着れるくらいのサイズで購入しています。
大学だとかの卒業式でも使えると思います。
もし短くなったらブーツにすれば良いですから。

聞くところによると、最近の小学校で先生が袴を着ると保護者から「コスプレ感覚で自分が主役だとでも思ってるみたい」という意見が出るところがあるという話を聞きました。
学校での礼装が袴だということも知らない保護者がいるんですね。

北海道は田舎なので、あまり着物を着る先生は少ないのかもしれませんが、東京では先生が羽織袴を着ることが多くなってきてるという話を聞きます。(先日会った着物の先生談)
元々が女学校の名残で出来た「学校の礼装=袴」だと思うので、男性も着るっていうのはすごいと思いますが、それだけ卒業生の担任というのは気持ちを込めたいということなんでしょう。

日本の文化を守るのか、弱者への配慮を尊重するのかという議論になるのだと思いますが、私が知るかぎりの生活保護者はほとんどが茶髪なので、着物は似合わないでしょうね。(中学生でも茶髪!)

着付け自体は私もユーチューブで復習していますが、最近の手習いはほとんどユーチューブ先生に習ってます。
気負わずにあるもので用意したら、けっこうリーズナブルですし、親孝行できると思うんですけどね。

うそつき袖の作り方

10代の頃に習った着付けの道具を、少し増やす必要がでてきました。
一つには娘が使う必要が出てきたからなのですが、もう一つには古い着物を活用しようと思ったら必要なものが出てきたからです。

私が習った着付け教室では長じゅばんは使わず、「うそつきスリップ」というものを使っていました。
基本のスリップがあって、袖と襟は付け替えて使えるという、なんとも手軽なものです。
この袖を今回は作りました。

うそつき袖をハンドメイド
上のピンクのものが着付け教室で買ったうそつき袖です。
喪の時以外は万能に使えるのでこれさえあればなんでもOKでした。(振袖は比翼仕立てのため不要)

が、娘が卒業式に袴を着るのであれば、袖が足りなくなります。
小学生の袴の着付けの場合、美容襟は使わず、肌襦袢に半襟を縫いつけて使うと教わりました。
つまり、うそつきスリップは必要ないのですが、袖は必要です。なので、袖をとりあえずは一つ作る必要がありました。

ピンクのは娘に。私はからし色です。

もう作った白いものは絽です。夏物を着ようと思ったら必要になる夏用の袖です。
美容襟は先日作ったので、この袖があれば絽の着物(透ける素材)が着れます。
念のため、裾よけは使うつもりですが。

うそつき袖の作り方はごく簡単です。
学校で買ったのはマジックテープで取り外しができるものですが、その対になる硬いほうのマジックテープが必要です。
そのほか、袖の丈になる長さの襦袢生地と糸さえあれば作れます。

袖の長さは50cmぐらいなので、1組で2mの小幅の生地を呉服屋さんで売ってもらいました。
だいたい千円ぐらい。うそつき袖を買うと2千円以上したような気がします。

それを着物の丈にあわせて袋縫いします。あとは耳を三つ折りして三つ折りぐけをして生地は完成。
マジックテープを学校で買ったものにあわせて位置を調整しながら縫い付けてすべて完了です。

念のため、袖口にかんぬき止めはしておきましたが、これは元々持っていたものに最初は付いていたような形跡があるので念のためつけておいたという程度。本当についていたかどうかは不明です。

浴衣ぐらいしか縫ったことはないのですが、袖の丸みをつけるようなこともしないでも良いみたいです。
元のうそつき袖を基準に真似た場合には、ですが。

ごく簡単に出来ますが、手縫いでないとさすがに気になるので袖の下の部分の袋縫いとマジックテープを縫い付けるのだけはミシンでやり、あとはがんばりました。

着物も見慣れてくるとミシンで縫ったものはさすがに抵抗があります。
安い浴衣なんかは表に出るところもしっかりミシンで縫っていたりして私からするとう~ん・・・なんですが。

それが綿紅梅や綿絽の私好みの生地だったりするともったいないなぁ、と思ってしまうんですよね。
がんばって和裁を覚えようかと思ってる昨今です。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本