Entries

娘の初めてのお弁当づくり

もう小4なので、そろそろ自分で何でもできるようになって欲しいと思い、娘に自分でお弁当を作らせました。
小さいお弁当は幼稚園の息子の分です。一緒に作ってもらいました(喜)

お弁当全部

かく言う私はお弁当作りなんて高校より上だったように思うのですが、職場の小学生たちの鍛えられ方を見ると感嘆するばかり。
なので、自分の娘にも何でもやらせようと思い立ったわけです。

お弁当

バランス的にはちょっと野菜が少ないと思いますが、我が家では大量の野菜を日常的に食べるので、お昼が若干少なくてもまぁ大丈夫です。
娘は今日、スキー学習で近所のスキー場に行きます。その時のお昼はバスの中でお弁当となるため、自分で作らせることにしました。

かねてよりウチの娘はからあげが大好きです。
何かあるといつもお弁当にはからあげが入ります。
なので、日曜日にからあげの作り方を教え、卵焼きは夏休みにずいぶん練習したのでまぁなんとかなるでしょう、とほとんど見守りに徹しました。

それでなんとかなるものですねぇ。
からあげ

熱いものが苦手と言っていた娘がからあげをちゃんと作れることに成長を感じつつ、何でもやらせるものだなぁ、と思った出来事でした。

ちなみに、くだものが大好きな子供たちなので、りんごを食べるときには娘には自分でりんごを剥かせています。包丁使いもそこそこできるようになっているのは「食べたかったら自分でやる」という構図のためだと思います。
スポンサーサイト

夏のスモックワンピとパウンドケーキ

リップル生地のスモックワンピ
アカネちゃんに夏のスモックワンピをつくってあげました。夏らしいリップル生地です。
スモックのパターンみたいなもので作りたいなーと思って、手持ちの本を探したのですが、なかなかサイズが難しいです。
子供服のパターンって120cmぐらいまでしかないんですよね。
これはなんと、150cmです。そういう本が手元にあったことに感謝です。

先日、「グレーテルのかまど」という番組を録画していたのを思い出して観ていたら、KENが紹介されていたパウンドケーキを食べたいと言い出しました。
で、作ったのがこちら。
パウンドケーキ
ウチには5年もの(それ以上かも)のブランデーに漬け込んだレーズンがあります。
それを使って作りました。
こういうだれが作っても失敗しないものというのは、材料選びが大事だよなー、と思います。本当は焼いている間に縦に包丁を入れるときれいに山が出来るんですが、ちょっとそれはタイミングを逃しました(^^;
朝のご飯づくり、洗濯、洗い物なんかと同時にやってると、そういうところでちょっとしたミスはありますが、とってもおいしかったです。ほとんどは家で消費されますが、職場にも少し持っていくつもりです。
パウンドケーキを切ったところ

製菓材料難民でもケーキ作り

抹茶のロールケーキ
KENのお誕生日に抹茶のロールケーキを作りました。
デコレーションはKENもお手伝い。生クリームを塗り、イチゴを並べるところだけですが。(バースデープレートは名前をいれましたが本名なので隠しました)

抹茶のリクエストはKENからあったのものですが、このほろ苦さを3歳児が本当に理解しているのかどうか分からず、キャラメルなどでチャレンジしてみてからにしました。

お誕生日プレートはイオンで調達。イオンの製菓用品コーナーはけっこう充実してます。PB商品も充実していて安いです。札幌にあったアントゥルメがなくなってからというもの、ちょっとしたものを欲しいときに普通のスーパーでは手に入らないことが多く、かといってちょっとしたものを買うだけなのに送料をかけるのももったいないのでイオンに行くようになりました。
札幌近郊だとケーキランドというお店もあるので見に行ってみましたが、小麦粉の扱いの種類も少なく、店舗も小さいのでアントゥルメの変わりになるようなものではありません。これならネットのほうがましだと思いました。

あとはデパ地下に入ってるようなお店がいくつか。富沢商店は東京の本店をよく利用していましたが、こっちだと駐車料金を払って行くのかと思うとバカらしく、これまた面倒で行ってません。本店は自転車で行けましたし、近所のデパ地下にも入ってたので徒歩で行けましたから、不自由さは致し方ないというとことです。

そんなことで、製菓材料難民となって久しいのですが、ネットで買うときはママの手作りパン屋さんをよく利用します。
豆類なども一緒に買えるといいんですけどね。(KENが豆好き)
クオカショップ 楽天市場店も期待してのぞきに行って見ましたが、あんまり容量の多い粉は扱ってないようで送料の調整がむずかしいので断念しました。
他に利用することがあるのはプロフーズさん。
こちらは今回はスキムミルク1kgがセールで1050円となっていたのでまとめ買いしました。

他にも時々使うお店はありますが、どこもあれはあるけどこれはない、といったことはあるのでアントゥルメさんのようなお店は貴重でした。もうなくなってしまったものは仕方がありませんが、製菓材料難民は当面解消の見込みはありません。

なくなってその存在の有難さを実感してます。カムバック! アントゥルメ!

メリークリスマス!

シャルロットクリスマスケーキ
今年はアカネちゃんのリクエストでビッシュドノエルにしようかとも思ったのですが、一ひねりしてシャルロットのクリスマスケーキにしました。
ちょっと前に、ババロアについて話したことがあったのですが、そういえばまだ食べさせたことがなかったと気づき、作ってあげたかったというのが本当のところ。
洋菓子は主に私が作ったものしか食べていないので、私が作らないかぎりは食べたことがないわけです。

アカネちゃんは感動してたので、また作ってあげようと思います。次は本格的なシャルロットで。(気合を入れたときはかなり豪華なものを作ることがあります)

こういう普通の(?)クリスマスを過ごせることって素敵なことだと思ってます。
ここ数年、普通であることに幸せを感じることができるようになったのは子供たちのおかげだと思います。

世界中の人が幸せなクリスマスを過ごせることを祈って。
     Merry X’mas!!

着色料無添加のチューチューアイス

田舎といえど、探せばあるもので、着色料の入っていないチューチューアイスを3種類もそろえることができました。

チューチューアイス3種

近所のスーパーなどに売られているものは、「しばれん棒」とかいう北海道ローカルっぽいネーミングの着色料がたっぷり入ったものや、放射能検査をしていないだろうと思われる東北の果汁10%程度のものぐらい。どこで買っても100円程度のものです。
中身がどうであれ、(たとえばその果汁が中国産であるとか)私がチューチューアイスに求めるのはまずは着色料です。

着色料はいらないでしょう、と思うのですがやっぱりどこのものでも○色4号とかいうネーミングのタール系の着色料が入っているので、なかなか買えずにいました。
ただのカルピスのチューチューアイスとかがあればいいのに、と思うんですけどね。

スーパーもそれぞれ特徴があるもので、ちょっと遠いけれどそこに行かないと入手できないものというのはけっこうあります。イトーヨーカドーの無着色たらこや、生協のたれなし小粒納豆や北海道産の鶏肉、イオンのテナントにある輸入食材のお店やPB商品の数々(バースデープレートや製菓小物がいい)、西友のPBコーヒーなど・・・。これらを定期的に買いだめするついでに探して回ったところ、これだけの種類をみつけられました。

さすがにお値段ちょっと高めですが・・・。
一番左の無印が一番高くて300円ちょい。真ん中は生協で200円ぐらい。右のはイオンで200円ちょいといった感じです。

これだけ入手できるエリアと種類があると分かれば、今年の夏が多少の暑さでもしのげそうですf(^^;
もうすぐ夏休み。たいへんな日々がやってきますから。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本