Entries

ガーデンプラン

今日は久しぶりに来客がありました。
タロが来てからというもの、家に人を招くことはなかったので少々心配だったのですが、たまたま買い置きしてあった犬用デンタルガムのおかげで、かなり良い子にしていてくれましたA(^^;
この方は私のホームページで知り合った同年代の人で、北海道には知人の少ない私にとってはかなり貴重な存在です。
ご近所にも親しくさせてもらっている人たちはいますけが、なかなか近所の人の前では言えないことってありますからね・・・(^o^;

ラズベリー摘みを口実に立ち寄ってもらいましたが、ウチのラズベリーは相変
わらず勢力旺盛で、実も大きいです。
台風一過のあと、まる一日分を採取した後でしたが、それでもたっぷり採れました。
今年の秋には半分ぐらいは引っこ抜くつもりなので、またガーデンプランを考えなくてはなりません。
私の大好きなルバーブを種から育てたものが、9株ぐらいは無事育っています。それをしっかり育てられるスペースも作らなくてはならないのが一番の悩みでしょうか。(ルバーブはとっても株が張ります)
ルバーブの魅力は捨てがたいので、そこらじゅうに分散させて、全部育てようと思っています。

そういえば、うちのモンタナ・スノーフレークがまた咲き始めています。
これは早春の一季咲きのはずなのに夏の盛りに咲くなんて?とちょっと不思議です。

スポンサーサイト

北海道の土用干し

おもいっきり都会っ子育ちの私ですが、気候風土の違う北海道の田舎暮らしのなかでの手作りライフは順調にすすんでいます。(多分)
梅干しの土用干しも、なんとか済ませ、今朝保存瓶にしまいました。
北海道では今だに青梅をスーパーでは売っているものだから、きっと土用干しは早かったんじゃないかと思います。
近所の人に聞いてみると、実の熟しぐあいでも変わってくるから土用干しの時期は難しい、とのことでした。だいたい8月ごろ、9月にはいると長雨が続くから、とか。
まぁ、梅酢がちゃんと上がってきていたし、味も梅干しの味になってたから失敗ではなかったと思います。ウチのアカジソが茂る時期がもう少し後なので、ちょっと色が薄かったかもしれませんが。

今度梅を漬ける微妙な感覚を、農家のおばさんに教えてもらおうと思っています。

春先に作った味噌が土用明けに食べられると思っていたら、土用っていうのは秋もあるらしいですね。
200グラムの大豆で作った味噌は貴重なので、それまで我慢することにしました。
あとはラズベリーの貯蔵。これも半年おくとおいしくなるので、せっせとジャムを作っては保存です。
ハーブ類も今のうちに収穫するものも多いので、なかなか暇がありません。

でも、こういう時間てとっても貴重だと思います。

獣医さん泣かせ?!

昨日の電話で予約を入れてもらって、早速予防接種をしてきました。
体重はなんと14.7キロになっていました(@o@)
さすがに大型犬の子は4ヶ月といえど、おおきいです。

この病院、普通なら予約でいっぱいで、そうそう前日に予約できるような所ではありません。予約をしていても、1時間以上は平均して待たされるので、繁盛しているんでしょう。
それを昨日の剣幕に驚いてか、予約を入れてくれたので(多分診療時間前)極力失礼のないように、診察を受けてきました。

1回目のワクチンを打ってもらった先生は、顔をあわせないように奥にひっこんでいました(--;
一回目の時も、けっこう手厳しく言いましたからね。

一匹目の犬の時は初めから9種を薦められました。今回は危険だからと、6種を薦めるんですね?
病院嫌いにしたくないので、2回の接種で済ませたいから、と事前に伺って打つタイミングを聞いて予約して来てるのに、3回接種をしようとするのはどういうことですか?

べつに獣医さんが嫌いで言ってるわけじゃないんです。
毎度言うことが違うし、見れば子犬と判る犬にワクチンを打つのに「去年はワクチンを打った後、何か変なことはありませんでしたか?」なんて聞くから馬鹿か!と怒りたくなってくるんです(--;

まぁ、そんな調子でこの病院の獣医さん4人とも、かなり煙たがられていると自覚しています。
職場の業務を円滑に進めるための連絡が取れていない動物病院の場合、先生を一人決めて通うほうがよかったのかもしれません。
そうであっても、受け付けの人がちゃんと連絡を伝えてくれなければももちゃんの時のようなミスは起こりうるのですが。

来年は病院をまた変えようかな。

新米獣医さん

タロの血液の精密検査の結果を動物病院に問い合わせて、ようやく連絡をもらえました。
結果は感染症の問題も、先天的病気の可能性もないとのことで一安心です。
タロが暴れまわる後始末や、運動量を室内でなんとか発散させるために、相当なストレスと心配で押しつぶされそうになっていたものだから、この結果には本当に救われました。
そう、この2週間、つらいのはタロだけではなく、私もでした。
なぜかももちゃんの朝の散歩にもKAZが行かなくなってしまったので、朝晩とタロを残して散歩に出るのも一苦労です。

外を走り回りたいのにだしてもらえない反動からタロがデッキから脱走するたびに。いたずらがすぎて叱るたびに・・・。
心がどんどんトゲトゲしてきているのが自分でも判りました。

そもそも3日と言われた検査に、なぜ2週間かかったのか。

電話をしてきたのが、新米の獣医さんであることは話し方でも判っていました。一通りタロの状況についての説明を受けたあとに、言いました。
「こちらで登録されてある電話番号で電話が通じなかったので、調べてかけたんですが、こちらで間違いありませんか?」と。
ここでようやく電話がかかってこなかった理由が私にもわかったものの、調べれば判るものを、通じないからと放置するのもどうなのかと思ってつい言ってしまいました。
「間違いありませんかって、この番号にかけて通じてるんだから、間違ってるわけがないでしょ?」

・・・意地が悪いとは思いました。
でも、それだけこちらは心配だったんです。
フィラリアの薬も切れる頃だったし。

冷静になってみると、新米社会人の電話応対というのは笑えるものがあります。
私だったら「電話番号がこちらで登録いただいていたのと違っていたようで、調べるのに時間がかかってしまって連絡が遅くなってしまいました」とか、さりげなく「最近電話番号変わられましたか?」と聞きますけどね。
電話で電話番号を聞くほど馬鹿なことってないと思うんです。
そう思うのは、私だけでしょうか?

動物病院

ルル動物病院で先日タロのリンパが腫れているといわれました。
そのため2回目の予防接種を未だ受けられず、血液の精密検査を薦められました。
が、検査に出したものの、3日ぐらいと言われていたにもかかわらず、かれこれ10日以上たちますが、なんの連絡もありません(TT)
花川には本当にろくな動物病院がないみたいです。
大型犬の仔犬を室内のみで飼うのは、限界があります。

セカンドオピニオンをそろそろ考えなくてはならない時期でしょうか。
いいかげん、限界が近づいています(;;)

土用干し

梅干しを漬けたものの、北海道では「土用干し」をいつやるべきなのか迷ってます。
こちらでは当然梅の出回る時期も遅いし、シソがしげってくるのもこれからです。
関東を基準に考えればもうやってもいい頃だと思いますが、北海道だと1月ぐらい遅くてもよいのかもしれません。

庭のラズベリーがだいぶ実るようになってきたので、ようやくジャムが作れます。これは半年置くと、すごくおいしくなることが判って、冬のために貯蔵をたくさんしようと思ってます。
同様にルバーブも、といいたいところですが、ようやく入手した種から出てきた苗は、まだ20cmにもならないので、来年になるかもしれません(TT)

今のうちに保存瓶をたくさん用意しておかないと、今年はワイン作り用の瓶が足りなくなりそうです。

パーゴラ

パーゴラ

ようやくパーゴラが完成しました(^^;
今回は基礎に使ったブロックが、ちょうど良いサイズのものがなくてグラインダーでカットしなくてはなりませんでした。
それだけではブロックの厚を全部は切れないので、元日曜カーペンターのKAZにたがねで割る作業を頼むことになり、週末まで待たなくてはならなかったのです。
グラインダーぐらいは使えますが、たがねはけっこうコツがいるみたいで、私にはうまく割れませんでした(--;
・・・一応非力な女性なもので。

今回初めてシンプソン金具を一部に使ってみましたが、本来の使い方ではなく、パーゴラのきりかきを作れないので、飾りを固定するのに使っただけ。
売り場にはあまりにも種類がたくさんあって、使いわけをするのが大変そうでした。
ここにはかなり伸長力を見せているつるばら(奥にみえているやつ)を上に乗せて、下には黒のホリホックや白いシルバーリーフを中心に植えていこうと思ってます。
モノトーンのエリアを作成予定です。

追加・
今日のおやつはバラのアイスクリームでした。
今年はうちのバラはまったく病気にもかからず、木酢液すら撒いていません。
無農薬で育てているバラなので、花びらをとってジャムを作ってみたのですが、少し苦味がでてしまいます。
そこでそれを絞ってアイスを作るときに混ぜてみました。
舌の上で溶ける時に香るのが心地よい風味です。
これはバラの大好きな家におすそ分けをしてきました。
喜んでもらえるといいんですけどね。

タロの心配事

ダルメシアンのタロはもうすぐ4ヶ月になります。
先住犬のももは、雑種だということもあって、丈夫だと安心して飼い始めました。実際、丈夫で4歳になりますが、病気ひとつしていません。
それでも仔犬のころは食が細くて心配したものです。

その心配すら必要のないタロは、健康優良児かと思っていたのですが、2回目のワクチンの接種を獣医さんで断られること二回目。
リンパ節が異常なくらい腫れているとのことです。
その獣医さんは近所では評判のよい動物病院なのですが、毎度1時間以上待たされます。予約をして行っても待たされますし、獣医さんたちの見分の相違があるのか、毎度言うことも違います。

ワクチン一つにしても、初めから9種がいいと言われたり、5種からがいいと言われたりします。
ももちゃんのシーズン中に、そのことを告げて「オスのワンちゃんのいない時間帯で」と予約しても、オス犬はいるし、やはり1時間待ちは当たり前です。(しかも翌年はシーズン中は注射は打てないと言われた(怒))
犬が待合室でどれだけ不安になるか、あまり考慮してくれません。

そんな病院ですから、あまり信用はしていません。
が、病院内での検査ではわからないとのことで、1時間40分待たされた挙句に血液検査の精密検査を薦められてしまいました。

白血病・血液ガン・感染症・・・・。
恐いことばかり聞かされて、もう今日は疲れました。
タロもまだ生後4ヶ月経っていない仔犬なのに、採血に4本も注射を打たれてちょっとかわいそうでした。
どこか良い動物病院はないものでしょうか。

バラの花色

昨年買ったアンティークタッチのバラ、アルフォンスドーテが咲きました。
イメージしていたのはソフトオレンジだったんですが、どうみても白くしか見えません。別の品種の札の付け間違いかもしれませんが・・・。
もう少し開花が進むまで観察してみます。

今年はそこそこ新しいバラの花が見れています。
今年の春に買ったばかりにスブニール・ド・ラ・マルメゾンの四季咲きのもの、つるで一季咲きのロサ・ムリクラ、新雪、トゥールーズロートレックなど。スターリングシルバーも蕾を付けているので、今年はまともに開花してくれると期待しています。

今日もパーゴラ作りは続いています。
基礎に使ったブロックのサイズが合わないのに気付いて、買出しに行かなくてはならなくなり今日の作業を終えましたが、これでだいたい半分できました。
今週はあれこれ忙しいので、完成は週末になると思いますが、これでようやく庭が少しまともな状態になりそうです(TT)

作業のために、イタドリ化したブラックベリーを引っこ抜いたところ、案外スペースがあることに気付きました。
が、このパーゴラのすぐ脇には、つるばらのロサ・ムリクラがしっかりと根付いています。このほか、鉢植えにしてあるポールズ・ヒマラヤン・ムスクを植えたら、パーゴラはいっぱいになりそうです。
まだあと数本はクレマチスも植えたいので、パーゴラは拡張麹するかもしれません(TT)

ほんと、庭が広いと感じるのは、雑草を抜いている時だけです。

バラ園

今日は札幌近郊は午後から雨の予報でした。
恵庭の焼き物市に行きたかったのだけれど、恵庭は朝から雨の予報だったので、午前中にチョコレートファクトリーのバラ園に行くことにしました。

以前行った時には、レストランと小さなおみやげやさんがあるだけかと思っていたんですが、今回見てきたら、工場見学も出来たみたいです。
園内が判りづらくて、入り口を間違えてたんでしょうか(・・?
今回は犬連れだったので、KAZは公園で犬の散歩、私はバラ園だけを見て帰ってきました。
バラ園としてはまだ出来たばかりらしく、イングリッシュローズなども写真付きの札がついていたので、じっくり鑑賞してきました(^^)

家に帰ってからウチのバラたちの花がらを摘んで、シロップを作ってみました。ジャムにしてみたところ、どうも苦味が出てしまうので、煮た後絞ってみたのですが、琥珀色のバラの香りのシロップが出来ました。
これはいずれアイスクリームにしてみようと思ってます。

どんなアイスが出来るでしょうか。

パーゴラ

今日は朝からパーゴラ作りです。
昨日から基礎作りを着工していたのですが、材料の買出しも行ってないし、近所の子がずっとそばにいたので、電動工具をおおっぴらに使うわけにもいかず塗り物を先にやっておきました。
近所の子供達から見ると、女の人がパーゴラを作るっていうのはかなり奇異なことのようです(^^;
「大工さんみたい」って言われてしまいました。これはKAZが言われてたセリフなんですけどね。

朝、時計の針が9時を回ったのを見計らって、電動工具で材料の切り出しと塗り物をして、乾く間に買出しです。
今日はだいぶはかどりましたが、まだ基礎が半分以上残ってるので、あと3日はかかりそうです。
明日は雨だし、出来るのは来週半ば過ぎごろになるかもしれません。

かなり、疲れました(--;
へとへとです。

バラ

バラ

雨続きなので、庭のバラを少し切って飾ってみました。
オレンジ色が現代バラのキャンドルライト。レモン色がトゥールーズロートレック。
白いのはアイスバーグ(つる)です。
切花が苦手な私は、花を活けるセンスもないのですが、こんなふうにただボール状に飾るとそれなりにかわいく見えます。
タロに破壊されなければ、今もリビングに飾られていたはずのバラです(T.T)

バラ園

昨日のテレビで、札幌に新しくバラ園が出来たとのニュースがありました。バラ好きの私が手仕事をやめて真剣に見入ったのは言うまでもないことです。

場所は私も一度は行った事のあるチョコレートファクトリーの中のようです。
以前行ったときにはコンサドーレ一色になっていて、サッカーにはまるっきり関心がない私はお菓子工場のつもりで行ったのに、期待はずれでさっさと帰ってきました。
ちなみに、お菓子工場=ラインを見学したり、工場限定のアウトレット菓子販売、っていうイメージが私にはあります(^^;
シャトレーゼやカルビーの工場のイメージがあったんでしょうね。(シャトレーゼ・諏訪工場は、各店舗から回収した賞味期限間近のお菓子を、日曜の朝限定でかなり廉価で販売していたので、地元の人に大評判でした)

白い恋人は北海道を代表する銘菓ですが、ある意味どこでも買えるくらいスタンダードでもあるので、それ以後は敢えて行こうと思いませんでした。でもバラ園と聞いたらぜひ行かなくては!と思っています。
その工場に勤める近所の人に話を聞いたところ、オールドローズが思いのほかあるとのことなので、期待満々です。

見てはいけないもの

今日も小雨の降るなか、ももとタロの午後のお散歩に出かけました。

最近よく、ももちゃんが足をとめて匂いをかぎまわる場所があります。
今日はふと予感がして、そこを覗き込んでみると、見つめ返す4つの瞳・・・・。

また子猫をみつけてしまいました(--;

昨年は無事里親さんを見つけられましたが、今度もうまくいくとは限りません。
まだ手のかかる子犬もいるのに、猫の面倒なんてとても見れそうにありません。
私は猫アレルギーです。

たくさんの言訳をしながら、散歩を終えました。
毎度毎度、ももちゃんの猫好きには手を焼きます。

梅干し

梅干しを漬けようと思って、梅を買ってきました。
北海道だけかもしれませんが、今年は天候が良くなかったとかで、あまり良いものがないそうです。
それでも梅干しがもうすぐなくなるので、作らざるをえなくなりました。

梅はけっこう高いので、梅ジュースに1キロ、梅干しに1キロ。これだけしか作りません。2人家庭では充分な量です。
この量なら特別な容器も必要ないので、適当に作れます。

梅干しに、味噌、漬物を作りはじめると、どうしてもスペースが必要になってきます。
ウチのキッチンがこのところ狭く感じるようになってるのは、おそらくそのせいではないかと思います(--;

飛びつきグセ

体重が10キロを超えても、いまだ3ヶ月の仔犬であるタロは、人が大好きで人の姿を見つけると誰かれかまわず飛びついてしまいます。
本人(犬)は悪気がなくても、体重10キロの重さはそれだけでも危険なので、やめさせたいところです(--;
特に犬嫌いな人や、小さな子どもは要注意です。

ももちゃんは仔犬の頃にお隣の子にいじめられて、小さな子どもが苦手になってしまいました。
今でも子ども達が集まってくると、いじめられないかと心配です。幸い杞憂にすぎず、だいぶ子どもには慣れて来たようです。

タロの場合、肝がすわってる上、相手の大きさを考えずに「人」に飛びついてじゃれようとするものだから、それだけで相手に危害を与えかねません。
性格が正反対な犬たちですが、心配事は一緒みたいです(^^;
犬のしつけには、「マズルコントロール」とかいうのもあるようですが、ウチの場合「いやがること、恐いことはできるだけ慣れさせる」方針で、育てています。
そうすることで、どんなことをされても「またか」と我慢する犬になるんじゃないかと思ってます。

そういった一環で、極力子どもたちにはなでてもらいたいものの、この飛びつきグセが直せないと小さな子どもにはとても危険です。
1歳ぐらいまでには自然になくなるとは思いますが、それまでが「近所のアイドル」なので、気が抜けません。
甘がみはすぐに覚えたんですけどね(・・?
飛びつきグセはなかなか抜けないみたいです。

パーゴラ

いいかげん庭のパーゴラ計画を実行に移そうと思ってます。
春先に冷え込んだ後、暑い日が続いていますが、そろそろ手をつけないと来年になってしまいそうです(--;

こんなにものびのびになった理由は、隣接する家の屋根から落ちる雪が溜まる場所で、基礎を相当頑丈に作らないとまず一冬もたないということが原因です。
上からでなく、横から押される力に対し、どれだけ耐性を持たせるべきか、またどうしたら持たせられるか、が勝負です。
羽子板付きの基礎や、結束石ではまずだめそうです。

やはり丈夫な柱材を埋め込む形で作るしかなさそうです。
計画はだいたい決まってるので、腰痛と肩痛が良くなったらさっそくとりかかります。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本