Entries

土用干し2日目

土用干し2日目の様子

土用干し2日目です。
今日は風も穏やかなので、日中は犬をウッドデッキに出さないようにして直射日光で干しています。
今年は保存ビン(写真上)とカメ(写真下)の二種類の方法で漬けていますが、保存ビンのほうは重しを乗せないで漬けているにもかかわらず、色むらが少ないことに気付きました。
保存ビンのほうは梅酢が周囲にかかるように一日一回瓶を振っただけです。土用干しで取り出して初めて気付いたのですが、アカジソの量はカメの半分ぐらいでした。
それでもしっかり色は付いているようです。

この干す作業と一緒にカメと瓶の梅酢も日光に当てて消毒しています。土用干しは梅の皮をやわらかくするためにする作業なので、日中何度かひっくり返していきます。

皿の上で干しているほうも、くっついてしまうこともなくなんとか無事干せているようです。これは北海道は湿度が低いおかげではないかと思います。

ウチの場合、犬がいない場所での作業が必要なため、炎天下で全ての作業をしなくてはなりません。これはさすがに北海道と言えどきついので、この量(2キロ)が家で漬ける限界だなぁ、と思いました(^^; ←根性なし
スポンサーサイト

土用干し

ダルメシアンタロ

ようやく北海道も暑くなってきました(--;
今年は夏らしい日が来るのが遅かったせいで、庭のトマトやトウモロコシの生育がよくないのが心配です。
ちゃんと食べられるようになる前に秋になって実がおちてしまいそう。
今年豊作だったのはルバーブだけということにならないよう祈ります。

さて、ようやく暑くなってきたので、土用干しの一回目を始めることにしました。
北海道の気候ですから、だいたい2回ぐらいやれればいいかと思ってますが、今年は少し多めに漬けたのでザルが足りません。
一部は大きめの皿でやってみることにしたので、これがうまくいくかどうかはちょっと賭けかもしれません。

昨年の梅干しがだいぶ馴染んできておいしくなってきました。
梅干しはやはり年数が経ったものほどおいしいので、今年の梅干しが数年後においしくなることを期待します。

冷蔵発酵のパン

冷蔵発酵のパン

いつものように一次発酵を「冷蔵発酵」で作りました。
今日のチャレンジは二次発酵もそれでやったという点です。
どんなパンの本にも載っていませんが、出来るんじゃないかなぁーと思ってやってみました。
結果はご覧の通り。

何とかできるみたいです(^^;

同じ配合で二次発酵を普通のバージョンで作ってみないとなんともいえませんが、さほど不具合はないように思えました。
どんな違いが出るのかは、今後研究課題にしてみたいと思います。

石狩市と札幌市

石狩市にゴミ問題についての問い合わせをしたにも関わらず、まったく返答をもらえなかったので、行政不信がつのっています。
以前除雪についての質問をしたときには、ちゃんと返答をもらえたんですが、都合の悪いことには無視ということなんでしょう。
所詮、田舎の「市民の声を聞く」行政なんてそんなもんです。

伝え聞くところによると、札幌市は家庭ゴミの有料化は見送ったそうです。
一方、石狩市はなんのプロセスがあって有料・戸別収集になったのかの説明もなく、すべての負担を市民に押し付けるかのようにしか受け取れない家庭ゴミの有料化を押し進めています。
水道代も札幌より高く、ベッドタウンとしてのメリットがまったくない石狩市の人口は今後ますます減っていくのでしょう。
・・・数少ないメリットを挙げるのであれば、市役所はいつもガラすきで、どこの窓口に行こうかと考えていると声をかけてきてくれることとか、番号札を取ろうとする前に受け付けの人が「こちらへどうぞ」といわれることぐらいでしょうか。そのかわり、やたらと事務処理の手続きミスで支払わないと差し押さえをするといった内容の督促状を送ってきますが(--;

札幌市の上田市長という人が特別有能な人だという話も聞きませんが、少なくとも市民の声を聞く姿勢はあるみたいです。
財政的に夕張に次ぐ危険な地区との合併までしてしまった石狩市は、今後どうなるのか非常に心配です。

引き出し作りをはじめる

数日ぶりに整理ダンス作りを再開しました。
今日の工程は、先日購入したファルカタ集成材↓
ファルカタ集成材 厚さ13mm巾90mmx長さ600mm(0.3Kg)
に底板を固定するための溝を付ける作業です。

だいたいの構造は以前作った飾り棚の引き出しと同様にするつもりですが、若干強度を出せるように作ろうと思ってます。
↓これがその飾り棚の引出しを引き抜いて後ろから見たところ。
引き出しの構造


テーブルソーで浅く溝を作って、ベニヤを挟み込みボンドで固定しています。
この挟み込むベニヤはカッターでKAZに切ってもらうことにしているので、この後の作業はまた来週になってしまいそうです(^^;

結局8月にならないと完成しそうにありません。
気長にやろうと思ってます。

引き出し作り

あまりにも雨続きだったのと、ちょっと暑さでバテていたのでタンス作りが保留になっています。
週末に親族が集まるので、これが終わったらまた着手したいと思っています。

引出し部分の素材について、検討を重ねた結果、ある程度大きな引出しになることから(深さ20cm近く)1x8や1x10を使うより、集成材のほうがよさそうだと思い、ファルカタ集成材というのを買ってきました。
ファルカタ集成材 厚さ13mm巾90mmx長さ600mm(0.3Kg)
わりと軽量で、加工がしやすそうだったので。
私が引き出しを作る時は、ルーターではなく、テーブルソーで溝を作ることでそこにベニヤをはめ込み、ボンドで固定していきます。
今回は大きなものになるので、底に横木を1本入れる予定です。

長らく保留しているものの、近所の子供がガレージに入りたがるので、北海道の小学校が夏休みに入る前には仕上げようとは思っています。
なんでウチのガレージにそこまで興味を持つのか(というより家に勝手に上がりこもうとするので、家の中?)とっても不思議なんですが、先日お隣の子に「○○ちゃん(近所の子供)はももちゃん(ウチの犬)のお家にあがったことがあるのに私は上がったことがないの」と不公平だといわんばかりのことまで言われたので、そのうち近所の人に何がウチにあるのか聞いてみたいと思ってます(笑)

ウチにはその子の遊び相手になるような子どもが居るわけでもないし、大型犬2匹、しかも子供大好きで飛びつく犬がいるのに、家に親同伴でもなく上げるわけにもいきません。(しかももう1匹はその子に小さいころにいじめられて今だにその子を嫌っている)
・・・不平を言われた時は親も一緒でしたけど(^^;

田舎だから防犯意識が低いのかもしれませんが、親もよその家に勝手に入ることに対して注意していないようで、秋田の事件に反応するのはウチみたいな子供の居ない家庭だけなのかな(?)と思ったりします。
小学校ではそういう指導はしないんでしょうか(・・?

下手に子どもと接するのが怖い世の中って嫌ですね。

ふんわりパンを焼く

ふんわりパン


今朝は黒ゴマとクルミのパンと、黒ゴマとチーズのパンを焼きました。
クルミのほうは練った黒ゴマに砂糖を加えたペースト状のものを巻き込んであります。
このパンの特徴は「ふんわり」していること。
ダブルソフトなみのやわらかい食感に仕上がりました。

この食感に仕上がったのはちょっとした偶然だったのですが、面白いのでまた焼いてみようと思います。
巻き込んだ黒ゴマペーストは、巻き加減の関係か「人」という字が丸くはねたような形になっていて、ももちゃんのお口みたいでした(笑)
こういうのも手作りの面白さです。

シナモンレーズンパンを焼く

シナモンレーズンパン

今朝はシナモンレーズンパンです。
この時期、お惣菜系のパンだとどうしてもいたみやすいので、こういったパンが多くなりがちです。
今日は近所の家に持っていくために焼きました。
おそらく大家族の家なので、一つでは足りないくらいだと思うんですが、ウチの消費量では食べきるのが大変だし、こういったものを喜んでくれる家なので少ないけれど時折持って行きます。

オーブンが小さいと焼き色にムラが出てしまうので、白っぽいほうは追加焼きをして我が家で消費します。
このところカレーをルーから調合して作ったり、ヨーグルトが余るとタンドリーチキンを作っていたので、シナモンがそろそろなくなりそう。忘れずに買っておこうと思います。
スパイスの買い置きは、スーパーの棚の前に立つと何が切れそうだったかを忘れてしまうのがこのところの傾向です。気をつけなくちゃ(--;

疑惑の果実

謎の果樹

↑これは花の状態
謎の果実

↑これが現在の状態。2cmぐらいの細長くて青っぽい実をつけています。
私がずっと梅の木だと思ってきた木にある疑惑が生じました。
今日、ウッドデッキから庭を眺めていたKAZが「これ、プルーンみたいだよね。細長いし。丸くならないね」と言ったのです。
まさか(笑)と思ったものの、思い起こしてみると、そういえばこの樹の花がとても地味な咲き方をしていたのを思い出しました。
・・・梅って、実梅でも梅の花だよね?

たまたま写真に残していたので探してみると、やっぱり梅の花とは程遠い姿です(--;
何で気付かなかったんだろう?
プルーンの花を調べてみると、これまたちょっと違うみたいです。

いったいこの樹は何なんでしょう(--;
ご存知の方はご一報ください。
気になって眠れなくなりそうです。

タロ、予防接種に行く

こんなに大きくなりました。体重25キロ。元気いっぱいです。
暑い時は洗面所の床に開いていることが多いタロ↓
家のなかで一番涼しい場所

今日はタロのワクチンを済ませました。
昨年打ってもらった病院から今年の予防注射の案内が来なかったら、忘れるところでした(^^;
というのも、以前通っていたR動物病院では元気が余ってて困るほどのタロに精密検査をしないと2回目のワクチンを打てないというものだから、その検査結果待ちで、なんだかんだ2回目のワクチンを打つ時期が遅れて、私自身二回目のワクチンを打ったのがいつだったか判らなくなってしまったのです(--;

今回打ってもらいに行ったところは、春にももちゃんもお世話になった所です。
タロは比較的痛みに強く、狂犬病の注射の時も全く痛がる様子がなかったのですが、サイズがサイズなのでKAZに連れて行ってもらいました。
心配するまでもなく、全く注射に気付いたそぶりもなかったようですが。

P愛犬診療室では、25キロもの大型犬のワクチン8種が6千円しなかったので、ちょっと驚きました。たしかももちゃん(体重は20キロ以下)の時、R動物病院では倍ぐらいしてました。
1万円以上の金額はカードで支払うので、こういうことはよく覚えています。

こんなに金額に差があるというのは驚きですが、無事今年のワクチンも済んでほっとしています。
後はフィラリアの薬を忘れずに飲ませるだけなので、カレンダーにシールを貼っています。

このシール、ハートマークで月に一回飲むお薬なものですから、近所のお宅ではなにやら来客に妙な誤解をされたとか(*^^*)
我が家でも、KAZが何かの記念日だったかと心配してドキドキしながら聞いてきたことがあります(^^;

本当に元気な二匹で、仲よくしてくれているのは助かります。
タロもだいぶ落ち着きが出てきたようで、あと数ヶ月もしたらももちゃんのような立派な家庭犬になってくれるのではないかと・・・期待したいところです(^^;
とりあえずは、子どもに飛びつかなくなるよう祈るばかりです。

ベーグルを焼く

ベーグルを焼く

今月はKAZの出張が多いので、”日持ちのする””私が大好きな”パンを焼くことが多くなっています(^^;
KAZの好みはデニッシュ系やお惣菜パンのようですが、私はわりとシンプルなパンが好きです。フランスパンとか食パン、ベーグルやライ麦を使ったパンなんかです。
で、今日はベーグルを焼くことにしました。

東京にいた頃はドンクのベーグルをよく食べましたが、こちらではあまりそういったパン屋がないので、札幌駅に出たときにたまに買う程度です。出不精の私には、滅多に食べれないシロモノになりつつあります(^^;

おいしいパン屋はそれなりにあります。これまたあまり買いに行かないのですが、ココペライ(星置近郊)というパン屋はすごくおいしくて、フランスパンや粉の質にこだわる人には絶賛されるのではないかと思うお店です。
子ども向きのお惣菜パンの好きな人向きではありませんが、ここの明太フランスは、売ってたらその場で買ってかぶりついて欲しいと思う逸品です。
(たいていは人気商品は午前中になくなるらしいです)

今回はシナモンレーズンベーグルにしましたが、思ってた通り、けっこう時間がかかりました。ベーグルの場合、一時発酵をしないで成形するので、冷蔵発酵という手段はとれません。成形後に一時発酵をして、さらにゆでる作業もありますから、朝5時に起きてこねる作業から始めると焼きあがりは7時過ぎます。
朝はお弁当作りや朝食の準備、ゴミ出しとかもありますから、冷蔵発酵できるタイプの生地でないと、朝食パンとして頻繁に作るのはむずかしそうです。

そのうちKAZの好きなデニッシュ系も作ってあげようと思ってます。バターが室温でやわらかいうちしかやろうと思わないと思いますから(--;

手作り食品

今日は早朝より梅ジュースの梅をジャムにして、自家採取して乾燥させたハーブでサーレプロフマート(ハーブソルト)を作りました。
この時期の北海道は日の出が早いものだから、早朝の時間が有意義に使えます(^^;
(日の入りも遅く、7時ぐらいまでは明るい)

先日購入を宣言していた野田琺瑯の漬物容器
も既に購入済みで安物のタッパーから移してぬか床を培養しています。
買ってみて知ったのはこの琺瑯容器、ぬかの水分を抜き取るための小物までついてるんですね。ご丁寧なことに。

ぬか床を作るところからやるのは初めてだったので、判らないことばかりです。一時アルコール臭がしたので、失敗かと思ったのですが、少し水分を足し、粉からしと塩分を足してみたところ、なんとか復活してくれました。
どうやら密閉容器で作るとこういう現象が起こりやすいようで、好気性の菌が多いぬか床を作る過程でアルコールの成分が多量に出てしまうことが原因のようです。
ぬか床にはからしが防腐効果に良いと聞いたような気がしたので、勘で手入れをしてみたのだけど、対処法は合っていたみたいです(^^;←とてもいいかげんな人。

捨て漬けは庭の固くなったスープセロリや間引きニンジン、キャベツの外皮でやっているのでちょっと独特の風味が出るかもしれません(--;
あと1週間ぐらいでぬか床の匂いがしてくると思います。
梅干し作りもそろそろ赤シソの色がつきつつあるので、土用干しの日までのあと数週間、庭でシソが繁殖しすぎるのを抑えるためにも、次々と追加で投入していこうと思ってます。
今年も大量のゆかりを作るつもりなので、この作業は重要です。

ピザパンを焼く

ピザパン

今朝のパンはピザパンです。
こういうパンには飛びつくKAZを制して写真を撮りました(^^;
チーズのとろける香りって、好きな人にはたまりませんからね。

今日のパンは庭のオレガノが一部蕾を付けかけていたので、蕾がつく前の一番収穫に適した風味を味わおうと、ピザソースを作ったのがきっかけです。それを中に巻き込んで作りました。
キッチンには刈り取ったオレガノがまだ大量にあるので、これは来年までの乾燥ハーブのストックになります。

天板の手前にあるのはピザ用のミックスチーズをカリカリに焼いただけのチーズせんべいです。
今日は湿度も高そうなので、これをぱりぱりのまま夕方までもたせるのは工夫が必要そうですが・・・。

今日は木工日よりではなさそうなので、引出しの細かな設計図を考えようと思います。

タンス作りの製作過程

タンスの製作過程

昨日は側板に溝をつけ、背板をボンドで固定するところまで進めました。
この辺りの作業はボンドの乾き具合との兼ねあいもあるので、あせって進めるわけにはいきません。のんびりとやるに限ります。

箱ものを作るとき、特に中が引き出しのようなものになる場合には、寸法のズレが大きな失敗につながるので、かなり細かくサイズのチェックをしながら、直角定規で確認していきます。
こういう作業は苦手なほうなんだけど、やり始めたら仕方がないので地道に続けていきます。

今日からは問題の引き出し作りに入っていきます。
これがまた、精密な作業を要するんですね・・・・。
少なくとも私にとっては(笑)

タンス作りを始める

家具作り制作課程

カントリー系の家具ではないのですが、タンス作りを始めました。今年初の木工になりますg(^^;
引き出しの作り方について、いろんな人に聞かれるのですが、まずは市販の引き出しをいろいろチェックすることからアイデアを練りだしています。
プロが作るものを、自分で作る場合にはどういう技術を組み合わせればいいか検討していきます。
もちろん、自分の持っている道具の中で考えるわけですから、技巧的に限界があるとは思いますが、案外組み合わせと発想でなんとかなっています(多分)

いずれこの作り方も公開するかもしれませんが、しばらくは忙しいので当分先になると思います。
秋までにはアップしたいと思っていますが・・・どうなるかな?。

食べかけのパン

食べかけの黒ゴマきなこのパン

このところ連続でパンを食べ初めてから写真を撮るのを忘れたことに気付いてます(--;
それだけ朝パンを成形して焼くというのが日常になりつつあるということなんですが・・・。
今日は先日焼いて気に入った黒ゴマときなこのパンにミックスチーズを乗せて焼きました。
マトファーのオーブンシートの空いたところには、ミックスチーズを余計にのせておいて「チーズせんべい」も作りました。
おいしくてすぐになくなりましたけど。多分これはおつまみ用に今後頻繁に作ると思います(^Q^)

だんだんと成形が楽なものへとシフトしつつありますが、オーブンが大きければあれこれやるのも楽しいと思います。
中が3段になったオーブンに買い換えられるのはいつの日か・・・買ってからそろそろ7年ぐらい経つオーブンですが、まったくトラブルもないのであと10年ぐらいもってしまうかもしれません。
多分、ホームベーカリーの内窯のほうが早くだめになると思うので、フードプロセッサーのほうが先に実現することでしょう(--;

日本の製品って本当に長持ちします。次に欲しいものが出たときには心苦しいくらいに・・・。

ミラクルニーム

ミラクルニームってすごい!害虫が いなくなっちゃう♪不思議な木 ミラクルニーム
念願のハーブをようやく入手しました。
(この画像のリンク先の楽天ショップにミラクルニームの説明がいろいろ載ってます)
いわゆるハーバリストと名高い方たちの本にはあまり出てこない植物ですが、ずっと欲しかったものです。

きっかけはタロ(ダルメシアン♂)が家に来たこと。
1歳3ヶ月を過ぎて、一日2?3回のお散歩でようやく家のなかでトイレが必要なくなりつつありますが、それまでは室内の掃除がとても大変でした。
エコロジーな掃除をあれこれ試していたので、庭のハーブの抽出液で犬のトイレ用に殺菌効果のあるハーブ液が作れないかと調べてみたら、殺菌防虫に絶大な効果がある「ニーム」という植物の情報にたどりついたわけです。
が、インド原産の植物が、そうそう北海道で入手できるわけもなく、通販で購入するには送料が高いし、と思って保留していたものでした。

北海道内のガーデンショップでどこかで取り扱いはないかと近所のガーデンショップに電話で問い合わせたところあるとのことだったので、すぐに行って買ってきましたc(^-^)v
札幌のけっこう珍しい種を扱うお店に行って聞いても店員さんは名前すら知らなかったというのに(^^;

タロのトイレの手入れはもうほとんどしなくても良いのですが、この抽出液を使うとほとんどの害虫が防げるということなので、木酢液より効果は期待できそうです。
とりあえず、このニームの苗をある程度大きく育てるのが今年の目標です。

昨年建てたパーゴラ

バラ

昨年建てたパーゴラの上に、伸長力のある一季咲きのつるばらの枝を這わせておいたところ、かなり見事な枝ぶりをみせてくれています。
昨年の時点で、相当枝は切っておいたんですが(--;

雪の重みにも耐え、丈夫に作ったかいがあったというものです。
あと3年様子を見ないとなんとも言えないことは確かですが。

今年はさくらんぼも数粒実を付けているので、果樹も5年目にしてようやくといったところです。
数粒では鳥のえさですけどね。
来年以降期待したいと思います。

トースター届く

先日注文したオーブントースターが届きました。
タイガー オーブントースター<やきたて>KTY-J101
このカラーが、リビングにあるダルトン社のキッチンスケールと合うんじゃないかと思ってましたが、想像どおりで満足です。
ダルトン オールドファッションスケール アイボリー

私はダルトン社の製品がとても気に入っています。ここはわりとカントリー系からPOP系、シンプルなものまでデザインが豊富です。
ゴミ箱ペールや琺瑯なんかもわりとかわいらしくてよいのですが、実用重視の密閉容器などは少ないようです。
最近ぬか漬けをはじめたので、このための琺瑯のシール容器は野田琺瑯にする予定です。
野田琺瑯 ホワイトシリーズ レクタングル深型M
最近野田琺瑯はカントリー系のかわいいデザインのものも多く出していますが、元々厨房用品を専門にやっているところだけあって、品質は確かです。
キッチン用品は細かくメーカーを決めて買うほうなので、わりとこだわりがあるほうだと思います。
同様に、料理の腕もあがると良いんですが・・・こちらのほうはさっぱりです(--;

官民格差

きなこと黒ゴマのパン

今朝は黒ゴマときなこで練った生地にダイズに切ったチーズを巻き込んで焼きました。
3次発酵が若干オーバー気味になってしまったのは、北海道も夏らしい気候になったという証です(--;

さて、北海道は夕張市の問題でかなりもめていますが、あれほどの赤字を出していた市の職員のボーナスの額を知ってびっくりしたのは我が家だけではないと思います。
まぁ、隣近所の公務員宅の話を聞いていても、レベルのちがう話をされるので公務員は恵まれてるんだなぁ、と思ってはいました。(さすがに夕張の職員はいませんけど)

例えば既に子どもが2人いる家庭で、「3人目が欲しいけど旦那のお給料が下がって」なんて言いながらも、専業主婦で居られる家庭はかなり裕福だと思うのです。
ご主人も午後5時過ぎには帰ってきて庭の手入れをしている様子を見ても、勤務も恵まれているようだし、夏休みもしっかりと取れるなんてうらやましいかぎりです。
ウチみたいに休日も仕事のことが多くて、共働きでないとやっていけないから主婦といえど働かざるを得ない、という民間企業勤めの家庭と比べると雲泥の差なのに、それは愚痴なんだろうか、と思いながら聞いています(^^;
民間企業勤めだとよっぽど良い企業に勤めていないかぎりは給料も低いし、扶養控除もなくなって、主婦は働くべし、という風潮のなかで子どもを持つこと事態が贅沢な世の中になってますからね。

こうなると石狩市役所のトップの人たちのボーナスその他、手当ても含めて覗いてみたいと思ったりします。
おそらくこういうことは公開しない市ですが。

オーブントースターを買う

既にポップアップトースターを使っているのですが、たたみいわしや、ピザトーストを手軽に焼けるものがほしくてオーブントースターを買うことにしました。
中国、韓国製品は極力避けている昨今、日本製のものを選んだのですが、さてどんなものか。届くのが楽しみです。買ったのはこれ↓
タイガーの製品です。popなデザインなので決めました。
タイガー オーブントースター<やきたて>KTY-J101

最近またキッチン用品があれこれ欲しくて散策しています。
どんな生活家電にも言えることかもしれませんが、海外のメーカーのデザインって、やっぱりおしゃれだなぁ、と思います。
最近では日本のメーカーも性能重視からデザインも重視し始めているようで、とても目をひくものが多くなってるみたいです。
海外の一流メーカーのものよりは値ごろ感があります。
それでもなかなか手が出ませんけどね(^^;
ちょっと気になったのがこれです↓
VICEVERSA社 0626祭5オーブントースター(クロム)
【人気おしゃれ家電】V2 ビタントニオ オーブントースター V2?TO【でんき0515】
メタリックが合うインテリアだったら、飛びついていたことでしょう(笑)

コーヒーメーカー一つにしても、すごいと思います。
家庭向きじゃないかもしれないけれど、コレとか↓
【購入】Keurig Coffee System Mini type(キューリグ コーヒー システム ミニタイプ)

でも、実際に買えるのは日本の身近なメーカーになってしまうのは仕方がないですね。
日本のメーカーではナショナルが一番家電として優秀だと思ってます。
今使っているコーヒーメーカー・・・10年以上前に購入したものですが、今だ現役で、使い勝手も良いのです。
ウチで使ってるのはこれなんですが↓驚くことにまだ現行モデルなんですね。
NC-A55-K【送料無料】 ナショナル 沸騰浄水コーヒーメーカー(ブラック)NC-A55-K[NCA55K]
ミルの機能はほとんど使っていませんが、サーバーの部分だけをひっこぬいて使えるというのは、すごく楽です。安いやつだと、サーバーの上部にフィルター一式が付いているので、けっこうめんどくさいです。

・・・ウチの場合、この担当はKAZなので、私はあまり関係ないんだけど(笑)
それでもサーバーを割ってしまっても、買い替えがきくというのはとてもありがたいと思ってます。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本