Entries

木のおもちゃ作り?てんとうむしのカスタネットを作る

先日来、木のおもちゃを作ろうといろんな絵をチラシの裏に描いてみたりしてます。
(注:こういう絵を見せてと頼まれても、デッサンとか設計図とは程遠いただの落書きなので、人には見せられません。失望するだけ、もしくは笑いのネタになるだけなのでご容赦ください(--;

育児の理想と現実ってあるとは思いますけど、やっぱり私は子供に木のおもちゃを与えたいと思ってます。でも、実際に買おうと思うとそこらへんで入手するのは難しいし、最近の私の傾向・・・・これなら作れそうってすぐに考えてしまうものだから、とりあえず作れそうな案を描きなぐっています。

で、いくつかの案の中からKAZに頼んだのがテントウムシの形のカスタネットです。
手作りのカスタネット

彫刻刀を使うのが得意なので、細かい造作のものはやっぱりKAZのほうがうまいんです。私はやっぱり大物の家具のほうが得意なんですよね(^^;
模様は子供が口に入れても安心な塗料を入手できるかどうかがネックだったので、ずっとやりたいと思っていたウッドバーニングはどう?と提案してやってもらいました。
・・・本当はこの工具が欲しかったんですけど、家にあるハンダごてでやっていたので、ちょっとびっくりでした。

アカネちゃん、いずれママキッチンにあわせて冷蔵庫も作ってあげるからね♪
その前にあれこれ作りたいとは思っていますけど・・・どれからにしましょうかf(^^;
スポンサーサイト

カントリーフェスタと森のベリー

今日は選挙に行く途中、カントリーフェスタの看板を見かけて、ついつい惹かれるように寄り道してきました(^^;
アメリカンカントリーは正直言ってあまり好きではないのだけど、カントリーだし、と思って覗いてきました。
木工品は基本的にツーバイやベニヤを使ったものが多く、私が作るようなパイン系のものはありませんでした。やっぱり趣向が違うみたいですね。

一つだけすごく興味をそそられたのが、蛇口の立派なママキッチン(^^;
部材の質はかなり粗雑な材を使っていて、全体にペイントしてありました。(こういうのはアメリカンカントリーならではですね)下は引き出しも扉もなく、カーテンがかかってるだけ。でも、蛇口はすごく立派で、どんな工具を使ったんだろうかとびっくりしました。
これとセットで売られていたのがホーローの鍋とフライパンのセット。
これはかなりそそられました(^o^;
蛇口以外の部分は私が作ったほうが立派だと自負できますけど(!)この鍋のセットはすごく魅力で・・・。

いつか私も作ったものを売ってみたいと思ってしまいました(笑)
そのときにはみなさんサクラになってくださいね?(←いつのことだかw)

さて、午後はベリーの状況をまた見に行ってきました。
森のベリー

ブラックベリーは思ったほど色づいていなくて、ほんのり赤くなった程度。これは真っ黒になるまで熟さないとすっぱくて食べられないので、まだまだあと2週間ぐらいは食べられそうにありません。

赤いほうはぽつぽつと・・・。
森の赤いベリー

今年は全然実が付かなかったのか、ほんとにごくわずかしかありませんでした。赤いほうは数種類あると思っていたんですが、その中でも時期がずれたのかもしれません。小動物が食べたような形跡もあったので、エゾリスが食べつくしたことも考えられますが・・・・?

初めてこの場所を見つけた年の、毎日スーパーの買い物袋3袋ぐらい採れたのが嘘のように少なくなっています。
いっそ、ウチのラズベリーを植えつけてしまおうか。

おいしいパン屋さん

北海道に来てから、チェーン店ではなくおいしいと思った唯一のパン屋さんが近所から札幌の中心に近いあたりに引越ししてしまいました(ToT)
ココペライって言います。
これを知ったのは、私が粉を25キロ買いしているお店、アントゥルメさんのメルマガで。近所においしいパン屋さんが来たとあるので、曲がりなりにも製パンの講習会なんかも開くお店のスタッフの話。チェックしなくちゃ・・・と思ったらなんと私のお気に入りのお店じゃぁありませんか。

泣けてきますねぇ。ここがどんどんただの田舎になっちゃうじゃない(涙)
(といっても朝焼きたてを買いにいけるほどは近くはない)

あそこのフランスパンはすごくおいしいんです。
あれを目指したいというのはぜったいに素人には無理。
貴重な近所の名店がぁ?!と今更ながら嘆いています。

仕方がない。これからさらにフランスパン修行をしなくちゃぁ・・・。と思ってます(^^;
プラス思考で考えれば、ここの製パン技術をアントゥルメの講習で受けられる可能性も出てきたわけで・・・。
そう都合よくは行かないかなぁ?

山食とベーグル、離乳食のケーキ

山食

今日は山食を焼きました。なんとこのパン、前日の餃子の皮の残りを混ぜて生地を練っています。
ふんわり系の山食にしようと思って、バターを取り出すために冷蔵庫を明けたらラップにくるんだ餃子の皮の残りがあったので入れてしまいました(^^;

私が作る餃子の皮は、だいたい強力粉と薄力粉を半々ぐらいで練ったものです。ふんわりパンなら薄力粉も少し入れるし、問題ないと判断しました。
で、湯だねパンの要領で生地を練って作ってみたら、不思議なくらいもっちりしていておいしかったです。
不思議・・・・湯だねパンじゃないんですけどね(- -?

もう一つは定番のブルーベリーベーグルです。
ブルーベリーベーグル

例の配合で作りました。ベーグルはいくら食べても飽きません。失敗しないのが一番の理由かもしれませんけど(笑)

それと、今日は離乳食用にケーキを作りました。
離乳食用ほうれん草ケーキ

アカネちゃんは自我の芽生えが非常に早く、離乳食を初めてすぐに自分で握ったもの意外は食べなくなったため、毎朝にんじんを摩り下ろしたパンケーキやしらすとキャベツのお好み焼きみたいなものを作ってました。
続くと飽きるみたいなので、今朝はほうれん草入りのケーキにしてみました。
作り方はほぼシフォンケーキの要領です。
材料にサラダ油を入れないで、砂糖もメレンゲを安定させる程度の微量(せいぜい小さじ1)入れたぐらいです。
どうせなら蒸しパンでもよかったかも?、と思ったのは食べさせ始めてからですが、とりあえず気に入ったようで食べてくれました。

最近はスプーンをにぎるのがお気に入りみたいなので、かぼちゃのペースト(ベビー用粉ミルクで固さを出してます)をスプーンにくっつけたものを与えてみたりもしています。赤ん坊の発育はめまぐるしいので、柔軟な対応をしていかないといけないんだなぁ、と思いました。
昨日、歯も生えてきたのを確認したので、これからしばらくの間、むずがる日が続きそうです。

痛いんですよねー、最初の歯が生えるときって。よーく覚えてます。

スキムミルクでヨーグルトを作る

スキムミルクのヨーグルト

↑これは毎朝ほぼ欠かさず食べている自家製のヨーグルトですが、今日はちょっと実験をしてみました。
(トッピングは庭のラズベリーとパイナップルミントです。)

パンを焼くために小麦粉を25キロで数種類買っているくらいですから、当然副材料もけっこうな大容量で買っています。その一つがスキムミルク1キロです。

何かパン以外のものに使えないかな?、と考えてやってみました。

・・・なにしろ、最近はフランスパンやベーグルが定番になっているものでf(^^;
もちろん、スクランブルエッグとかには使ってるんですけど。

ちゃんとヨーグルトにはなることが判ったので、今後はヨーグルト作りにも使ってみようと思います。離乳食用に、ベビー用粉ミルクでも作ってみるのも面白そうです。

ラズベリー酵母のパン

ラズベリー酵母のパン

今朝はラズベリー酵母のパンを焼いてみました。
予想に反してピンクではなく、胡桃パンのような色でした。今回は酸味が出てしまったので、また酵母を作り直しです。
まぁ、予測はしていましたけど。

やっぱり夏の自家製天然酵母は難しいですね(^^;

児童館へ行く

昨日は早朝から8キロの赤ん坊を抱っこしてお墓参りに行って、一日ばてていました(--;
かなり急な坂道を登ってようやくたどり着くKAZの祖母のお墓は、小樽の小高い山にあります。
アカネちゃんがお腹に居るときもお参りには来ていたんですが、今回はそのとき以上にきつく感じました。

ちょうど昨年はアカネちゃんの従兄弟になる子も一緒にお参りしたのを思い出しました。その時も私は8ヶ月間近のお腹で、チェーンソー(電動のこぎり)をかついでのぼっていったんですよね。
・・・初めのうちは持ってもらっていたけど、アカネちゃんの従兄弟(当時9ヶ月)を肩車しないと通れない場所が続いたので結局私が持って行くことになりました。

夏のお墓参りはきついと思いつつも、アカネちゃんが生まれて初のお参りなので、ぜひ行っておきたいという私の希望で決定したお墓参りです。
結果、ものすごく疲れて、腰痛が悪化し、昨日は朝焼いたパンを一日かけて食べつくしてしまいました。(←ほかの事をする気力まったくなし)
これでKAZのほうのご先祖様への挨拶は済んだので、秋には私の祖父母の墓参りに行ってアカネちゃんの挨拶周りは終わる予定です。

さて、今日は家のことをあまりしたくなかったので児童館へ行ってみることにしました。
で、いろんなおもちゃで遊んできました。(←私がw)
一番うれしかったのは市販のママキッチンがあったこと。あんまり小さいのでびっくりしましたけど。
奥にあるの絵本でだいたい判ると思いますけど、高さが50センチないぐらいのサイズです。
ままごと道具

私が作ったやつはかなり大きいんですね。いまさら気づきました。
木工で作ったままキッチン

アカネちゃんが奥でボールをつかんでいますけど、小型のテレビ台ぐらいありますからね・・・・。小道具が見つからないわけです(--;

でも、こんなものを見つけました。
木工のアイデア

なかなかおもしろいです。
次の作品のアイデアになりそうな予感がします(^^)

パンづくし

ゴマベーグルとチョコマーブルパン、フランスパンもどき

今朝は早朝からお墓参りの予定だったので、平日の朝のようなペースでパンを焼いて7時半には出かけていました。
今朝のパンはそういったあわただしい日の朝らしく、フランスパンにチャレンジをしてはみたものの、美しいクープには程遠く、その他のパンもまぁテキトーな仕上がりでした。

フランスパンのほうは、クープを入れる時に表面が少ししっとりしすぎていたので、次回からちゃんと工夫したいと思っています。
丸いほうは帰ってきてからお昼に食べました。
チョコマーブルパン

冷蔵庫で冷やしておいたら、このチョコマーブルのパンがわりとおいしく感じられました。
これはうれしかったです。なにしろ暑くて何もする気になれなくて(^^;

ついでにラズベリー酵母の状況です。
ラズベリー酵母

ぷくぷくしていますけど、明日はパンを焼かないつもりなので、粉を入れた後冷蔵庫で培養しています。
無事出来ているようですけど、まだ何パンを焼こうか迷い中です。

自家製ラズベリー酵母

自家製ラズベリー酵母1

ラズベリー酵母を仕込んでからまだ3日しか経っていませんが、すでに泡がおさまりつつあったので、今朝は粉を入れることにしました。
まだ何にしようか考えていなかったんですが、重要な失敗をしました。

ラズベリーエキスを取り出すための漉す作業を忘てしまいました。(涙)

普段、ヨーグルトで酵母をおこすことがほとんどだったので、干しぶどうのときのように裏ごしという作業はしません。
この干しぶどうは、そのままパン生地にレーズンとして最後に混ぜても良いらしいんですが、安定して手軽に出来るヨーグルト酵母に頼りきっていたものだから、見事なまでに思い出しませんでした(--;
これがみかんの皮とかだったら、さすがに思い出したんでしょうけれど。
自家製ラズベリー酵母2

で。
うっすらピンクに色づいた、でもラズベリーの種のつぶつぶが入ったパンを焼くことは決定してしまいました。
自家製ラズベリー酵母3


この色はおそらくパン生地に出ると思います。
ピンク色のパン・・・・・どんなパンにいたしましょうか(^^;

木のおもちゃ

木工ママキッチン

さて、先日来作ったまま玄関に放置されている(!)ママキッチンですが、ちょっとだけ手を入れました。

よく見てください。
木で作った蛇口

蛇口にハンドルが付きました。(←たったこれだけ)

・・・ちゃんと回ります。

アカネちゃんはまだ9ヶ月だというのに、木工熱に取り付かれて作り上げたものの、まだ遊ぶには早すぎるので、玄関に置きっぱなしになっています。
こまごまと手を入れようと思ってはいるんですが、なかなか雑貨が手に入らないので、それにあわせて作ろうと思っているフックだとか、オーブンの小物類はまだ着手できません。
まだこれで遊んでくれるまで1年以上はあるので、のんびりやるつもりです。

玄関に置いておくことで、気軽に人に見せることも出来るので、いろんなことを言われますけど、一番多いのが「いつやってるの?」と「じっとしてる時間ってないでしょう?」の二つがほとんどです。

ウチの場合、犬が居るため朝5時には起きてることが多いので、朝パンを焼くのも日課にできるし、それから9時ぐらいまでに家事を終わらせればアカネちゃんの昼寝の時間はほとんどが自由時間な訳で・・・。

まぁ、子供と遊びながらの家事(床のぞうきんがけとか)もあるので、木工をするのもさほど無理なことではないものだと思いました。
時間は作るものだと思ってはいますが、さすがに育児中はきついことは確か。
無理をせず、でもストレスをためずにこういったことを続けられるようがんばりたいと思っています。

バゲット・フリュイ

クープの割れたパン

クープがうまく割れたパンが焼けたので、久しぶりにパンの話題が続きます♪
私にとってこれは大事件なんです(^^)!
失敗ばかりだったので、基本に立ち返って例の本のとおりにバゲッド・フリュイを作ってみたんですが、ちゃんとできるもんですね。
ほっとしました(^^;

これは難易度が「2」(3段階)なので、これをちゃんとマスターしてから次のステップへと進みたいと思っています。
まだまだ納得できない部分も若干あるので、リピートします。その間またパンの話題は減ると思います。
ゴマベーグル

今日作ったのはこれだけではなくてまたベーグルをタイプERベースの配合で作ってみました。この粉を使うメリットはベンチタイムいいかげんでも加工がしやすい点(^^;
つまり、捏ねるだけ捏ねて一次醗酵を冷蔵庫に一晩入れて作った生地で、朝起きてからすぐ分割、成型、ケトリングで焼けるんです。
この簡単さに気づいて連続でベーグルを作ってしまいました(^^;

このほか作ったのは先日のクッキーとビーフジャーキー。
クッキー

いつもこんなにまとめて作るわけではないんですけど、夏はオーブンを使うと暑くなるので、焼くのは二日に一回にしています。大きなオーブンなので、これらが同時に作れるのはとてもうれしいです。(ビーフジャーキーは予熱ですけど)
クッキーはいつもアカネちゃんにお古をくれるお宅に持っていく予定です。

さて、また天然酵母を仕込むことにしました。
きっかけは私の影響で自家製天然酵母を始めた友達が
「イーストを使うのはスーパーでお惣菜を買う気分」
と言ったため(--;
そうなんですよねー。何か壁がないと簡単すぎて飽きるというか、つまらなく感じます。で、ちょっとハイレベルなフランスパンに走っていたわけですが・・・。庭にラズベリーがうんざりするほど実っているし、気候も涼しいし、またやることにしました。
暑いと賭けなんですけどね。アカネちゃんはまだ9ヶ月なので、蜂蜜も使えないからちょっと難しいかもしれませんけど、そんな訳でまた天然酵母をはじめることにしました。

またはまっちゃうかな??

ブルーベリーベーグルの粉の配合

ブルーベリーベーグルとラズベリー、胡桃クッキー

最近パンのネタをほとんどアップしていませんが、毎日のようにパンは焼いています。ただ、焼いているのがいつも失敗のフランスパンとだいたい安定しておいしいベーグルのローテーションになっているので、話題性がないためアップしなくなりました(--;
まぁ、木工の話題があったのでそれもあるんですけど。
一緒に写っているのは庭の朝採ったラズベリー(これで一日の収穫量のおよそ1/3)と、胡桃を砕いて焼いたクッキーです。
クッキーのほうはkayoさんのアイデアをいただきました♪
クッキー生地のまま冷凍庫で凍らしておいて、必要なときに焼くって発想です。さすが料理が好きな人は、アイデアも豊富です。私の場合、料理は1点集中で作るほうなので、シュウマイを作ったらそれで力尽きます。ゆえに料理上手にはなかなかなれません(^o^;

今回はベーグルのときはオーブンにゆとりがあるので、ついでにクッキーも焼きました。普段はお弁当のおかずを同時に作ったりしています。

さて、今日のベーグル、いつもとは違います。
中身はブルーベリーベーグルなんですけど、粉がフランスパン用の粉をメインに使っています。
これはお気に入りのこの本のレシピにあったもの。ブルーベリーのレシピではありませんでしたけど、粉の配分だけ参考に作りました。

作ってみて、この配分での出来の違いというか食感が、ハルエゾ(北海道産強力粉)だけで作るより良いことが判ったので、次回からはタイプERと薄力粉のブレンドで作ることに決定しました。
何しろ、我が家には25キロで買ったやつがドーンと鎮座してますから?(^^;
まぁ、ハルエゾはもう残りわずかだというのもあるんですけど。

それから昨日は森のベリーの状態を見てきました。(HPをご覧になったことのない方は森へベリーを摘みにを参照してください)

今年はまだどれも緑で色づくにはあと2?3週間ぐらいはかかりそうです。
時間にゆとりがあったら、その頃また行ってみたいと思ってます。

ちなみに、その周囲にはツタウルシも混在していますので、案内なしに行くのはお勧めしません。私はひどい目にあいましたから(--;
狩猟本能にあやつられると、後が大変だということは学習しました(苦)
森のベリー現況

ラズベリージャムを作る

自家製ラズベリージャム

庭のラズベリーが実り始めました。
最盛期が来ると、朝摘んでも夕方にはまた摘まないといけないくらい実をつけてくれて、それが長期間続きます。
ありがたいんですけど、けっこう大変です(^^;

昨日の収穫は、最盛期が始まったような量の収穫でした。一日で大なべに半分ぐらい。水を足さずに煮てるので、市販の中ぐらいのジャムの瓶で3本程度ですけど、これが一月続くと、だいたい1年分のジャムがまかなえます。
ラズベリーは半年おいてから食べると、すごく風味が増しておいしくなるので、機密状態で半年待ってから食べます。

今年は昨年古い枝を切らなかったため、実が小さくてとかく摘むのが面倒なんですけど、冬の楽しみのために、ラズベリー摘みをおっくうがらずに日々摘みつづけようと思ってます。
今日はさらに野生のベリーの状況も見に行く予定。
実ってたら、やっぱり狩猟本能がくすぐられて摘みつづけると思います。・・・・こればかりは本能なので仕方がないかと思ってます(^^;

木工のページ更新

ママキッチンと靴置き場が一応完成したので、サイトのほうにアップしました。まだまだ作りたいものはあるのだけど、その前に動き回って探検するアカネちゃんに、いたずらされたくないものを片付けるのが先決なので、一旦終了します(^^;
この二つを作って、かなり欲求不満は解消されたようです。少し平常心を取り戻したと思います(笑)

kazに協力をしてもらわなかったら、たった1週間で乳児をかかえて完成させるのは無理だったと思います。本当にありがとう。

さて、いろいろHPの反響をいただいているんですが、その中ですこし思いついたことがあります。作り方を載せているのだから、それを見て作った人の作品も紹介させてもらおう、と。
先日kayoさんのところで撮ってきた画像しかまだありませんけど、これから参考にして作った、という方の紹介もしてみたいと思っています。

育児サークル

今日は育児サークルに行ってきました。先月がはしかの流行で中止になってしまったので久しぶりの参加です。
9ヶ月の赤ちゃんって、どこもそうだと思いますけど目が離せなくなってきて大変です。ベビーサークルがなかったら寝ているときでもそばを離れられなかったと思います。疲れもたまってくるこの時期のサークル、本当に楽しみでした。

朝、アカネちゃんが寝た隙に、ママキッチンの持ち手にする木材を切り出して紙やすりをかけ、ボンドで仮止めまでやってから出発です。
ママキッチンのほうは、これで一応完成にしておこうと思います。凝りだしたらきりがないし、他にも作らなくてはいけないものもあります。(←なにしろシステムキッチンですからw)

今日いろんな情報を集めてみたところ、ままごとを始める時期は2歳過ぎぐらいだとのこと。それなら時間はまだまだある・・・。ということで、計画の見通しが立てられそうですf(^^;

育児サークルのほうは、アカネちゃんの人見知りが再発したのか(?)ずっと眠かったのか、ずっとぐずりっぱなし(--;
でも同じ年頃の子供たちを持つ人たちと、お茶を飲んだり小児科の先生のお話を聞いたり、いつもながら充実した時間をすごせました。

来月もまた参加したいのだけど、残念ながら10ヶ月児健診と重なるので欠席です。健診をサボってサークルに出ようかとも思ってます。
再来月だと、アカネちゃんはもう初誕生が間近。子供の成長って早いもんですね。

ナチュラル雑貨

木工製作過程

今日はほとんどできませんでした(--;
庭のラズベリーがたわわなので採ってジャムにしないといけないし、少し手入れもしないといけないことがあったので、アカネちゃんの貴重なお昼寝タイムは、これらのことに費やしてしまいました。
今日は兆番と扉受け金具をつけたこと、蛇口の一部ができただけです。ちなみにこれは、引っこ抜けるようになっていて、ダボで挿してあるだけです。
蛇口はもう少し手を入れて、ハンドル部分を回せるものにする予定です。

このママキッチンにあわせた雑貨を選ぼうと思っていたんですが、どうやらおままごとの鍋っていうのはかなり小さいみたいです。
このサイズのキッチンに合う鍋っていったら、普通の小ぶりの鍋でも良いくらいです。
しかも、デザインはやっぱり
ル・クルーゼっぽいやつ・・・なんて(^^;

そんな贅沢は言いませんけど、せめてほうろうの・・・ちょっと実用には小さすぎるくらいのものが欲しいと思ってます。
割れたら子供が怪我をするかもしれないと思うと、チーズフォンデュの鍋(陶器)はいくらサイズがぴったりでもあたえられません。

さすがに100均にはこういうものはなさそうなので、どこか雑貨やさんめぐりをしてみたいと思ってます。どこに行ったらいいのか検討もつきませんけど。

キッチンにある木製のフォークとかは、ままごと用に使えそうなので仕分けしていくつもりです。

木工製作日記

木工製作過程

以前ならこれぐらいのものは、集中して1日2日ぐらいで作り上げていましたから、こういう風に日々の進捗を記録することって滅多にありませんでした。
何日もかけて作ったのは、8ヶ月の妊婦の頃・・・さすがに苦しくて無理がきかなかったので、数日かけて作った時ぐらいです。そのときは引き出しの作り方を記録するために写真を撮りながらやる必要もあったんですが。
今回の場合は、製作の記録の目的ではないのでごく珍しいことです。

今日はビルトインのガスオーブンが付きました。まだ扉受け金具を付けていないので、ガムテープでおさえて写真を撮りました。
この先どうするか、まだ迷ってます(^^;

移動をすることを考えて、持ち手を付けたいのだけど、これをうまくタオルかけふうに作れないかな?と思っているのと、蛇口も全て木で作りたいけど、デザインをどうするか・・・。思案のしどころです。

アカネちゃんはまだ9ヶ月なので、使えるようになるのはまだずいぶん先だと思います。イメージが決まるまで放置されるかもしれません(--;

完成の記事がアップされなくても、あまり追及しないでやってください(笑)

今日のママキッチン製作

今日のママキッチン進捗

今日はアカネちゃんが思いのほかよく寝てくれたので、少しまとまって作業ができました。当分の間、このブログはママキッチンの製作オンリーになると思います(^^;
IHクッキングヒーターだったらこのツマミはないよな?、と思いながらも、作ってみたかったので・・・・ちゃんと回るように作りました。
このツマミの部分は、昨年壊れた雪かきスコップの柄を輪切りにしたもの。ちょうどよい太さでした(笑)
この部分をただの飾りだけのデッドスペースにするのはどうかと思ったので、引き出しにすることにしました。
↓開くとこんな感じです。
引き出しを開けたところ

明日は下のビルトインのオーブンの扉を作成していきます。

ここからはまた大変な作業になるので、まだまだ先は長いです。
ままごとセットの入手も同時に考えていこうと思ってます。

ママキッチンの小物さがし

ママキッチン進捗2

今日は午前中は買い物に、午後2時間ぐらい木工をさせてもらいました。
少し仕様を変更したので、今日の進み具合はほんのわずか。下につけた木材にカットが入ったのと、扉が付いたぐらいです。そのほか、ガスの調整の部分の木材の切り出しぐらいです。

買い物に行ったついでにままごと用の小物を探してみたんですけど、ベビー用品を専門に扱う店じゃないと、小物類は皆無です。ガスコンロのサイズなんかはそういう小物を見て決めたいところだったんですけど・・・。
まぁ、いずれどこかで入手する予定です。

対面式の予定でしたけど、もしかしたら変更するかもしれません。
あれこれデザインを見ながら考えていくと、結局3つぐらい作らないと納得できるものは出来ないような気がしてきました(笑)

木工をやって一つ、重要なことを学びました。
完成品を早く見たくてあせって作り上げるよりも、構想を練ってのんびり作るほうが良いものができる。
まぁ、モノづくりは、何でもそうですけどね(^^;
せっかちな私には、とても大事なことです。
造作の一つ一つに気持ちを込めて作っているうちに、また新たな発想が生まれて仕様変更も増えたりするんですけど(^^;

アカネちゃんがおままごとを始めるまでに完成すればいいと思って、のんびり仕上げる予定です。

ママキッチンの製作過程

今日のママキッチン

ようやくここまで進みました。
構造材は全て入って、背面のパネリング材と底板のベニヤがつきました。
背面のパネリングは、対面キッチンとしても使えるように、と思ってやりました。’(←すでにままごとの域から本気になっているw)

午後は来客があって、庭のバーベキューグリルを使う予定だったので、少しだけ雑草を抜いたり、花がらをつんだり、庭の手入れもしました。
庭のラズベリーも色づいていたので、そろそろ摘んでジャムにしようと思ってます。

水道の蛇口やガスの火力調整のレバーは、木で動くように作りたいと思っています。この金具の買出しや最終的な扉のデザインや上部の構造がまだ考えていないので、少しペースを落として考えながらやりたいところ。
ビルトインのオーブンのドアは中が見えるようにもしたいので、ここもどうやって作ろうかと考え中です。

全体のイメージが出来上がらないと、細部のデザインが思い浮かばないのはカップボードを作っていたときも同じなんですが、製図をびっちりひいて作る人には理解できないことみたいです。(←KAZとか、ちゃんとした木工をする人)
まぁ、人にはいろいろあるもんですから・・・・(^^;

進捗は進んだ日にはアップしていくつもりです。
おそらく進まない日もたくさんあると思いますので。

ママキッチンを作り始める

ママキッチン進捗1

しばらく更新していませんでしたが、時間があれば少しでもママキッチンを作ろうとあがいておりました(^^;
一日のうち、出来るのはせいぜい30分。この時間だって、まとめてとれるわけではないので、三日の間にできたのはせいぜいこんなもんです。
デザインは二の次。
あるもので作っているので、どんなものができるのやら・・・・f(^^;
ちなみに、完成予想図はまだ決まっていません(汗)

アカネちゃんは今9ヶ月。目を離すと何をしているかわからないので寝ているすきをねらってやっていますが、今後の時間の確保もかなりあやうい状況。
でもやりますから。
子育てしながらだって、やろうと思えばできるはず。
そう自分に言い聞かせながら日々ガレージに心を泳がせています。

最近のアカネちゃんは、といえば、相変わらず握ったものしか食べたがらない傾向は続いているので、最近離乳食用の野菜練りこみパンが頻繁に食卓に並びます。
芋もち風にマッシュした野菜に小麦粉を混ぜて握れるようにしたものや、ベビーお好み焼き、二度挽きした材料で作ったシュウマイとか、けっこう面倒ですけど、食べさせる大変さを考えたら全然苦ではないと思いました。

木工をやる時間も作るのはかなり大変ですけどね。
プランはまだまだあるので、さっさと仕上げたいとは思っています。

犬と子育て

早いもので、ももちゃん(セッター系MIX)は秋にはもう6歳になります。
ももちゃんを飼いはじめた当初、同じくして近所にゴールデンの子犬を飼いはじめたお宅があって、平日は毎日のように行き来して遊ばせていました。
これはとても助かることで、遊び盛りの子犬の体力を、この数十分の間で消耗してくれるものですから、家事ははかどるし、他のわんことの交流もできる子になってくれて、本当に大助かりでした。

この兄弟のように育ったわんこが、今年の元旦に亡くなりました。

性格はウチのタロ(ダルメシアン♂)にそっくりで、元気いっぱいにはしゃぐし、我慢が苦手、ちょっと手のつけられないところはありました。
でも、亡くなってしまうとその空虚な感じは大きく、親友のももちゃんがどんな反応を示すか、せめて遺骨だけでも拝ませてあげたいという思いから、久しぶりにお宅に上がらせてもらいに行きました。

玄関を出て、ももちゃんに「○○ちゃん(その犬の名前)のところに行くよ」というと、私の少し前をその家に向かって先導して行きます。
私はアカネちゃんを抱っこしていたので、リードは付けませんでしたが、何年かぶりなのに行く先は判っている様子でした。

玄関の呼び鈴を押すと、尻尾をぶんぶん振りながら、玄関が開いても邪魔にならない位置に座って、鼻面をぴったり付けて待っています。
ドアが開くと親友の犬が飛び出してくるのを待っているように・・・。

ドアが開いて、親友のわんこが出てこないのがおかしいと感じたのか、家のなかに入ろうとするのを躊躇するももちゃん。
私が先導してようやくリビングまで行くと、なんで臭いがするのに親友がいないのかと臭いをかぎまわっています。

もう居ないんだと理解するまで、その行動は続きました。

私はお骨を拝ませてもらって、最後の様子を聞かせてもらい、いずれ来るであろう犬たちとの別れを思ってしんみりとももちゃんを眺めていました。

<この先は犬好きな方以外には判らないと思うことなので、嫌いな方はご遠慮ください>

続きを読む

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本