Entries

フランスパンの風味

失敗フランスパン

今日は失敗してしまったので、あまり載せたくはなかったんですけど、一応記録として残すことにしました。クリックで画像は拡大できます。
粉300gに対し、水分を220ccで焼いたパンです。

もう、生地をこねている段階でまずいとは思っていたんですが、想像以上にダメでした(笑)
生地が指にくっついてくるほどのべたつき気味な生地でしたが、以前水分量が
多く感じるくらいのときには風味が出ていたので、そのまま焼いてみることにしました。(失敗と思ったときはベーグルに変更することがよくありますw)

焼き上がりですが、フランスパンの風味はないし、重さもありました。醗酵のときに出る水蒸気を少しでもとろうと、乾燥したふきんをかけてみましたけど、ただの悪あがきでした(^^;
さすがに水分が多すぎたようです。
脇も割れてしまってますし、とにかく惨敗です。

次回は若干少なめの水分でやってみるつもりですが、今の季節、ドライイーストが活性化する温度になかなかならないので、ぬるま湯で溶いて使っています。これが原因かもしれないので、イーストの扱い方も考えたほうがいいのかもしれません。低温発酵のつもりで常温でやっていますけど、室内20度ぐらいですから・・・・。

さて、最近リーンなパンを焼くことが多いので、スキムミルクの使い道を考えていて、カッテージチーズを作ることにしました。カッテージチーズに岩塩と粗挽き胡椒を混ぜるだけで、そこそこおいしいディップができるんですが、用途はいろいろありそうです。アカネちゃんには、マヨネーズと和えたソースでほうれん草のサラダを作ってみたりしています。

問題は残ったホエーをどうするか・・・。とりあえずベーグルやワッフルを焼くときに使っています。
もっと大量消費できるレシピがあると、頻繁にカッテージチーズを作ろうと思うんですけど。フランスパン研究が一段落しないかぎり、スキムミルクは消費が少なそうです。
スポンサーサイト

フランスパンの味

今日のクープ

↑今日も画像はクリックで大きく見れます。
フランスパン研究のヤマは超えたと思っていましたが、先日衝撃的なことがありました。
以前からよくポメリーのマスタードを買っていた札幌の丸井今井というデパート(東京のOIOIとは違う)の地下が改装を終えたというので、週末に行ってみることにしました。

ちなみに、ポメリーのマスタード自体は、他のお店で既に購入済みだったんですけど、やっぱりデパ地下だと高くて1400円ぐらいでした。次からはネットで注文するかもしれません。他に注文するものがあれば、ですけど。

さて、その衝撃的なことというのが、その改装後のお店に入っていたアンデルセンでリュスティックとフランスパンの類を数種類買ったことでした。
食べてみてびっくり。フランスパンの風味が口いっぱいに広がります。

フランスパンの風味はオートリーズで出るものだと思っていましたけど、私が作るときも当然オートリーズしているのに、なぜこんなにも差がでるんだろう、と。
しばらくは、やっぱりプロが作ってるんだから当然・・・と思っていたんですが、数日経って私のフランスパン研究がここで終わっては負けだと思うようになりました。(←何に対して? とか聞かないでくださいw)

素材の違いや、当然プロならではの技術があって出せる味なのは判っているんですけど、クープが開くだけじゃダメ。フランスパンの風味がしっかり出せるようにならないと、と思うようになりました。もちろん、クープが開くことで味覚は向上するんだと思いますけど。

で、今日のバタールは、とりあえず底が割れないように片方だけ水をつけてしっかり閉じてみました。これだと確かに底は割れず、クープも開きました。

少し気になっていることがあるので、生地の水分量を増やしたらどうなるか、次回試してみたいと思ってます。
それと、ドライイースト1gを計量できるスプーンをようやく見つけました。洗剤革命に添付されていたものがちょうどぴったりで・・・(^^;
10gまで計ってぴったりだったので、誤差は少ないと思います。

子供の雑貨作り

子供のお道具箱?


今日は、箱を布でくるんでカルトナージュっぽいものをつくってみました。
私はこういう手芸の類をちゃんと習ったことがないので、道具もたいしたものはそろえていませんし、かなり雑な仕上がりのものばかりです。
(ちなみに木工もそうです)

こういう紙を使った手芸は、子供の頃にもやったことがあります。マッチ箱だとかの不要になった箱を台にして、和紙でくるんで引き出しを作りました。カルトナージュその類のものだと思いますけど、ちゃんとやっている人の作品は、それはもう、工芸品みたいな美しさです。
本来は、ありものの箱を使うのではなく、ちゃんと採寸して紙をカットして作るものなので、私がやっているのは、ただの廃物利用なんですけど(^^;

これは何にするか、いつものごとくあまり考えずに着手したのですが、子供のお道具箱とか、裁縫箱みたいなものになればいいと思ってます。
KAZに作ってもらったテントウムシのカスタネットとそろいのテントウムシの柄の生地ですし。(ミトンは今のアカネちゃんにしかはめられないサイズのおもちゃですw)
マッチ箱の引き出しだとか、リリアン、かぎ針編みの類は、私は幼稚園に入った頃には既にやっていた記憶があります。

そう遠くない将来、お道具箱が必要になるんじゃないかと期待しています(^^;

黒ゴマカレーーパンなわけ

カレーパンとブルーベリーベーグル

北海道は日に日に寒くなって、関東人の私はすでに冬ごもり状態です(^^;
冬はとかく車の運転が嫌。北海道に初めて来た時、北海道の交通マナーの悪さにはびっくりしましたけど、それは毎年のように交通死亡事故ワースト1になっていることからもうかがえます。

道路のセンターラインを走っているときに、左前方の車が50cmも離れない車間距離で、3車線の左から右端までウィンカーを出さずに車線変更するのは当たり前ですし、タバコや携帯電話をしながらの運転もごく普通に見かけます。

近所の市役所に勤めているご家庭でも、毎週のように車で遠出しているにもかかわらず、チャイルドシートはきついから、という理由でしていないというんですから、事故が起こったときの防御や安全対策も浸透していないのかもしれません。まぁ、市役所に勤めているからといって、マナーやモラルのある人ということではないんでしょうけれど。

そんなことで車は使いたくないし、歩くと転ぶ私は、冬になって家に閉じこもっている生活をしています。
そうなると、消費エネルギーもかなり低めになってきました。

産後は粉400gでこねていたパンも、300gに減らして焼くようになりました。
オーブンが大きくなったので、これだと二種類を1日おきに焼けばよいので随分楽です。
が、ここで問題が発生しました。
粉300gだと、
どっちがフランスパンの生地か見分けがつきません(TT)
フランスパンの生地はいつも300gでこねているので、容積からいっても見分けがついていました。
先日、間違えそうだな?、と思いながらも作業していたら、案の定間違えました。
食パン生地でベーコンエピを焼くなんて、ありえません(--;

で、間違えないように、何か混ぜ物をすればよいことに思い当たって、黒ゴマの入った生地でいつものカレーパンを焼きました(^^;

いつものとおり、クミン、生姜、ニンニク、胡椒、シナモン、庭のハーブミックス(既に何がどんなバランスで入っているかわからないw)をベースにヨーグルト(ケフィア)に漬け込んだ鶏肉で作ったやつです。
今回は生地の量を少し多めにして、盛り上がるようにしてみたので、かなりボリュームがでました。

あと数年は、辛くないカレーしか食べられないと思うので、今のうちだと思うんですけど、カレーはやっぱり好き。
特にインド南部のカレーやタイ風が好みです。

カレーの王子様を食べる日が、恐ろしく感じます(ーoー)
いくつぐらいになったら、子供と大人が同じカレーを食べられるものでしょうか。今一番の関心ごとです。

ケンタ風チキンをスチームオーブンで作る

スチームオーブンで焼いたケンタ風チキン

フランスパン研究に一息ついて、スチームオーブン研究を始めることにしました。私って、いつも何かを調べてる気がします(笑)
さて、今度のテーマはスチームオーブンでどの程度からあげがおいしく出来るかです。
使っている機種は日立のMRO-BV100です。

以前使っていたオーブンも日立のものでしたが、スチームオーブンではないものの、からあげを焼いて作ることが出来ました。今回作ってみたのはYOMEさまのレシピからケンタ風チキンです。(←これはめっちゃおいしいので絶対にお勧めです)

オートメニューで焼いてみたところ、通常のからあげより衣が厚いこともあって、若干色のつきかたが甘く感じられたので、追加でグリルで8分ほど焼いてみました。
このとき、若干粉っぽさがあったので、オイルスプレーを使って油を表面に吹き付けました。通常のからあげなら、必要ないと思いますが、YOMEさまのケンタ風チキンのような、衣が厚めのものは小麦粉の白い塊が残るので、これがないとダメかな?と思いました。
(鶏肉自体の油を使って焼き上げているので、皮の下がわはとてもよい仕上がりなんですが、上のほうに油分が足りなくなるため)

私が使っているのは、ル・クルーゼのものですが、これはもう廃盤だそうで、入手は困難かもしれません。

他のものを試したことはありませんが、イオンとかでも安いプラスチックボトルのものとかが売られています。パンの型にオイルを吹き付ける目的で買ったのですが、バーベキューのときとかにも使えて、案外便利です。

さて、味のほうですが、さすが10年のテクノロジーの進歩はあったようで、内部の肉はとってもふんわりとおいしく仕上がっていました。が、外側は、揚げたほうがおいしかったと思ったので、次回は最初からオイルスプレーを吹きかけて試してみます。
また、鶏のハーブ焼きのオートメニューもあるので、こちらも試してみたいところです。

ちなみに、一緒に添えてあるものは、ポテトパフです。これも一緒にやいてみましたが、次回はちゃんと口金を使って絞って焼いてみたらきれいかも、と思いました(^^;

手作りおやつとエコクラフトのCDケース

離乳食おやつ・プリン

今日はフランスパンを焼くために買ったスチームオーブンでプリンを作ってみました。せっかく買ったのに、フランスパンのオートメニュー以外にろくにスチームオーブンの機能を使ってませんでした。買うまではかなり真剣にリサーチして、鳥のからあげがおいしくできなくちゃダメ、とか思ってたのに、それすら使ってないんですから・・・(^^;
↓私が使っているオーブンはこれ。日立MRO-BV100


冷蔵庫には先日安売りしていた牛乳が数本あって邪魔だったし、離乳食のおやつにプリンっていうのは定番。私も大好き♪
こういうレシピはシンプルに覚えるほうが簡単なので、私は牛乳500ccに卵3つ、カラメルに甘みは入ってるので、ごく少量のオリゴ糖と砂糖を足した程度のもので作りました。

やっぱり手作りプリンはおいしいです。オーブンの機能にも過不足なく充分満足いくものが作れました。これからはオーブンの機能をいろいろ試してみようと思っています。
エコクラフトのCDケース

先日、作ろうと思っていたCDを収納するケースが完成しました。以前図書館で借りてきた本に、ふちの形が面白いものがあったので真似てみたんですが、ちょっと長く作りすぎたみたいです。片手で持つと、少しゆがみます(笑)
CDを収納するためのものはスクエアぐらいのサイズで、小さめに作るほうがよいみたいです。できればふちも重ねられるようなシンプルな形状のもののほうが良いかと・・・これ、何か別の用途に使おうかなf(^^;

とりあえずこれでCDは全て収納できることがわかったので、また増えたときにでも作ります。

コーヒーメーカー発見

エスプレッソメーカー

子供のものを整理しないと、どうにもならなくなってきました。生後すぐから、あっという間に育っていく赤ん坊・・・。次々と季節は変わり、服も変わるものだから、とりあえず使わないものを紙袋に入れてどこかに入れたはずなんですが、出てきません。去年使っていた長袖の服、どこにいったんだろう、と探し始めてすでに数週間たちました(笑)
今日は我が家の宝物庫(もといガラクタの詰め込まれた棚)を探索していて、先日来気にかかっていたコーヒーメーカーを一つ発掘しました(^^;
ここから価値のあるものが出ることはまれなんですが、いつかは整理しようと思いつつも、まったく手のつけようのないスペースになっています。

巷では鉄やアルミの価格が高騰して、ゴミ泥棒まで出るくらいですから、家に来てくれたら、好きなだけ使わないセルクルやケーキの型をあげるのに、と思ってます(笑)
石狩市では、空き缶やペットボトル以外は「資源」ではなく、「燃えないゴミ」の扱いにしかならないので、ただ埋め立てるゴミになるのはあまりにももったいない・・・。で、捨てることもできずにいます。まぁ、先日アルミスコップの先端を出してみたら資源ごみとして回収してくれたので、もしかすると回収してくれるかもしれませんが。

それはともかく、このエスプレッソメーカー、私が記憶しているものとはまたちょっと違うので、あと二つ三つは買っていたようです。やっぱり捨ててしまったのかもしれないんですが、探索は続けてみようと思います。

ちなみに、私が今気になっているコーヒーメーカーはこれ。

エスプレッソと普通のコーヒーが入れられるハイブリットタイプです。こういうのが気になり始めたのは、かんちゃんの影響です(^^;

物を整理することを始めようと思うと、あれこれ必要なものがまた出てくるもので、エコクラフトでCDを収納する箱を作ることにしました。
あまり面白みのある作品にはならないと思いますけど、整理しないといずれアカネちゃんに手裏剣にされそうです。

・・・その前に防御しなくては(^^;

クリスマス飾りを作る

クリスマスの飾り

このところ、アカネちゃんが夜中に寝てくれない日が続いているおかげで、日中はぐっすりと寝てくれます。子供とのコミュニケーションをする時間が少なくて少しさみしさを感じるほどです。
子供と遊ぶ時間(機嫌よくしていてくれて、笑顔を見ることの出来る時間)が少ないと、子育ての大変さばかり感じてしまいます。だから疲れを感じるんでしょう。
まぁ、毎日2時間ぐらいしか寝ていないと、どうしたって疲れますけど。

それでも、昼寝をする習慣がない私は少しの時間でも惜しんで何かをしてしまいます(^^;
今日はこんなものを作成。
先日完成させたタペストリーの横にかける、房のような飾りです。
ひも状に作った布の紐を三つ編みにして、クリスマスのかざりっぽいものを適当にさしていきました。
こんなものしか犬と幼児の居る家では飾れません。
そのうち布でツリーも作りたいと思ってるんだけど、いつになるかなぁ(^^?

本を買う

とうとう、楽天のカードを作りました。
なぜって本好きの私にとって、本が安く買えるのはとても魅力だったので(^^;
本を買うときは、書店の山積みになった本の中から期待に胸を膨らませながらあれこれページをめくってはどれにしようか迷うのが至福の時。でも、なかなか大型書店にいけないときにはやっぱりネットで注文っていうのが楽なんです。それに少しですけど、安いですから。

入会のポイントが2000円分のほか、3000円のキャンペーンポイントがつくはずなので、さっそく買い物をしました。
↓今月新刊が出たばかりの崖の国シリーズの最新刊。

HPのプロフィールのほうに載せていますが、これを超えるファンタジーにはもう5年以上出会っていません。

それから、「ハウルの動く城」で有名になったダイアナ・ウィン・ジョーンズの本。

このところこの人の作品があまりにも多く翻訳・出版されているものですから、購入が追いつきません(^^;
ファンタジー好きにとっては、うれしい悲鳴ですけど。

水曜日はポイント4倍だそうなので、しばらくは水曜日に本を注文することが増えそうです♪
(↑すっかりポイントという罠にはまっているw)

ミトンのリフォームとバタール研究

リフォームしたミトン

ミトンのリフォームが完了して、さっそく今朝から使い始めました(^-^)
二つとも同じ生地ですけど、形が違うのは元の形が違うからです。へたくそなリフォーム技術のせいだけではありません(^^;

さて、今日はバタールを成形していて、少し生地の伸ばし方がわかったような気がしました。せっかくなので、画像は大きめにしました。クリックで拡大して見れます。
今日も焼き上げの前と後で、置き方を間違えたので、焼き上げ後の位置がぎゃくになってます。
バタール・焼く前と焼いた後の比較

バタールを違う角度から見る

成形のときに生地の伸ばし方が悪くて脇が割れるんじゃないかと思っていましたが、この問題は二本目を成形しているときにふと思いついてやってみた方法が功を奏したのか、うまく細長く伸びて、しかも脇が割れませんでした(^^)♪

あとは、クープの入れ方・・・。回数こなせば、それなりに上達はしてくるみたいです♪

オーブンミトンのリフォーム

汚れたオーブンミトン

ちょっと画像ファイルのトラブルで、全体像が撮れなかったんですが、私の使ってるオーブンミトンはボロボロで、こんな状態でした。
最近では、中の綿もへたってるのか、オーブンからパンを取り出すと熱くてつかんでられないときもあります(^^;

そろそろ買い替えかなぁ、と思って、私の大好きなシリコンでなにかよいミトンはないかと出かけるたびに探していました。
が、なかなか好みのものがありません。

布のものはどうかと見てみると、かわいいのもいっぱいあるし、おしゃれなのもたくさん。でも、こういうものだとすぐ作れそうって思ってしまうのが私の習性(笑)

で、犬が破ってしまったクッションカバーの生地を中生地にして、表は古いクッションカバーで、生地自体はしっかりしていて、とても気に入っているものを使ってリフォームしてみました。(元生地はさすがに捨てましたw)
リフォームしたオーブンミトン

子供が昼寝をしている間の数時間で手縫いで作ったのでかなり雑ですが、中に生地をあてたことで、少しは耐熱性も上がってることを期待しています。
おしゃれなナチュラル系ミトンを作りたい気持ちはあったんですが、しばらくはこれで・・・・。次のリフォームのときにはかわいいものを作りたいと思ってます。

この手を突っ込みやすい、浅めの形が私はとても気に入ってるので、もう一つもリフォームしようっと。それと、忘れずに子供用の小さいのも、おままごと用に作っておかないとね♪

木の積み木?平成と昭和の比較

昨日は近所の3匹目の犬を飼った家に、子犬を見に行ってきました。
子猫ほどのサイズの、小さな子犬と、モモ・タロの足の下をくぐれるくらいのサイズの犬たちに囲まれて、しばしウチのわんこたちが小さかった頃や、里親さがしで子犬の世話をしていた頃を思い出しました。
服の中に入ってこれるサイズのわんこ・・・・懐かしいです(^^)

さて、そのお宅では不要になったという積み木を一ついただいてきました。
文字の入った木の積み木です♪
木のおもちゃが大好きな私・・・・喜んでもらってきました。
こんな積み木で字を覚えることはないことは経験済み。ではなぜ喜んでいるかというと・・・・我が家の古い積み木では、ドミノに限界があるので、もっと欲しいと子供の頃ずっと思ってました。(←所詮遊び方はこうですw)

家に持って帰って一つ一つ見ていたら、時代が反映されているなぁ、と思うものがたくさん。
同じものでも絵柄が新しいです。
まず、テレビは脚つきじゃなくなってます。
それに、写真右側のほうは、北海道の名産の農作物だったりするものも多く、もしかして北海道バージョン?!と思ってしまうようなものもあります。
木の積み木・比較1

そして、羽子板はハト、たこはタヌキに変わってます。今の子はきっと判りませんから(笑)
昭和の積み木のほうは1960年代の後半に作られたものだと思いますが、高度経済成長のさなか。化学が夢を見ていた時代です。アポロもこの頃だったでしょうか、「ろ」はロケットなんですね。今はAIの時代、ロボットですけど。
木の積み木・比較2

こんな比較が出来るのも、木のおもちゃがどんなに使われても長持ちすることのおかげ。多分、この二つの積み木は、ずっとずっと家に保管されることになると思います。
次の世代にはどんな絵の積み木になってるんでしょうね。

エピとバタール、おからクッキー

今日のベーグルとフランスパン

KAZが出張なので、今朝ものんびりとパンとクッキーを焼きました。レーズンベーグルとおからクッキー、いつものフランスパンです。
一部は、近所の家で3匹目の犬を飼ったというお宅に、子犬を見に行く手土産になる予定です。

今日はバタールを2本焼こうと思っていたんですが、ベーコンを巻き込んで伸ばしているうちに、前回同様、生地の断裂のようなものが出てしまいました(--;
で、脇が割れるくらいなら、自ら切ってしまえ!ということで、エピになりました(^^;

↓私がお気に入りのこの本。

だいたいこの本のとおりにやると、クープは開くんですが、脇が割れないようにするための技能が未熟なんでしょう。生地を伸ばすときに若干生地の断裂が出てしまいます。

これはベンチタイムが短すぎるのか? と思って今日はけっこう長めにとってみたんですが・・・。ねじれも出てしまって、生地の断裂も気になる。そのまま焼く気になれない状態だったんです。それも焼いてみたら少し今後の研究に役立ったかもしれないんですけど(^^;

うまく生地を伸ばすためには、あのちょっとべたつき気味の生地の状態はやっぱり必要なんだと思います。
そして、パンマットも。

さて、そろそろオーガニックのキャンパス地をさがさなくちゃいけないかな?

仕切りのついたエコクラフトのかご

エコクラフトのカゴ

今日は数日がかりで作っていた、エコクラフトのカゴを完成させました。
このしきりのついたタイプを一つ作ってみたくて作ったので、何か目的があるわけでもなく、何に使おうかこれから考えます。
今回作ってみたのはこの本から↓

ナチュラル系がつまった、おしゃれなかごがいっぱい載っています。
もっと作りたいところですが、目的なく作ると後が大変なので、今回はこのへんでやめておきます。

今は、子供の洋服の整理するものだとか、リビングを整理することを考えたいんですけど・・・・。どうも現実から逃避しているようです(笑)

ブルーベリーベーグルとバタール

ブルーベリーベーグルとフランスパン

今朝はKAZが健康診断のため、朝食の用意はいらないということだったので、のんびりとじっくりと観察しながらパンを焼きました。焼きたてを食べるのは私一人なんですけど。(←なにがあっても焼くw)

いつもはパンのほかにもお弁当と朝食、離乳食を同時に作り、洗濯も一緒にやっていますから、これを全て1時間ちょっとでこなすのはなかなか大変です。
打って変わってのんびりとした朝です。
おかげで、バタールの脇が割れるときの生地の状態がどういうものなのか、気づきました(--;

焼く前と後で、同じように置いて写真をとればよかったのに、勘違いして逆に撮ってしまいましたけど目をつぶってください。
バタールのクープ・焼く前と後

向かって左の焼く前の生地・・・・締めすぎで脇のあたりの生地が薄く、ちょっと表面が断裂した感じになっていました。締めればよいってものではないんだよなー、と反省。たぶん、ここが割れるだろうと思っていたら、やっぱり割れました。
焼き上がり右のクープが筋目になっているのは、そのせいです。

生地はいつものとおり、粉300gに水190cc強、ドライイースト2g弱です。
片方はベーコンを芯に巻き込んだので、細長い成形になりましたが、バタールと同じ成形です。
今日の生地の状態は最高によくて、パンのおしゃべりがながく聞こえていて、皮もおいしかったです。

今晩は牡蠣のブルスケッタにしようかな♪

丸メッシュ型のサツマイモパンとケフィア酵母のカンパーニュ

今日のパン

丸メッシュ型であまりにも見事な円筒に焼けたので、今日は丸ごとの画像です(^^)
天然酵母で焼こうと思うと、どうも膨らみ方がはかりきれないものですから、ドライイーストで焼きました。
生地にゴマを混ぜたので、ぶちぶちと黒ゴマが張り付いていますが、中には角切りのサツマイモが巻き込んであります。

カンパーニュのほうはケフィア酵母です。といっても、全粒粉もライ麦もなしで焼いているので、カンパーニュか?って感じのものですけど。
オーブンから取り出した瞬間、重い、失敗?!と一瞬思ってしまったのはバタール病でしょうか(^^;
即、カンパーニュは重くていいんだと思いなおしました。

パンマットをまた洗いたいなー、と思ってます。本当は洗ってはいけないことは重々承知の上なんですけど。(それが判っていたので、10年も宝物庫で眠らせてしまった)
一体、どれだけの人が洗わずにパンマットを使っているんだろう、と疑問に思うこのごろです。どっかで統計をとってないものでしょうか(・・?

ぶどう狩り

ぶどう狩り

今日はぶどう狩りをしました。・・・といっても、庭のウッドデッキで(^^;
だいたいこの3倍を収穫したんですが、まだ採ったのは半分以下です。

関東の友人の家では、あんどん仕立ての鉢植えでも、近所におすそわけするほど実ったという話を聞きましたが、ぶどうは比較的簡単に実るものみたいです。
関東だと柿やビワぐらいしか実らないイメージがあったんですけどね。

来年はもう一株植えようと考えていますけど、今度植えるのは早い時期に実って型のよいタイプにしたいと思ってます。ウチの巨峰は、たくさん実るのだけど実が落ちやすく、房が歯抜けになってしまいます。
これだと、ちょっと近所配るには不向きですから。(←でも配るw)
色づく時期もかなり遅めなので、長く楽しむためには、品種選びを念入りにしようと思ってます。

・・・・実るまで3年計画ですけどね(^^;

コーヒーを飲む

コーヒー好きなので、かんちゃんが欲しいと言ってたドルチェ・グストを近所のセブンイレブンとイトーヨーカドーで試飲してきました。

昔、すかいらーくでこういうタイプのあわ立ちコーヒーが出た当初、すごくおいしかったので、かなり惹かれた時期がありました。
が、だんだん味が落ちてきて、こんなもん?っていうのも飲んできたので、あまり興味がなくなっていました。かんちゃんの話を聞かなかったら、多分わざわざ試飲しに行こうとは思わなかったと思います。

実は、カフェ・ドルチェのポーションを本屋で無料で配っていたのでもらってきました。で、粉を使って普通のコーヒーメーカーで入れてみたんですが、泡が立っていないだけで味は一緒でした。(←当たり前w)
できればね、エスプレッソが飲みたいんですよ。ポーションをばら売りして販売してくれたら、試飲コーナーで試してみたいくらい(笑)

最近、コーヒーカップがジノリだったりするような、本格的なコーヒー専門店に行ってないので、だいぶ味を忘れてしまっていますけど、青山あたりのコーヒー店で飲む「楡」はおいしかったなぁ、と思い出します。

私の好みのコーヒーは比較的炒りの深めのフレンチローストぐらいの豆。それをがりがりとミルを手で挽いて、コーヒーポットでネルのドリップを使って入れるのが最高だと思ってます。
なかなかゆっくりと時間が取れないのでそういった道具も持っていないんですけど・・・・。
それが出来ないので、たしかにあわ立ちコーヒーはおいしいのだけど、結局、普通のコーヒーメーカーで充分だと思ってしまうみたいです。

でも、どこかにあるはずの、私のエスプレッソメーカー・・・探してみようと思ってます(^^;
たしか、こんなのと、

こんなのを持ってたはず。捨ててなければ、多分。

パンとジャム

イングリッシュマフィン風パン

今朝はふと思い立って、いつものパンのほかに、イングリッシュマフィン風のパンを焼いてみました。
「風」というのは、イングリッシュマフィンの型を持っていないので、ほとんど丸パンになっているためです(^^;
まぁ、型自体は、ほとんどコストをかけずに作れるものなんですけど、思い立ってやったものなので。

こういうパンの時って、ジャムとかシロップの役割がおおきいと思います。
私はマックのエッグマックマフィン(朝食メニュー)みたいなのが好きなので、ベーコンエッグをはさんでもOKなんですが、KAZはフォークで周りにざくざくと割れ目を入れて、ソントンのメープルジャムを載せて食べていました。
↓ソントンのジャムってわりとおいしくて好きです。

私はマンゴージャムがお気に入りです。


さて、普段は手作りジャムが主流の我が家ですが、時々はこういったジャムやサンダルフォーのような手作り風においしいジャムを買ったりしています。

でも、ちょっと値段が高めなんですよね(^^;

で、先日パン材料をよく頼んでいるお店で試食した赤ワインのジャムをアレンジして紅茶のジャムとかを作ってみたいと思ってます。
必要なものはコレ。

果物なら煮詰めるだけでゲル化しますけど、そうでない原材料のものを使う場合には必須ですね。以前、ゲル化させるものとしてコーンスターチを使ってためしたり、酵素はどうかと試したこともありましたけど、やっぱりペクチンがベストでした(^^;

元同僚へ、ジャム作りのヒントを交えて今日のブログは終了します。
では。

バタールのクープ

バタール焼く前と後

人に問題提起しておいて、自分は傍観者になるのもどうかと思って、またバタール研究をしています。本当はこっそりやろうとおもったんですけど。
今日は焼く前と後で写真で記録を残そうと思ったのに、思いっきり変なクープをいれてしまいました(^^;
普段はもっと縦長で、中央よりの位置に入れるよう努力しています(←つまるところ、いつも失敗してるってことw)
一番下だけぱっくり開いて、上は全然。多分、成形にも問題があったんだと思います。今日は生地が底割れしないように、それだけを考えてましたから(^^;

ポテトのパンとバタール

このほか、今日は北海道らしくじゃがいもをくるんだパンも焼きました。
あとはいつものベーコンエピ。生地はいつものとおり作っているんですが、最近どうもパンが重めです。水分の飛ばし方がうまくないのか・・・?
課題たっぷりのパンでした。

昨年漬けた梅酒

昨年漬けた梅酒

梅酒って、本当はある程度漬かったところで梅を出すものなんですけど、さすがに妊婦だった昨年、そんな悠長なことはしれいられなくて、そのまま漬けっぱなしにしてしまいました。
妊婦のくせに近所のスーパーに10キロの梅を買いに行ったこととか、それを処理するためにどれだけ大量の梅干を作ったか、なんてことはこのさい目をつぶってください(^^;

それはともかくとして、あきらかに梅の量が多すぎるこの梅酒。今度はこの梅をどうしようかという問題が出てきました。
漬けた時は、これで梅が片付いたと思っていましたけど、単に先送りになっただけだということに今更気づきました(--;

いつもであれば、これは梅ジャムなんですが、今年はちょっと違います。
ずっと前からやってみたかったウスターソースを作ってみようと思ってます。
ウスターソースはイギリスのウースター地方の主婦が考案したものだという説を聞いたことがありますが、昨今現地でも実際に作る人ってそんなに多くはないと思います。
そういうことにこそ、私は興味をそそられます。

今、家に買い置きしてあるソースも半年に1本程度しかなくならないのに、作ってどうするか、って問題はあるんですけど・・・・。しばらくの間ソース使用強化月間を宣言して、ストックを消費して挑みたいと思ってます。
さて、今買い置きしてあるソースの消費にどれくらいかかるんでしょうね。

・・・年を越さないといいんだけど(笑)

アーモンドクリームのパン

アーモンドクリームのパン

このところ、甘いものが食べたくなることがあってアーモンドクリームを載せたパンを焼いてみました。ドライイーストを使って、卵やバターの入った生地にアーモンドクリームを載せて焼いた甘いパンなんて本当に久しぶりです。

メロンパンとかもそうなんですけど、パン生地がぱさついていておいしくなかったりするのが嫌いなんです。
小さめに作ったので、もしかしたらぱさつくかもしれないと思いましたが、型に入れて焼いたせいか、しっとりとおいしく出来ました。生地が多少まずくても、中にレーズンや胡桃を入れておいたので、それでごまかしてしまおうと思ってたんですけど(^^;

もう一つはいつものフランスパン。
ベーコンエピはともかく、水分少なめの生地で綴じ目をうまく閉じるのが下手みたいです。今日も・・・前回以上に底が割れました。
なかなか実験の目的にたどりつけません(TT)
失敗フランスパンとベーコンエピ

今度はつなぎ目に水をつけてみようかな(・・?

ママキッチンのプチ・リフォーム

北海道はもう寒くて、とても木工をする気分ではないんですけど、ちょっとだけガレージでママキッチンのリフォームをしました。
蛇口部分の拡大

蛇口の部分がボンドでくっつけていたものですから、子供がいじっている間にはがれてしまって・・・このままでは冬の間、壊れたままだと思ったので急いで直すことにしました。

木工ママキッチン

木で作った蛇口

製作当初の形状はこんな感じ。ちょっとは蛇口らしい形へのリフォームだと思います(^^;

ケフィア酵母のワッフルとフランスパン

クープ拡大

なかなか美しいクープです・・・・。
が。
全体はこんな感じ。
天然酵母のワッフルとフランスパン

(ToT)(ToT)(ToT)
なぜこんなことになったのか、考えてみると、生地の水分をkojikoさんの実証のとおり減らしてみたところ、生地のつなぎ目がうまくくっつかなかったため、その箇所が開いてしまったようです。
私ってば、基本でしょうっ!って失敗ばっかりしてます(--;
でもまぁ、ベーコンエピはおいしかったし、フランスパンの味もちゃんとしていました。

今日のワッフルは、自家製天然酵母/ケフィアで作ったのですが、理由はただ一つ。
どうもケフィア酵母はキメの粗さが気に入らないんです。
酵母はうまく出来るんだけど、食パンとかを焼いたときの、クラムの部分が満足いかないんですよね(--;
ウチの場合、こういうパンはわんこたちのおやつになります(爆)
自家製天然酵母の手作りのおやつをもらえるなんてなんて贅沢なわんこたちなのかしらっ! なんて(^^;

・・・・ゴメンナサイ。

でも、喜んでるし、ももちゃんのほうなんて、大事に大事にとっておくくらいだから、いいよね。
今度また、オーブンの予熱でジャーキーでも作ってあげるからさ。

ホームベーカリー不調

このところMKのホームベーカリーが変な音を発するようになりました(--;
キィキィとすごい音を立てています。

MKに決定した理由は「まりの部屋」の情報からだったんですが、そこにも書かれていたとおり、案外すぐ壊れるものみたいです。ナショナルを使っている友人の話では、私より長く使っているのに、何のトラブルもなく、内窯もきれいだそうです。
だいたい家電っていうものは、保障期限がすぎると不調になるものですけど、まぁ、3年もったからいいほうだと思います。内釜を買い換えてからもほぼ1年経ってますし。

昨年内窯を買い換えた時は、底から中身が漏れ出す状態でしたが、窯のテフロンも傷がついてぼろぼろでした。このときハネを買い換えなかったので、ハネのテフロンも今でははげてひどい状態です。

で、そろそろ次の道具を検討し始めています(^^)
子育てに追われてパンを焼く時間なんてなくなるんじゃないかという懸念は、この一年で吹っ飛びました。産後すぐから毎日生地を捏ねる道具としてHBを使ってましたし、次はやっぱり耐久性重視よね、って思ってます(^^;

で、やはり定評のあるレディースニーダーがよいかと考えています。

もちつき機も生地の仕上がりには差がないという話でしたけど、耐久性にはまだまだ疑問が残ります。それに、味噌づくりに使おうと思っていたら、叔母が「つぶつぶした大豆の形をしたのがあって、手作りっぽくていいわ?」と喜んでくれていたので、不出来な潰し具合の味噌はよいことにしました。

あとは捏ねる生地の容量を決めて、タイミングをみて買い替え♪
が、この容量がまたネックでどうしようか迷ってます。
この迷う時間もまた楽しいんですよね(^^)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本