Entries

合わせトヨ型で作ったおからパン

あわせトヨ型を使ったパン

思いっきり失敗してしまった合わせトヨ型を使ったパンです(^^;
私はキッチン用品やパン作り関連のメルマガをかなりの数購読しているんですが、先日はこれが入荷したとのメルマガが入りました。

私がメッシュ型と合わせトヨ型を購入するときに品切れで、あれから随分たつのにようやく入荷?
と思って、見てみたらそのときすでに残り65個ぐらい。翌日はもう売り切れていました。
すごい人気商品なんですね。
あー、そうそう、トヨ型持ってるんだし使わなくちゃ、と思い立って急に生地を分割して入れた結果こうなりました(^^;
(それまではイングリッシュマフィン風にしようと思ってたw)

合わせトヨ型やメッシュパン型は、さほど失敗するものではないんですけど、今回失敗してしまった理由は、生地が膨張しやすいホエーを使ったこと、おからを混ぜた生地だったので、普段の生地と要領が違ったのが原因。
はじめからトヨ型やメッシュパン型で焼くと決めて生地を捏ねれば、そうそう失敗はないことを重ねて書いておきます(笑)
今日のバタールとエピ

今日もバタールを焼きましたが、生地の微妙な感覚をレポートするのは案外難しいもので、何かはっきりと判ることがあったら書くことにします。
今のところ、縦長に入れたクープがちゃんと開いてくれることが進歩だと思ってます(^^;
スポンサーサイト

バターを使わないクッキー

バターを使わないお菓子

産後の母乳育児のおかげで、いくら食べても太らない幸せな生活をしています(^^)
むしろ今年の冬は冬太りしなかったこともあって、若干いつもの年より体重は軽いくらいです。
で、なぜバターを使わないクッキーを作ろうというのか、というと・・・。

お菓子作りをする人は知ってると思いますけど、今バターが品薄です(TT)
普通のスーパーでも、特別安売りをしているわけでもないのに、一人2個までしか買えませんし、カートンが並んでいた棚には「使いきりサイズ」の少ない量のものが並んでいます。

北海道に来てからというもの、地産地消を心がけていますけど、こんな年って初めてです。
毎年時期になると、バターの安売りをするくらいですから。

バターがないとなると作れるお菓子はかぎりがあります。すぐに思いつくのは、シフォンケーキやブッセのようなものか、プリン、ヌガー、和菓子みたいなもの。

でも私、クッキーが食べたいんです。

いちいち冷蔵庫をあけたり、包丁を使うことが、今どれだけ面倒に感じることか(爆)
子供がちょっと目を離したすきに何をやらかすか判らないものだから、おちおち家事もろくに出来ないので、そんな時間すらもったいないんです。

で、バターを使わないクッキーを探してみたらビスコットというものがあることが判りました。
ま、シリアルバーとニアリーイコールなものみたいです(^^;

切ってスライスしたものをラスクのようにもう一度焼くのが特徴ですけど、中に混ぜるものは自由なのでとりあえずミューズリーをつかってみました。
このミューズリーは札幌の地下街で買ったんですけど、これで使い切ってしまったのでまた買っておかないと(^^;

おからをもらったので、おからを入れて作るバターを使わないクッキーも作ってみたいと思ってます。

バタールとベーコンエピ、自家製酵母パン

バタールとベーコンエピ

今日のバタールはとっても軽くて、気泡もクープもそこそこ出ました。でも皮のパリっと感は若干少なめ・・・・これはオーブンの下段でビスコットを同時に焼いていたので、焼き加減が気になって途中でオーブンを開けたせいでしょう(^^;
でも、着実にバタールが完成に近づいている気がします。

さて、今日は先日の種をつないでみたルバーブジャム酵母でもう一つパンを焼きました。
ルバーブジャム酵母のパン

色が付いたほうが重みがあっていいなー、とよそで見たカンパーニュを真似て焼き色をしっかりつけてみたんですけど、重みっていうより、ただ焦げてるみたい(^^;
味は酸味は感じられず、ふんわりとしていました。
・・・これをカンパーニュと呼んでいいのか?と思う出来です(爆)

ルバーブジャム酵母はまだたっぷりあるので、また次を仕込んでおきます。
前に焼いたおいしいカンパーニュが食べたいので(^^;

自家製天然酵母とアレルギー

先週、アカネちゃんの採血によるアレルギー検査の結果が出ました。
微量に反応するものはあるものの、日常生活で気をつけなくてはならないほどのものはなく一安心です。ま、私も食物に関してはなにもアレルゲンを持ってませんし、アレルギーって遺伝がほとんどの要因だそうですからね(^^;

さて、アカネちゃんの湿疹は乾燥によるものである可能性がほぼ決定したわけですが、せっかくなので(?)天然酵母パンの謎を追求してみたいと思ってます。私が疑問に感じているのは、

天然酵母パンを食べるとアレルギーが改善する。

という説です。あちこちで耳にするものですから、実際に良い作用が出る人もいるのでしょう。

でもこれ、どう考えても天然酵母自体に原因があるとは思えません。
ドライイーストは、工業的に扱いやすい性質をもった酵母を廃蜜だったかで培養して作ったものであって、それ自体が悪さをするとは考えにくいからです。

私が考える体調が変化する要因は、
素材一つ一つが良いものを使うことから体によい作用を起こす。
もしくはイーストフードなどの添加物が体に悪い作用を起こす。この二点です。そのほか、病は気から、とも言いますし、なんらかの自己暗示の可能性も考えられます。

もちろん、小麦自体にアレルギーが出る人は、米粉を使ったパンみたいなものでないとダメなんでしょう。
もしかすると、今後天然酵母に関する研究が進めば、何か新しい要因が発見されるのかもしれません。

天然酵母は体によいと言うかたで、何か思いつくことがあったらぜひご意見をください。

私は、ただ面白いからやってみてるだけの自家製天然酵母ファンなんです。

私は健康そのものですが、自家製天然酵母は好奇心が満たされて精神的によい効果が出ていると思ってます(^^;

バタールと白いベーグル

バタールと白いベーグル

今日のベーグルは白い。なぜか? 
それはゆでるときに砂糖を入れ忘れたからです(^^;

気づいたのはオーブンに入れてしばらく経った頃。既に遅し。
ベーグルは色が付きにくいので、ゆでるときにモラセスとか砂糖を加えるんだと思っていますが(焼き色をつけるため?)それがなかったのでこんなに真っ白に仕上がりました。
皮が硬すぎるベーグルはイマイチだと思ってますけど、白すぎるのもあんまりですねぇ・・・(^^;

今日もバタールを焼きましたけど、味はもうフランスパンなのに、今日は重いです(--;
パートフェルメンテ生地と手捏ねで、かなり万全を期したつもりだったんですけど・・・。ま、いつものことなのでまた次に期待します。

ルバーブジャム酵母のカンパーニュとバタール

ルバーブジャム酵母のカンパーニュと普通のバタール

先日麹でおこした酵母に惨敗したものですから、失敗いらずのルバーブジャム酵母でカンパーニュを焼きました。・・・・なぐさめられたい気分だったんです(笑)
もう一つのバタールは、ドライイーストですが、生地の半分はパートフェルメンテ用に冷凍してしまったので半分だけです。
ま、味はいいんですけど、内層の艶がまた出なくて・・・。毎度のことですけど(--;

さて、今日はハルエゾ25キロとついでに最強力粉2キロ、などを買いに札幌に行きました。
つくづく私ってマゾッ気あるんだわ、と思いつつも、プロの味との差に落ち込みたくて(!?)今回もココペライさんに立ち寄ってパンを購入(^^;
ココペライのパン

全部で5つぐらい買ったんですけど、帰りにお腹をすかせたアカネちゃんと分けっこして食べてしまったので、家に着いたときにはこれだけでした(^^;
左側がペルデュハーフ(150円)、右が明太フランス(180円)です。
このほか紅茶ロール、クロワッサンアマンド、パン・オ・ショコラなどを買いました。

実はココペライさんはクロワッサンが売れ筋ナンバーワンなんだそうです。私がハード系が好きなのでそればかり目が行ってしまってるものですから、今回は売れ筋を選んでみました。
チョコ系はKAZが好きなのと、ここ数年チョコチップベーグルでバレンタインをごまかしている埋め合わせです(^o^;

クロワッサン生地でチョコをくるんだパン・オ・ショコラは、私がもともと好きなタイプではないので、大昔に横浜のインターコンチネンタルホテルの朝食バイキングで食べたものとしか比べようがないんですけど、それと同じくらいおいしかったです。ま、どちらも一流の味だということで・・f(^^;

明太フランスのほうは、持って帰ってから今朝の朝食に焼いたバタールと内層をくらべてしまいました。私が焼いたほうが黄色っぽい感じ。粉の種類の違いでしょうね。
もちろん、ココペライのほうは艶がある内層でした。
次はパートフェルメンテ法で焼きます(^^)

捏ねないリュスティック

リュスティック

気分を変えて、今日はリュスティックにしてみました。
今回は私のバイブルというべき本に載っていた、ほとんど捏ねずに作るものです。
↓持ってる方は76Pをご覧くださいw

あまりにも捏ねが少ないので、びっくりするくらい。
そのぶん、いろんな材料がとけ残らないように、下準備は念入りにします。
味のほうはたしかにフランスパン。こんなに簡単にフランスパンの味が出せるんだと思ったら、私の日々の鍛錬がばからしくなるほど。
でも、やめませんけどね(^^;
きれいなクープが開いて、中も満足いくものが焼けるまではバタールは続けます。

リュスティックに興味を持ったのは、アンデルセンのパンを食べてから。
あれはとてもおいしかったので、また機会があったら食べたいと思ってます。

気に入っているこちらの本にもいろいろなパターンのものが載っているのでそのうち作ってみたいと思っています。

近所においしいパン屋さんがないか探しているところなんですけど、なかなか見つかりません。これなら自分で焼くのと大差ないと思うようなパンを買う気にはなれませんし。
いわゆるリティルベーカリーで、ハード系のパンがおいしいところ、ありませんかね(・・?

雛人形も出し終えたので、時間をみつけて検索してみたいと思ってます。

黒ゴマさつまいもパンとバタール

バタールと黒ゴマさつまいもパン

バタールのクープの入れ方を変えてみてから、思っていたように広がらないクープに毎回ため息をついています。味はもう完全にフランスパンの仕上がりなんですけど、クラムに艶がでないしクープの広がり方が気に入りません。
私の理想はこうなんだけど・・・(^^;
ココペライのバタール

↑ココペライのバタール
やっぱりプロが焼いたパンはひと味もふた味もちがうもんですね。

黒ゴマさつまいもパンに入れたさつまいもは、じつは先日米こうじでおこした酵母で焼いたカンパーニュと一緒に作っておいたものです。
酸味のあるカンパーニュと焼き芋

洗ったさつまいもを、そのままオーブンの隅でじっくり焼いただけのものですけど、紅あずまなので、すごく甘くておいしいです。アカネちゃんも食べてくれるし、大助かり♪
お弁当のおかずだけではもったいないので、パンにくるんでみました。

ちなみに、このカンパーニュのほうは酸味がでてしまったので、その日食べ切れなかった分は犬のおやつになりました。(--;

石狩市役所に苦情を言う

今週の私はとても忙しい・・・。
今週末は義父の誕生日だそうで、急遽何か贈ることになってその手配やら、確定申告、病院にもいかなくちゃいけないし、荷物の受け取りもいくつかあります。
今日はまず、できるだけ早くやらなくてはいけない贈答品の手配を済ませてから、今日は市役所に確定申告に行きました。

市役所のロビーなら、子供連れで入れるトイレがあるという先日の回答を信じてこの会場で受け付けている日を選びました。

受付開始時間の10時を少し回ってしまった頃にようやくたどりついたので、すでに番号札は90番を過ぎています。昨年は2回も足を運びましたから、予測はしていたんですけど、やっぱりすごい込み方です。
しばらくして、トイレに行ってベビーホルダーのある場所を探してみると、見当たりません。
多目的トイレかと思って覗いてみてもありません。

まさか?と思って受付に聞いてみると
そういう設備はないという返答でした(TT)

電話で問い合わせたとき、自信満々に答えた税務課の人、大嘘つき!

続きを読む

カルツォーネを焼く

カルツォーネ

お昼にピザを食べたくなって生地を捏ねていたんですけど、ふと気が変わってカルツォーネにしてしまいました。
見た目は巨大ギョウザですね(^^;
思いつきで作ったものですから、ふちの飾り方とか、まったく何にも考えていません(笑)

これはスチームオーブンのオートメニューの「ピザ」で焼いてみたのですが、多少のスチーム機能をつかっているようで、カテゴリが「スチーム」になっています。
ま、無事おいしく焼けたので何でもいいです。
いつものとおり、使っているのは日立MRO-BV100です。

前回中華まんを作ってみたら皮が生だったので、びっくりして説明書をその後読み直してみたら、市販のシュウマイを中にくるんで作るかんたん中華まんに使えるものだということが判明しました(--;
ってことは、私の中華まんは巨大すぎたというわけで・・・・。
私の中華まんは、横浜中華街のサイズをお手本にしているので、直径15センチ近くあります。
機械の故障ではなかったことが判ったのでほっとしましたけど、そんな肉まんは多分今後も作らないと思うので、広めの圧力鍋のほうが需要大な予感がしています。
3つ目の圧力鍋を買うのは、さすがに気が引けるのでどれか一つでも壊れたらの話ですけどf(^^;

ピザと違って良いと思ったのは、パン生地のほうがしっかりおいしく仕上がること。
それと、中でトマトソースとチーズが交じり合った感じがピザよりマイルドに感じることです。
ピザだとチーズが焦げるせいなのか、ちょっとチーズの存在感が際立つように感じるので、チーズを食べてるような気になるんですよね。

私は気に入ったカルツォーネですが、アカネちゃんにはまだ食べづらいと思ったので、ソースをショートパスタにからめてあげました。
ピザを食べたがるようになるのはいつ頃かな?♪

バタールとブルーベリーベーグル

バタールとブルーベリーベーグル

今日のバタールはエッジの立ったクープの出たものもあるんですが・・・ちょっと重めでした(--;
内層も前に出来たあの艶が出ないし、気泡が納得できません。あれがうまくいくとこれがうまくいかない、の繰り返しですけど、まぁ着実に少しずつ前進していると思って続けています。

最近変えてみたのはクープの入れ方。
ウェンガーのナイフで入れているので、少し深くなり気味だということに気づいて、ごく浅く入れるようにしています。

このナイフ、なにかと重宝している↓の本の作者が使っているというので購入したもの。

ものすごくすぱっと切れるので、力加減で生地に深く入りすぎてしまうことがあることに気づきました。で、ごく浅くいれるようにしてみたら、エッジが立ちました(^^;

生地のほうが安定して作れないので、まだまだですけどね。

いろんな物の物価が上がって、小麦粉も3月から値上げだと聞いて、あわてて強力粉25キロを頼みました。30%の値上げだという話ですから、これは家計におおきく影響します。
また次もハルエゾの予定です。なにせ、食べ比べで一番おいしかったものですから(^^;
こういう粉はリピートしてしまいますね♪

そりでお買い物デビュー

北海道に来てはじめての冬、とても驚いたのが買い物にソリを使うことでした。

当時住んでいた札幌の街中で、大人が空のソリをひいて横断歩道を渡っていくのをよく見かけました。ソリ遊びに行くとも思えず初めは疑問でしたけど、すぐに理由が判明しました。
買ったものを載せてひいて帰ってくるためだったんですね。

冬になると、買い物に子供や荷物を載せたソリをひいて歩く人の姿は、こちらではごく普通に見られます。
それに今日初めてデビュー(?!)しました(^^;

やってみるとすっごく楽だし、子供をだっこしていてもたくさん買って帰れます。
道産子の生活の知恵だなー、なんて感動しました。
子供がいると、たくさんの買い物は本当に大変です。妊婦の頃、10キロの青梅を買ったりしてましたけど、今8キロの子供を抱えて買い物をするほうがずっと大変(笑)
もう少しすると言葉もわかるようになって、ちゃんと付いて歩いてくれるようになるんでしょうけどね。
1歳児を連れての買い物は大変です。

さて、昨日は月に一回の育児サークルの日でした。

続きを読む

チョコチップベーグルと軽いバタール

チョコチップパンベーグルとフランスパン

バレンタインデーなので、今日は全粒粉入りチョコチップベーグルにしました。
去年もこんなんでごまかしたことを覚えてる人は目をつぶってください(笑)

さて、今日のバタールはちょっと違います。
前にココペライのバタールを買って来たときに、その軽さに感動すらしたものです。
KAZもそれには違いを感じたらしく、「ウチのは小麦粉がたっぷり入ってるんだよ」なんて慰めてくれました(^^;

そのときそう言われて気づきました。私のバタールは二次醗酵が甘すぎるということに。
生地の膨張力がクープの開く要因になるということは判っていたので、若干醗酵を短くするようにしてはいたんですが、冬の間はどうしても醗酵がうまくいかず、かなり弱めになっていたんだと思います。

今日のバタールは、二次醗酵を夕方にやって、オーバーナイトで常温醗酵してみました(^^;
粉300gに対してイースト1g、予備発酵ありです。
軽く焼けたバタール

クープの開きは全体に甘すぎるくらい・・・・。
クープ拡大

でも、耳の立ったクープもあります。

ま、ささやかな前進ということで・・・・(^^;

アーモンドクッキー

今日はあと、私の大好きなアーモンドシュガーボールを焼きました。
バターが品薄なので、なかなか作れませんけど、冷凍庫で保存しておいた生地が少しあるので、時々パンと一緒に少しずつ焼いています。
ちょっとだけ焼けるので、食べ過ぎないので気に入ってます。

しまじろうを許す

私のしまじろう嫌いは、ベネッセの営業のしつこさや美的センスのないキャラクター、しかもなぜかだれもかれもがやるという個性のなさから、絶対に私の趣向でやらせはしないと断言するまでになっていました。

このしまじろう嫌いは近所の人のことで加熱していました。
私がアカネちゃんより一つ年上の女の子のお母さんを、私の参加している育児サークルに誘ったとき、彼女のご主人の反対があって参加できませんでした。
このときの理由が

「子供が周りの子と同じように出来なくて挫折感を味わったらどうする」

というもの。
彼女、初めは乗り気だったんですけどね。私は小さいうちに人のなかに入っていくほうが、大きくなってからいきなり小学校や幼稚園といった集団に入るより、ずっといいんだと言ってみましたが、その返答は

「ウチのダンナは幼稚園に行かなかったけど、大学に行ったからね」

という答えでした。

続きを読む

ルバーブジャム酵母のパンとル・クルーゼ

ルバーブ酵母のフランスパンとカンパーニュ

ダメもとでフランスパンを天然酵母で焼いてみました。二次醗酵をオーバーナイトでやってみたんですけど、酵母の量が少なめだったのか、膨らみがイマイチでした。
内層はそこそこ気泡も出ていたんですが、艶が出なくてがっかり。でも、味はだいぶフランスパンらしいものに仕上がってました。
このクープの広がり方が納得できないので、またリベンジします。

カンパーニュのほうは、というと・・・。
カンパーニュ

やっぱり変な割れ方ですが、一応満足な仕上がりでした(^^;

さて、今日はわが家のジンギスカン鍋を紹介します。
なんと、ル・クルーゼを使ってます(^^;
ル・クルーゼのジンギスカン鍋?!

マニアな人は、これを見て、こんなセットがないことにはすぐ気づくことでしょう。
それもそのはず。
と、の蓋を組み合わせて使っているんです。
夫婦二人だったときは、これで充分足りる量だったんですが、最近は子供も食べるようになって、全然足りなくなってきました。私が子供の食事に手間取ってると、いつも食後はお腹がすいてパンをかじったりしているものですから、そろそろこれで食べるのも限界みたいです。
ホットプレートもあるんですけど、出すのが大変で結局使わないんですよね(^^;

ちなみに、

のほうは、鍋二人分には最適な量なので、冬になるとよく登場します。

これも、いずれは足りなくなってくるんだろうなー、と思ってます。
家族が増えると、鍋の需要も増えることに今更気づきました。やっぱり夕飯の品数を増やすというのが一番最良の策なんでしょうね(^^;

自家製ウスターソースとコストコ食材

自家製ウスターソースを使ったパスタとサラダ

先日作ったウスターソースが、だいぶ味がなじんできたので料理に使ってみることにしました。
レシピは某ソースメーカーのレシピを参考にしています。
手前がウスターソースを使ったアンチョビのパスタです。
奥は塩で軽くもんだキャベツにごま油と荒挽き胡椒をかけて、トッピングにコストコのフライドオニオンをトッピングしたサラダです。

玉ねぎは、パンを作るときにオーブンの片隅にホイルにくるんでおいたものを使っています。ちゃんと火の通った玉ねぎって、砂糖の10倍ぐらいの(たしか?)甘みが出るという話ですけど、ほんとに甘い。
以前、叔母がコストコで買った炒め玉ねぎのペーストを送ってくれたことがあるんですが、それを使ったカレーがとてもおいしかったので、こういう手抜きを考えだしました(笑)

だって、原材料は地物がたくさんあるし、私はせっかちなのでじっくり炒めるのは性に合いませんから(^^;
まるごとホイル焼きにした玉ねぎを刻んで、ほんのちょっとの油で炒めるだけで簡単に炒め玉ねぎペーストが出来るので、最近のお気に入りの手抜き法です。

こんなことを公開してしまうと、長野の友人がまた手抜きがうまいとほめるんだろうなー、と思いつつ(--;

・・・ほめ言葉なんだと思うようにしてますけど、私、人一倍マメなほうだと自分では思ってるんですよね。これでも。

私の手抜きは、あれもこれもいろいろやりたいから考え出した、マメさゆえの発想なんだってわかってくれる人は少ないんだろうなー。

バタールとファルッシュ

バタールとファルッシュ

忙しいときに手ごねで生地をねるのは大変なので、やはりHBでやってしまうことが多いのですが、ついうっかりタイミングを逃してやろうと思っていた工程でできないことがあります。
今日の場合、それがファルッシュになりました。・・・ベーコンエピになることもあります(--;

ドンクの本によると、これは窯の温度を確かめるためにやっていたことなんだそうです。イランあたりにもこういうのがありますね。中にハムやチーズを詰め込んで食べるのは私の好みに合っています♪

さて、バタールの耳が立たないので、引き続き迷走を続けているわけですが、今回のバタールはやっぱり耳が立っていません(TT)
バタール拡大

もしかして・・・・と思うことがあったのだけど、撃沈です。

ま、生地の工程を熟練させるため、このファルッシュはまた作りたいと思ってます。

育児サークルに参加するときのお弁当に、大きいのを作ってもいいし・・・。
アカネちゃんのキャラ弁デビューはまだまだ先みたいです(^^;

バレンタインギフト届く

バレンタインギフト

タイトルだけ見ると、私がKAZのために注文したプレミアチョコでも届いたかと思うところですが・・・・。実はこれ、私宛のチョコです(^^;

毎年チョコを贈ってくれる人は、KAZの叔母さんです。
二十歳すぎてから、バレンタインにチョコをもらわなかったことってなかったと思います。女性ならだれでもチョコレート売り場の雰囲気にのまれてつい買ってしまいたくなることってあるようで、そういうものをありがたく毎年いただいていました(^^;

今年はフェアトレード商品だそうです。
セーターとか、衣類でそういうものが出ていることは知っていましたけど、チョコレートもあるんですね。
一緒に入っていたのはカードとアメリカ産のドライクランベリー♪

私の叔母が時々アメリカに行っては、ピスタチオだとかをお土産に買ってきてくれるんですが、アメリカのナッツやドライフルーツの類ってとってもおいしいです。
コストコでも迷わずナッツの大きなやつを買ったくらい。KAZのおつまみに買ったんですけど、私もけっこう食べました(^^;

また東京に行ったらコストコに連れて行ってもらおうっと♪
札幌は規模が小さいという話だし。

何よりスポンサー付きの買い物は楽しいから(笑)

黒胡椒とベーコン食パンと全粒粉のベーグル

黒胡椒とベーコン食パンと全粒粉のベーグル

KAZは朝焼きたてのパンを食べるのは気に入ってるようなので、今朝はKAZ好みの粗引き黒胡椒とベーコンを巻き込んだ食パンを焼きました。もう一つはいつもの全粒粉と自家製ピール・レーズンのベーグルです。

食パンのほうはパンドミーの粉の配合です。いずれパンドミーもちゃんとしたものを作れるようになりたいと思っているんですが、今はまだ手が回らず、粉の配合も最強力粉ではなく普通の強力粉です。
フランスパンは日中焼きたいので(醗酵の具合をじっくり観察したいから)最近は、朝焼きたてを食べることが少なくなっていました。
焼きたてのぬくもりが残る状態のパンってやっぱりおいしい♪

このところアカネちゃんが湿疹がひどくて、夜何度も起きるものですから寝不足気味。
朝6時ごろまでゆっくり寝ていても、簡単に焼けるものをと思ったんですけど、こういう日はやっぱり5時すぎには目が覚めるんですね(^^;

はやく治ってほしいのだけど、治りかけるとひっかいてしまうのでなかなか完治しません。
当分私の不足は続きそうです・・・・・(--Zzz

自家製ジャムの酵母化

ルバーブジャム酵母

先日焼いたカンパーニュに使った酵母化した自家製ジャムです。
なんでこれが出来たのかは不明なので、あえてこの酵母瓶をアップで撮ってみました。

保存用のジャムを作るときには、必ず瓶を熱湯で殺菌します。もちろん、蓋の殺菌もしなくてはいけないので、熱湯を入れた状態で蓋をして、逆さまにして殺菌しています。
それから殺菌した瓶に、作りたての熱いジャムを詰めて蓋をして冷まします。

こうして保存したジャムのうちのいくつかが、ごくまれに、こういう酵母化をします。
蓋のへこみが膨らんでいて、中に泡が出来ていたらそれが酵母の印です。
どうして酵母ができるのか、まったく判らないんですが、私はこれを大事に大事にパンを焼くのに使っています。
いままでに酵母になったジャムは梅とこのルバーブのみです。
とはいっても、他にはラズベリーぐらいしか作りませんけど、ラズベリーの場合はソースのような状態で粘度が低いさらさらの状態にするので、それも関係あるのかもしれません。

種を継ぐことが難しいので、ジャムの状態でつないだらどうなるんだろう?なんて思ったりしているところです。ジャムを足したら酵母が延々つなげるような気がするんですけど?

もし、この酵母の出所を解説できる人がいたらぜひ教えていただきたいと思ってます。

木工の設計図を公開する

歩き出してから、言葉を理解しはじめるまでの子供っていうのは、目に付くもの、手が届くものを手当たり次第に引っ張り出しては遊び道具にします。
これは想像以上に大変で、いったいいつになったら言葉を理解してくれるのか、最近育児経験者に会うと、必ずといっていいほど質問していることです(^^;

ま、たいていの場合、1歳半から2歳までには会話ぐらいはできるようになるらしいので、もうすこしの辛抱だと期待しています。
一説には「歩くのが早い子は言葉も早い」と言う人もいるので、みんな同じぐらいの期間大変な思いをするんだと思えば、多少は報われる気もしています。

さて、昨日アカネちゃんが見つけてきたオモチャがこれです。
KAZの描いた設計図

なんかすごく細かい設計図なので、KAZはパーゴラを作ったことはないし、何だろう?と思ったら、私が相談したときにちょっと描いてみたものだそうです。
まー、なんて細かいこと(^^;

私なんて、以前作ったままキッチンの設計図、こんなんですから(爆)
私の書いた設計図 --完成品-→ 木工ママキッチン

え?設計図じゃない?

だから今まで公開したくなかったのよ(--;

なんか皆さん、すごい誤解をしているようで、私がしっかり設計図を描いて家具を作ってると思ってるみたいですけどね。こんな落書き以上のものを描いたことはありませんから。

私のことをすごい人と思ってる人にはイメージが崩れるものをみせてしまいましたかf(^^;
作業スペースの確保だとか、材料の買出しの問題さえクリアできれば、あとは手が二本あれば木工なんて簡単なものです。
何でもそうですけど、やるかやらないかの違いだけです。

だって、私ただの主婦ですから。(以下言訳w)
そんな設計図を描くような技能持ち合わせてないし、緻密な性格でもありません。(KAZは機械設計をしていた人です)
売り物にするようなものを作ってるわけでもありませんしね。

私の落書きに励まされて「木工なんて簡単そう」って思ってやる気になる人がいたら、恥をさらしたかいがあったというもの。

・・・・でも、いずれこの記事は削除するかもしれないことだけは告知しておきます(^^;

スチームオーブンでシュウマイ・肉まんを作る

私が使っているスチームオーブンで、どれだけのことができるのか、フランスパン以外のものを作ってみることをはじめて数回目の挑戦です。

昨夜はシュウマイを作ってみました。

今回は、あまりにもショックなほどの出来栄えで写真も撮りませんでした。
先週末にも、肉まんを作ってみたんですが、オートメニューで終了した後、扉を開けてびっくり。皮が生なんです。
これは何の間違いか? 私の肉まんのサイズが大きすぎたのかも?(←おおいにありうるw)と思ってシュウマイを作ってみたんですが、今回も同様の結果でした。

曲がりなりにもスチームオーブンでしょうっ! アンタっ!

って怒ってみてもしょうがないですね(--;
家電について、正直なレポートも必要だと思いますから、一応書いておくことにしました。
失敗したものは私が食べて、いつもどおり圧力鍋で作ったものはKAZの夕飯になりました。圧力鍋で作ったもののほうが、ずっとおいしかったのは言うまでもありません(--;

揚げ物だとか、ハーブ焼きの類はこれがナノスチームなのか!と驚くほどおいしく仕上がったものだから、ちょっと残念でしたけど、フランスパンがおいしく焼ければ、目的は達しているので許すことにしました(笑)
ちなみに、既に新製品が出ているようでこの機種はおそらく間もなく店頭から消えると思います。最新機種はあまり評判は良くないようですけどね。

圧力鍋だけで蒸し物を作るのは、家族が増えたこともあって将来的には肉まんをお昼にお腹いっぱい食べるのはむずかしいことになりそうです。
となると、もう一つ圧力鍋を買うか、大きな鍋で保温しつつ、次のものを蒸すか、という選択肢があるわけですけど・・・。もう少し悩む時間はありそうなので、じっくり悩みます。

肉まん大好きなので、他におかずを作ればいいという選択肢は今のところありません(笑)

バタールとシリアルバー

フランスパン

今朝は早く起きたので、ついでに昨日焼いたいつものフランスパンも試食しました。
最近のフランスパンは、風味はそこそこ出るものの、脇が割れたりりクープが割れても、エッジがたたないものばかりです。
フランスパン断層

脇が割れるのはもう少し捏ねたほうがいいからなのか・・・?
グルテンが弱すぎるのかもしれないと思ってみたり、ビタミンCの添加量が適当なせいなのかと考えてみたりしています。でも、そうすると今度は気泡が減ってしまう気もするし・・・。

チョコシリアルバー

もう一つ焼いたのは私の普段のおやつ「チョコシリアルバー」です。作るのも簡単で、栄養満点、腹もちも良いので助かっています。

最近、原材料が不明なものは極力買わないようにしていますから、加工食品が滅多に食卓に上がりません。・・・・って元からか(^^;
でも、以前にも増してお弁当用の冷凍食品やお菓子を買わなくなりました。
そうはいっても、育児に忙しいと毎日時間をかけて料理をする時間もないので、シュウマイを作る時間がなければ野菜炒めでもいいでしょ、って類の料理をしているだけなんですけど(笑)

そういえば先日、KAZが近所の親しくしているお宅に、ウチのお正月料理について聞かれたそうです。
パンを毎日焼いていることとか、小魚をいただいたときにエスカベッシュにしたらおいしかったと話したせいで、ウチは西洋風のお正月を迎えると思われたらしいです(笑)
中華まんやシュウマイ、餃子を手作り以外はまず食べないと知ったら、今度は旧正月に祝うと思われるんでしょうか(^^;
なんか、近所に面白い誤解されてるようです(爆)

ルバーブ酵母のカンパーニュ

ルバーブ酵母のカンパーニュ

昨日焼いたルバーブ酵母のカンパーニュです。思ったより生地が膨らんだので、二つに分けて焼きました。

今回の酵母ですが、元は夏に作っておいたルバーブのジャムが醗酵してしまったため、それを瓶ごと冷蔵庫で保存して少しずつ使っています。元が酵母なので、ある意味インスタントのような手軽さで短時間に失敗なく作れます(^^;

さて、一つ疑問があります。一度煮たジャムが酵母になる理由を説明できる方が居ましたら、どなたか教えてくださいm(_ _)m
なんで加熱したものから酵母が出来るのか、全然判らないんです(--;
ちなみに糖度はいつも適当です(←それが原因か?)

今回も酸味もなく風味抜群の仕上がり。貯蔵棚で醗酵した酵母は、失敗の要素もありえないくらいお手軽な天然酵母です。
内層は比較的粗めです。
酵母の様子

これが2回目の粉を投入したあと半日ぐらいあとに撮った画像です。これからさらに半日おいて生地を仕込みました。
最初の酵母の培養は1日ちょっとといったところ。
みなさん、酵母化したジャムがあったら、捨てずにパンを焼きましょうね♪

さて、昨日はなんと健康が歩いているような私が、病にふせっておりました。

何が原因か判らないんですけど、おそらく夜中に母乳をあげながら寝てしまったのが原因で少し風邪をひいたのではないかと思います。
でも、元が健康なものですから、それも数時間のこと。夕飯を抜いたっこともあって、お腹がすいて今朝は4時過ぎに起きました(笑)
で、パンを試食しつつ、これを書いています。
カンパーニュ断層

カットするとこんな断層でした。オレンジピール、レーズン、胡桃を入れました。
一つ気になるのはこのカンパーニュ。
たしか、十字にクープを入れたはずなんだけど・・・?
カンパーニュ

シリアルバーを作る

全粒粉入りシリアルバー

実はこれ、何度目かのリベンジです(^^;
毎日パンを焼くたびに作ってみたりしていましたが、ようやく形になるものができました。
初めはマシュマロを使った作り方の要領でマシュマロ作りからやってみたところ、べったりした形状のものが出来ただけ(涙)
卵白をあわ立てただけのものが常温で保存できるわけがないのだから、相当いろんな添加物が入ってるんだろうなー、と思ってマシュマロ作りからやってみたんですけど、メレンゲをゼラチンで固めてさくさくのものを作るというのは無理があったみたいです。(市販のマシュマロなら多分できるんでしょうけれど)

次にやってみたのはタフィーのように砂糖をカラメルにして、それに混ぜて固めるという方法です。
が、このとき自家製のピールを混ぜたのが原因で水分が飛ばず、カラメルが固まらなくて、やはりべたついたものが出来ました(^^;

で、その次はメレンゲを混ぜてゼラチンで固めるのではなく、焼いたらどうか、と考えてメレンゲを混ぜて焼いてみました。
結果、メレンゲ化することで、多少バターとの混ざり方はよかったのだとは思いますけど、固形分が多いのでメレンゲのさくさく感は残らず、イマイチのものが出来ました。

最後にやってみたのが卵の熱凝固性を使って全粒粉も混ぜた今回のもの。
あまり硬いと子供が食べづらいと思って、BPも少し入れました。
これも毎度の実験の要領で砂糖やシナモンを入れたものだから、甘みは少ないし、シナモンの風味もわずかしか感じられません。

毎度毎度、失敗したものを自分のおやつにするのも嫌だったので、カレースプーン2杯程度のミューズリーで作っていたものですから、今回も最初にバターと砂糖を溶かす段階でついごく少量に抑えてしまいました。
ま、これはこれで充分お昼がわりになる食べ応えのものが出来たので満足なんですけど(^^;

しっかし、こんな簡単そうなものなのに、長い道のりでした(爆)
春が間近なので、予定していた製作物もいい加減やらなくちゃいけないし、忙しいのにこんなものにつまずいていたんじゃ(^^;

さて、続きは育児サークルの話題です。

続きを読む

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本