Entries

リメイク家具の進捗

リメイク家具を並べてみたところ

取っ手はまだ買いに行ってないのでつけていませんが、他のところを塗装までやったところで室内に入れてみました。
引き出しは外してガレージに持っていけますし、そのほかの部分はもうこれで手を入れるところはありません。
さっさと家のなかで完成を味わいたかったのが本音ですけど(^^;

先に完成させたほうと比べると、既に若干の色の違いがあります。古い扉は塗装を剥いだけれどかなり色が残っているように見えます。これがなじんでくるまでにどれくらいかかるでしょうね。

新しく作ったほうは、逆にすると扉の向きが変わる「左右反転扉」です。
高さはリビングのテーブルとあわせてあるので、補助テーブルとして使う目的で作成しました。
これでリメイクのほうはほぼ終了したので、次に作るものを考えています。

小物を作る予定ですけど、どれからやろうか、迷ってるんですよね(^^;
スポンサーサイト

その後の木工

引き出しが付いたところ

私にしては珍しいことですが、この数日風邪をひいていました。38度を超える熱を出して体調がかなり悪かったので、日常生活がままならなかったんですが、ようやく回復のきざしが出てきたので昨日は木工を少しだけやりました。

ようやく、キッチンワゴンに引き出しがつきました。
引き出しづくりは慣れてきたので、もうすこしレベルアップしたものを作りたいところですが、まだその余裕がないのでいつもどおりの手順でやっています。
これは両面が開く構造になる予定なので、扉が付いていない面から写真をとりました。

いったいかんせいするのはいつなのか・・・・。
GW中には完成させたいところです。

まだまだ作りたいものはいっぱいありますから(笑)

ヨーグルト酵母のバタールとバターなしのふんわりパン

ヨーグルト酵母のバケット

ヨーグルト酵母を作ったのだから、やっぱり作っておきたいのがバケットです。
今まで作ってきた酵母の中でヨーグルト酵母は比較的扱いやすい性質ですけど、今回のヨーグルト酵母はおとなしめ。でもせっかくなのでやってみることにしました。
色づきがモルト入りとは思えないほど薄かったのは、期待はずれでしたけど、一応バケット風のものが焼けたみたいです(^^;

先日焼いた荒挽き胡椒のパンがとってもおいしかったので、また焼いてみました。
手前に半分写ってるのがそうなんですが、見栄えが非常に悪い(--;
でもおいしかった。

このパンは、バターなしで焼けるふんわりパンを目指して作ってみたものですが、これがしっとりしておいしいのです。
油脂にオリーブオイルやサラダ油の類を少し入れて焼いているだけなんですけど。
スキムミルクなどはいつもより多めに入れていますが、けっこうちゃんとパンが焼けるものだと思いました。
リピートしたくなるほどなので、ちゃんとレシピを確定しておこうと思ってます。

BMI自動計算スクリプトを公開しました。
興味ある方はパンのページをご覧ください。

黒胡椒&チーズパンとヨーグルト酵母のカンパーニュ

黒胡椒チーズパンとヨーグルト酵母カンパーニュ

このところ子供のことで外出が多くて疲れ気味です。
こどもクラブの見学に行ったり、友人を呼んで自宅ランチしたり、別の友人の家に遊びに行ったり・・・。
健診や病院通いもありましたっけ。
木工もやらなきゃいけないのだけど、その暇を作るのが一苦労。半ば放置しています(^^;

そういう時はなんとなく、どかっと焼けるものが多くなりがちです。
今日は黒胡椒の生地に一本クープを入れて、その間にチーズを入れたものと、ヨーグルト酵母のカンパーニュを作りました。
これは先日作ったピールを使ってます(^^)

かすかにクープが開いていますけど、この酵母は今までのとだいぶ雰囲気が違いました。
たいていダノンのヨーグルトを使っていますが、今回はたまたま見かけたダノンの新製品(なめらかさを売りにしたもの)を使ってみました。
キメは細かいけど、膨張力は少なめに見えた酵母でしたが、生地にしたときにはなかなかの力強さを感じました。
膨張具合が想像以上だったので、最終的に冷蔵庫でオーバーナイトして、朝一緒に焼きました。

続きは子供のことです

続きを読む

バケット

バケットとベーコンエピ

いつも勉強させてもらっているkojikoさんが「少しのイーストでゆっくり醗酵パン」を参考に見事なバケットを焼いていたものですから、これは試してみないと!と焼いてみることにしました。
この本は本当にすごいと思います。ありきたりなパンの本とは全然違うので、ずっと手元に置いておこうと思う本の一冊です。

で、焼いてみた結果、ちゃんとクープは開くし、エッジも若干立っています。内層も気泡が♪
内層

配合は冷凍してあったパートフェルメンテ生地100gぐらいを適当に混ぜて作ったので、レシピその他はかなりいいかげんです。
どうしても朝、焼きたてのパンを食べたい私は、イースト少な目で作った生地を成形までして、その後冷蔵庫で二次醗酵、夜中3時ごろに目が覚めたときに冷蔵庫から出しておいたものを、5時すぎに焼いてみました。
いつもとは若干表情の違うものが焼けたのは進展があったと思いたいところです(^^;

さて、出産から1年半がすぎて、もういいかげん「産後脱却」を考える時期です(^o^;
実は産後ごく最近まで、体脂肪が産前から5%近く上がっていました。
一時は体重計の老朽化のせいにしてみたりもしましたが(!)妊婦の時にやったBMIの計算をふと思い出していました。あれって、計算機で単純にできるものではないんですよね。ちょっと面倒だな、って感じてました。
で、これを計算するスクリプトを作ろうと思っていたら、夫が作ってしまいました。せっかくなので、パンのページのあたりに載せておく予定です。

私の場合、産前産後ともにBMIは20前後ですけど、体脂肪率だけがかなり高くなってしまってるので、あまりこのページは関係ないんですけどね。
産後の脳ボケ脱却のための勉強しようと思ってたのに(笑)

産後ボケもだいぶ症状がおさまったと思ってましたけど、先日は近所のスーパーにを忘れて歩いて帰ってきてしまいましたし・・・。
このままじゃまずいと思う昨今です(--;

子供と犬たち

以前HPで少しやりとりをしたことのある方から、先日思いがけずメールをいただき、子供ができたことのお祝いと、犬たちへの気遣いもいただきました。
子供が産まれると、大変だからと手放す人が多いのも事実。
でも、私はたとえどんなことがあっても犬を手放すつもりはありません。

それは「犬の十戒」を知っている人ならば、誰しもそう考えるでしょう。
犬をもし私が捨てるようなことがあったら、いずれ私が子供に見捨てられる親になると覚悟しています。良かれ悪しかれ、子供は親を見て育つものですから。

私の家では、犬と子供はとても微妙なバランスを保って生活しています。
体重18キロのももちゃん(メス6歳)は、もともと面倒見のよい子で、私が拾ってきた猫やタロの面倒も見てくれたほどの優等生ですが、子犬の時分にお隣の子にいじめられたのがトラウマになっているのか、今でも子供に囲まれるのを嫌がります。
それでもアカネちゃんが耳をひっぱったり、ひげをさわろうとしても動じることなく諭すようにやさしくハナでほっぺをこづいたりしてくれます。

一方タロ(ダルメシアン・オス・3歳)のほうは、アカネちゃんがシッポをひっぱってもタ○タ○に触ろうとしても(さすがに私がとめますがw)かまわれてるのがうれしい元気盛りです。
挙動の激しいのが面白いのか、アカネちゃんのお気に入りのオモチャみたいな存在です。

最近では、この激しさにも落ち着きが出てきたのか、ちゃんとツケで歩けたり、離れたところでお座りが出来るようになったり、だいぶ賢さをみせてくれているようです。
それでも、休みに入ると毎日のように犬に触らせてとやってくる小学生にリードを持たせるのは危険なんですけど(^^;

2匹にとってアカネちゃんの存在は、私たちがとても大事に扱っているもの、危害を加えてはいけないものとしての認識は出来ているようです。後から来たのに順位が上だというのが、ももちゃんには多少不満はあったかもしれませんけど、タロという子分が居たことで、2匹とも下というのは納得したみたいです。

タロは一番の下っ端ということには慣れているようで、細かいことを気にしない大雑把な性格だからなのかもしれませんが、前と変化は感じられません。かえって遊び相手が出来て喜んでいるみたいです(^^;

私が忙しいと、洗濯物の取り込み(犬のマット類)も手伝ってくれるももちゃんは、本当によいお姉さんですし、タロはその子分として元気に賢く成長しています。
たまに犬のことを書いておかないと心配されるでしょうけれど、ももちゃんとタロを譲っていただいた方に安心してもらえるような成長をしています。

これからも、けっして犬を見捨てることなく一緒に生活できることが私の願いです。

豆乳クリームでラムレーズンブッセ

ラムレーズンブッセ

先日購入した豆乳入り生クリームを使ってパンにつけるものを作ってみたら、思ったよりずっとデザートっぽい味になりました。
ラムレーズンと少しの砂糖、レモンを入れたんですからそれもそうか・・・・。
植物性油脂は、動物性と違ってレモン果汁で分離しないってことに初めて気づきました(^^;

朝食に出してみたら、「マルセイバタサンドのもっとさっくりした感じのができそう」と言われたので、急遽ブッセを作ってみることにしました。
ブッセはkojikoさんが時々作っていて、私も大好きなのに、ろくに作ったことがなかったもの。
シャルロットを作るときのフィンガービスケットとほとんど同じなハズなので、レシピも見ずに作ったのだけどはたしてこれでよかったんだろうか?

何か違うような気もするのだけど、クリームをおいしく食べられました。
せっかくなので、近所の人を呼んでティータイム・・・。

次作るときには、粉砂糖をふるタイミングをちゃんと調べておこうっと(^^;

最近のお気にいり食材


↑最近、このスプレットがお気に入りです。
ウチの近所だとイオンに売っているんですけど、初めて食べてみてその味にはまりました。
バターが品薄なこの時期に、救世主のように見えました(笑)

こういうものに出会うと、すぐそれを作ることを考えるのが私の習性です(^^;
先日こんなものを見つけたので、それで試行錯誤してみようかと思っています。

本当は小岩井のぬるチーズが作りたいのだけど、これはちょっと断念。

今日は先日欲しいと書いた世界の保存食を作る本3が届きます。

これでアンチョビやオイルサーディンを作るつもりです。
北海道に住んでいるんですから、魚に詳しくなるチャンスですもんね(^^;
アンチョビバターとかもおいしそうだわ?♪

りんご酵母パンと山食

山食とりんご酵母パン

イギリスに行ってた頃、イギリス食パンが食べたくて泣きそうになったほどトーストが好きだったのに、最近はトーストをしてないなぁ、と思ってふんわりした山食を焼いてみました。
本当にふんわりしていて、もうちょっとで腰折れしそうなほど(^o^;
ぎりぎりセーフ、でした。
(↑本当はパン・ド・ミみたいなのが大好きです)

りんご酵母でパンを焼いてみましたけど、キメが細かいものの、どうも活力がない感じ。
ふくらみに力がないんですよね(-o-;
なっとく行かないので、ヨーグルト酵母も仕込んでいます。

あの栄光をもう一度!ってところでしょうか(笑)

昨日はママ友と自宅ランチをしました。
ちょっと思うところがあって、もてなし上手になってみたいと思ってます。その練習台になってもらいました(^o^;
作ったのは全てのスパイスを家で調合したカレー。
こういうのを食べてくれる人って、甘党の多い北海道では貴重です。

ミロパン

ミロパン

アカネちゃんにパンを食べてもらおうと思って、チョコシートをココアの変わりにミロで作ったものを使って、パンを焼いてみました。
名づけて「ミロパン」です(^^;

麦芽がどうたらで体には良いものみたいですけど、ミロって甘い。私は飲めません(X_X)
で、チョコシートのようなものにしてみようと作ってみたら、砂糖を入れないと全然甘くない♪
これなら使えそうです。

いつものバケットとベーコンエピはこんな感じ。
ベーコンエピとバケット

ようやく温度管理が気温の高い状態でもなんとかできるようになってきました。
昨日はパン教室に見学に行ってきたんですけど、アカネちゃんが騒いでしまって迷惑になりそうだったので途中で退室しました。
あー、残念!
いつかパン教室に通いたいです。

既製品家具のリフォームその後

リフォーム中のキッチンワゴン

なんだか全然気分が乗らずに作り続けているものだから、アップするのもどうかと思ってしまう出来です。
扉を前の既製品のものから使いまわすために、作っているようなものかな(^^;
開口部は引き出しにする予定です。

本当はトレーを入れる棚だけのシンプルなものを作りたかったのだけど、子供が触るので囲ったほうが安全なものですから・・・・。

・・・まぁ、一応進捗ということで(^^;

さて、昨日は動物園に行ってきました。
アカネちゃんは動物に囲まれた生活をしているせいか、小さな生き物にはあまり関心を示しませんでした(笑)
でも、大きなキリンだとかにはびっくりしてたみたいです。
今年は何度か行ってみるつもりなので、年パスにしておきました。
楽しみです♪

バケットとブルーベリーベーグル

バケットとブルーベリーベーグル

毎日のようにパンは焼いているんですけど、いつも同じなのでアップしそびれていました。このところアカネちゃんが面白く(!)なってきたのでそれにかかりきりなのもあるんですけど(^^;

食べるものには、これなら飽きないというものがありますけど、私の場合リーンなパンがまさにそれ。バター不足のこの時期、積極的に焼いています。
気温が上がったことでオーバーナイトの二次醗酵が難しくなってきたバケットですが、どうせ夜中ちょくちょく起きるし、夜中に生地に手を入れてもいいか、とやってみるとやっぱりそれなりのクープが開きます。
バケット拡大

・・・まぁ、二次醗酵が短すぎたのか、脇が一部割れてしまってねじれが生じていますけど、エッジもちゃんと立ちました(^^;
朝焼きたてのバケットを食べるには、やっぱり夜中に何度か起きてやるのが一番良いみたいです(--;
他のパンは冷蔵醗酵という手が使えるんですけどね。

このところの有機生活のおかげで酵母が育ちつつあります。
また天然酵母でパンが焼けるのが楽しみです(^^)

有機生活

この一週間、今日は暖かいからお散歩、今日はピクニック、今日はサークル・・・・と、アカネちゃんととぽよぽよな日をすごしていたものですから、モノづくりがほとんど出来ませんでした(^^;
注文しておいた大地宅配の有機野菜&果物も届いてるし、とりあえず青物野菜をゆでて冷凍しておくのが精一杯。
昨日は近所の家からソイが爆釣だったとかで、大物から小物まで5匹ぐらいいただきました。

魚は内臓をとって冷凍しておかないと、臭みが出るのですぐに内臓の処理をしなくちゃいけませんし、なんやかんや、忙殺されていました。こういう忙殺はとてもうれしいんですけど、なかなかないことなので手間取ります(^^;

ソイというのは「北海道の鯛」と言われているほどの高級魚なんだそうですが、私はタイより好きな味でした。食べ方はこちらの流儀にしたがって(?)甘塩っぱく砂糖と醤油で煮付けにしただけ。慣れた人なら刺身でも食べるそうですが、私は魚をおろすのはさほどうまくないので、やめておきました(笑)
いよかんマーマレード

そして、先日注文した生活クラブの甘夏もまだあるものですから、(大地宅配のもある・・)今日は今朝の朝食の皮と実をまるごと一つ使ってマーマレードを作りました。
皮からペクチンがたっぷり出ると思ったので、砂糖と水を加えて圧力鍋で作りましたけど、甘夏の渋みがすごい! 苦手な人は嫌がるかもしれないなー、と思いました。私はこの苦味が好きなのでOKですけどね。

昨日はたまたま、普通の生協のカタログを見かけたのでもらってきました。
いわゆる「トドック」ってやつです。
生協信者の友人には悪いのだけど、メーカー品をわざわざ生協で高く買う価値が私には判りませんから、もとより加工品を買うつもりはありません。
でも、コピーには「中国工場製造の食品の取り扱いを中止しました」とあるのは目にとまりました。

まぁ、そうでしょうね。
あれだけ重大事件が起こったら。

実際のところ、残留農薬の検出量で違反が見つかるのは中国よりアメリカのほうが多いそうで、輸入量からすると中国の違反はそう多くはないんだそうですけど、私はやっぱり中国産のものは食べたくないです(^^;

ポストハーベストはこのところ関心が高いことの一つですが、昨日サークルでも専門家からお話がありました。
バナナ以外の輸入果物は、できるだけ子供に食べさせないようにしていますけど、例えば植物油の原料になるものだとかまでは気にしても限界があるわけですし、何でもできる範囲でやるしかないんだと思います。

というわけで・・・・。
家の中に鉢を置いて、家庭菜園を早めにはじめることにしました。
これが一番安上がりなものですから(^^;

ピクニック

近所の公園

石狩市は近隣の市のように大きな公園がたくさんあるわけではありませんが、幸いにもベビーカーで行ける距離に、中規模の公園が一つあります。何年も工事中だった公園ですけど、アカネちゃんが公園を必要とする時期に完成してくれてよかった、と思ってます。

今日はこの公園にお弁当をもって遊びに行きました。
北海道の晴れた日は、本当に雲一つない青空が広がります。
今の時期この公園からは、その青空と対比して残雪の残る手稲山の山脈が望めます。

東京が田舎の私は、北海道に来るまで地平線なんて見たことがありませんでしたから、平地の広がる景色にまず感動しました。
そして、10mぐらいまでにもなるポプラの木と、積雪の残るなだらかな山脈を初めて見たときには、北海道の大地に感謝すらしたものです。

家のなかに閉じこもってしまうと、そんなことも忘れてしまうんですよね。

この公園にはイングリッシュガーデンエリアや、水遊びを出来る場所もあるので、これから数年は足しげく通うことになりそうです。

最近パンのネタが少ないんですけど・・・・昨日はせっかく良い状態に出来たバタールの生地にうっかりベーコンエピにする予定の生地と間違えてはさみを入れてしまいました(--;
ま、食べやすかったことは確かですけど・・・。
集中力が欠けてるんでしょうかね。また焼きます(^o^;

松ぼっくり拾い

今日は郵便局に行くついでがあったので、児童館にも行くことにしました。
が、行ってみたらまだ春休みだそうで休館(^o^;
せっかくなので、隣接する公園でお散歩をしてきました。

公園には、冬の間に落ちた松ぼっくりがいっぱいありました。リース用に前にかんちゃんにもらったやつより一回り小さいサイズのものが、そこらじゅうにたくさん落ちていました。
関東では見たことがない小さいもの。
アカネちゃんと一緒に拾ってまわりました。

こんなものをこの時期に集める人が珍しいのか、小学生ぐらいの子供が「これあげる」って持ってきてくれたり、パークゴルフをしていたおじさんが「おねえちゃん、こっちにもあるよ」なんて言って持ってきてくれました。
(↑さすがに子持ちで「おねぇちゃん」はちょっと・・・と思いましたけど、60すぎぐらいの年配の人から見たらそうなんでしょうw)
二人で拾ってきた松ぼっくりで、何をつくろうかな、なんて考えながら、近所の人に昨日言われたことを思い出していました。

「子供がいるって幸せでしょう?」

えぇ、とっても♪
こんな穏やかな時間が、とっても貴重に感じるのは、子供が居るおかげです。

私の友人の一人に「子供はいらない」と言っている人がいます。彼女の子供のいる友人は、遊び歩く彼女をうらやましがるのだそうで、彼女は「作ったのは自分の責任でしょ」と怒りをぶつけるんですけどね・・・。
それは違うと思います。

子供が出来て遊べなくなった人には、確かに自由に遊び歩く彼女はうらやましいでしょう。でも、それは後悔から出た言葉ではないはず。
たまには気晴らしをしたい、という気持ちであって、子供がいることを悔いているわけじゃないと思います。

子供が出来ると、数年はずっとべったりの状態が続きます。それはさすがに子供が好きな私でも辛いし、近所に預かってもらえる親族もいない状況のなかではストレスすら感じるときもあります。
でも、やっぱり居てくれてよかった、と思います。
ほんの一瞬の子供の笑顔が、すべてを吹き飛ばしてくれますから。

今年は、アカネちゃんと一緒に森にベリー摘みやどんぐり探しをしに行きたいと思ってます。
いっぱいの笑顔を心にためておいて、これからくる反抗期にイラっとしないように・・・・。

笑顔の貯金がどれだけもつかわかりませんけどね(^^;

シーチキン作り

自家製シーチキン

先日鶏肉でシーチキンもどきを作りましたが、1週間程度で使い切ってしまったものですから、また作ることにしました。
今度はちゃんとマグロで(笑)

今回はクレイジーソルトでもんだマグロを一日冷蔵庫でねかせてから、ただ茹でただけ。
前回は使ったペースを考えると、あまり貯蔵をしなくても使い切りそうでしたから。
これからも時々作ってみようと思ってます。

・・・今日は何をしていても、キッチンワゴンのデザインに心が飛んでいます(^^;

甘夏ピール作り

甘夏ピール

甘夏で作るピールの作り方を教わって、甘夏もようやく入手したので作ってみました。
私が普段作るやり方とはまたちょっと違って、水に浸して渋味を抜くあたりの工程がとても丁寧にやるみたいです。普段はいよかんで作りますけど、甘夏なので渋みが強いのかもしれません。
皮の厚みがいよかんより出たので、これは今年のクリスマスが楽しみです(^^)

今日は生活クラブをやっている友人がカタログとなたね油を持ってきてくれました。
最近↓のおかげでマヨネーズを作る比率がかなり上がっているものですから(^^;


それまではそんなものなくても簡単に作れるのになんて言ってたのを覚えている方、素直にあやまります(爆)
やっぱりあると便利なもので、3日以上使わないことはまずありません(^^;

その利用の筆頭がレバーペーストとマヨネーズです。なにせバターが品薄ですから、パンにつけるものにレバーペーストはありがたい。

そしてマヨネーズは、というと・・・。

義母はときおり超高級品をぽんと買ってみたくなる人で、こんなオリーブオイルが家にあります。
これを使って作ったマヨネーズがとてもおいしくて、どばどば使いたいのだけど、高級ブランデーの口についているかえしみたいなやつがあって、いっぺんにそうたくさん出てきません。
聞くところによるとそれなりの高級品らしいので、いくつかある植物系のオイルをベースに、香り付けに使うことにしました。
で、セレクトしてみたのが生活クラブのなたね油です。

ま、クセはないと言う話ですからたぶん大丈夫でしょう(^^;
私が見かけると買っておく世界各国の岩塩やミネラル塩の類のおかげもあるのか、自家製マヨネーズがおいしいというのはうれしいです。

今日は生活クラブのカタログを見せてもらったのですが、ゼリーの原材料が牛骨とあるものが載っていたりするのにはちょっとびっくりでした。
多分、狂牛病の特定危険部位であることは、ユーザーもしっかりわかっているから載せるんでしょうけれどね。食品の安全・危険の判断は、その情報の全てを吟味して、結果何がベストかを選ぶエンドユーザーにかかっているんだということなんでしょう。
ある食品一つをとっても、それが安全だという人達と、危険だという正反対の人達がいるわけで、そのどちらの意見が正しいのかなんて、数百年ぐらい経たないと判らないと思いますから。

それでも発色剤を使わないハムやソーセージがあるのは感心しました。
これは珍しいですよ。私は家で作ることもありますけど、市販のものはあまりないと思います。

どこの業者の宅配を利用するかわかりませんけど、このことだけは高く評価できると思いました。

アトピーの杞憂

アカネちゃんがアトピーのような湿疹が続き、アレルギー検査をしてみてもさほど原因になると思われることがないのでちょっと心配をしていました。
たかが皮膚炎、されど・・・なんです。
かゆがって眠らないときもあるし、かきむしって血だらけになったりするので親のほうも大変。
どんなにかゆそうにしていても、どうにもしてやれないのは、本当につらいです。

私が毎月楽しみにしている育児サークルは、小児科の先生のところが主催してくれているので、昨日はそこのアドバイスもあって「専門医」に診てもらいに行ってきました。
セカンドオピニオンでそこの小児科に行ってみようかとも思ったんですけど、他を薦められたので行ったのは別のアレルギー科のある病院です。
昨年の夏には皮膚科にも行っているので「親がアレルギーでないのであれば、子供がアレルギーがあるとは考えにくい」という皮膚科医の意見を後押ししてもらった感じでした。
↑ちなみに、近所の小児科では微量の反応の出た食品や雪の下にある植物のせいだと言っていた(--;

少なくとも、食品アレルギーが原因とは考えにくい(ほとんど陰性に近いレベルのため)という話でしたし、今は大豆アレルギーだったとしても、醤油なんかでは出にくいということが判っているんだそうで、そんなことも知らない私にはとても勉強になりました
ま、ちゃんと生後半年から離乳食をはじめましたし、進め方も新しい基準でやりましたから大丈夫だとは思ってたんですけどね(^^;

帰り際にはうれしくなってつい、その近所のスーパーでおいしい肉(近所のスーパーの肉はとてもまずいので)と野菜やジュースなんかを買って帰ってきました(^^;
薦めにしたがって、洗濯せっけんも買ってきましたけど(笑)

野菜ジュースは、アカネちゃんの偏食に対応するために買っています。近所のスーパーのブランドのものは原産国中国のものがほとんどなので買わないことにしています。
↓だって、こんな国の食品たべられませんよね?
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/
生産ラインでの事故だけで毒入りギョウザの問題がおこったのだとしても、検疫でチェックしない重金属の含有量だとか、公害物質の有無までは保障されてませんから。
買っているのは伊藤園の充実野菜。これだけは野菜の原産国表示をしてくれていて、かつ中国産が入っていないので比較的安心かな、と思ってます。

・・・・数年後、もしくは数十年後にそれが本当に安全だったかどうかの判断が覆る可能性もありますけどね(笑)

DIYプランとリフォーム

我が家も築8年になる今年は、少し家のリフォームも考えるようになりました。
できればDIYで・・・なんて考えるのはビョーキなので暖かい目で見守ってやってくださいw

まずは家の匂い対策。エコカラットを使ってみたいと思っています。

エコカラットは炭の何倍もの調湿効果があるらしいので、これを置くと湿気対策にもなりそうだし、なんといっても冬に閉切った室内にこもるにおいはけっこう気になります。
ペットとオムツと生ゴミ処理機だとかの混じった匂いだと思うんですけどね(^^;

このエコカラット、壁全面に珪藻土のようなヌリカラットというのも出ているので、すごく興味津々なんですけど、タイルのほうはどうやらすぐに割れることがあるみたいです。
壁がひびわれたらしゃれにならないし・・・画鋲や釘が打てないと思ったらちょっと考えてしまいます。
で、ブリックタイプのをコーナーだとかに一部張ってみることを前提に、どの程度効果が出るか試しに買って室内に置いてみようと思ってます。

それから床の傷つきもひどいので、これも犬が落ち着いた頃にはやりたいと思ってます。(←いつだ?w)

DIY向けの商品って、探すとけっこうあるものでそういったものをみては夢想にふけっています。
キッチンワゴンにエコカラットをはめ込むことを検討していたんですが、割れやすい性質を考慮して断念しました。

で、普通のキッチンワゴンを今週末から製作に取り掛かる予定です♪
さぁ、設計図を描かなくちゃ! 子供のお絵かきボードが役に立つときです(笑)

食の安全を考える

バケット熱はどこへやら、最近はDIY熱にとりつかれています。なにせ私、夢中になると周りが見えなくなるタチですから(^^;
いちおう、焼いているんですけど、こんな感じ。
かぼちゃベーグルとバケット

エッジどころか、ろくに開かないクープ。気温が上がってきたので、今までのタイムスケジュールではうまく作れなくなってきたのが最大の原因なんですよね。朝焼きたてのパンを食べるための試行錯誤がまた必要になってきました。
かぼちゃのベーグルはなんとか偏食のはげしい子供に食べさせようと作ってみたものです。本当にアカネちゃんは偏食が激しいです。見たことのないものは口をつけるまでに数日がかり。
慣れるまでは、食べ物をつかんでは投げるので、もうヘトヘトです。
そんなわけで、ついつい食べてくれるものを出す食生活を続けてしまっていますから、おいしい食材を宅配で頼んでも食べてくれるのかどうか・・・。無駄になりそうな気がしてます。
まぁ、でも一応いくつか候補にあげたところを順次試していってます。

らでぃっしゅぼーやはおためしを食べてみたところ食材に可もなく不可もないといったところ。すごく新鮮ではありましたけど、ユーザーの話によると、おまかせにするとセロリが4週連続で大株が届くとか、冬は春菊が必ず入るとか、ウチでは必要のないものにお金を払うのが馬鹿馬鹿しく感じる内容みたいです。
減農薬セロリ? 欲しけりゃ無農薬のが庭に雪解けと同時にいくらでも生えてきます。
春菊? 好き嫌いがほとんどない私が食べたくないものの一つ。

オイシックスは味に感動したものの、カートから削除したものが勝手に入って、前に注文したものと一緒に大量に送りつけてくるという話。苦情を言っても無駄らしい。こういうカスタマーはダメですね。

生活クラブは近所にやっている人がいたので、商品を試してみることからはじめてみましたが、無農薬で勝手に生えるもの(実家の庭ではw)を「低農薬」で販売している程度みたいですし、さほど他と変わらないのかもしれません。

子供に与えるものは、発色剤や添加物のないものに限定していますけど、それもいつまで続くのかな。さすがにお弁当のソーセージも全部手作りっていうのは無理だと思ってます(^^;
でも、冷凍ハンバーグだとかギョウザは今後も買わないでしょうね。そういうものって一人暮らしや、共働きの忙しい人が使うものなんでしょうけれど、給食では使ってますよね。
給食費を未納する人が増えているんだそうですし、いっそのこと給食を廃止したほうがいいんじゃないかと思います。

・・・・ま、お弁当作りが大変になるとは思いますけど、それはそれで何とかなると思うんですよね。
産後ずっと朝食のパンと夫のお弁当ぐらいなら作ってこれましたから。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本