Entries

晩白柚(ばんぺいゆ)

晩白柚
年末の買出しに行って、憧れの晩白柚(ばんぺいゆ)を見つけました♪
これ、小玉のスイカぐらいはある大きなかんきつ類の一種です。皮を食べることができるので、いつかピールにしたいと思っておとりよせまで考えていました。
が、偶然にも買出しに行ったスーパーで発見!
北海道はかんきつ類はあまり良いものが出回らないんですが、なんてラッキー♪

↓晩白柚は、世界一大きなかんきつ類だそうです。

買って来てとりあえず玄関に飾ってみました。
さすがにでかいです。アカネちゃんの頭と同じぐらいあります(笑)

一月ぐらい飾っておくと香りが漂うようになって、皮を押すと柔らかくなるんだそうです。
それが食べ頃なんだとか。

来年の楽しみが一つできました♪
スポンサーサイト

年の瀬のパンとホースラディッシュの利用法

クリスマス飾りを片付けると、もうお正月の準備。皆さんいそがしそうです。
我が家では、民間企業勤めのKAZは29日まで仕事ですし、今日も雪かきが大変なだけの普段の生活が続いています。

まぁ、年越しそばと、簡単なお節は作る予定ですけど、それだけですから(^^;

で、今日のパンはこちら。
山食と全粒粉のパン
山食の成形をちゃんと習得しておこうと思って、最近続けて山食を焼いています。本やサイトによって、いろんな成形の仕方があるのでどれが一番いいか試しています。
たかが山食、と思うかもしれませんが、二次醗酵の工程一つにしても、本によって生地を片側に寄せるとよく膨らむとか、真ん中に置くとか、いろいろな説があるみたいです(--;
独学って、こういうときにどれがいいか、全部試してみないといけないのが大変なんですよね。

さて、こちらのパン、今日は中身が切れ端ベーコンです。
シュレットベーコンのパン
こうも物価高が続くと、激安スーパーに時には足を運びたくなるもの。
そういうところだと、普通のスーパーにはなかなかない「きれはし」みたいな半端物も売っていたりするのでそれを角切りっぽくして包んでみました。
これがまたおいしー♪
生地60gで成形したパンを味見で4つも食べてしまいました(^Q^)

先日の焼き豚で作ったのもおいしかったけど、ベーコンの脂って、なんて魅惑的なのかしら(笑)
夏に痩せた4キロを取り戻すどころか、オーバーしてしまいそうです。

このほか、今日は庭のホースラディッシュを使って(冷蔵庫でひからびかけていたものw)わさび漬けを作ってみました。
お正月料理に一品添えるのにぴったりの一品ができそうです。ホースラディッシュの大量消費にはもってこいです。

さて、あともう一つ小さな発見がありました。
ずっと瀕死状態だったシュガーバインが、復活の兆しを見せています。
シュガーバイン
がんばれー!!

クリスマスプリン!?

モンブランプリン
生クリーム嫌いの子供に、クリスマスらしいデザートって何だろう?と考えて、冷蔵庫に残っていた栗の甘露煮を使ってモンブランプリンを作ってみました。
せっかくのクリスマスですし、何かやってみたかったんです(^^;

子供はただのプリンで充分だったみたいですけど。

まったく、アカネちゃんのプリン好きはどうしたもんでしょうね。週に2回は作らされてます。(毎食後にねだられるので甘くない、カラメルも少なめのを作ってます)
お菓子作りを趣味にしていた私が、こうも簡単なものしか作ってないというのはなんとも皮肉な話ですが、保育園の保母さんたちと話をしたりすると、私は
「子供のために手作りのお菓子を作ってあげるすばらしいお母さん」ということになるようです(--;

プリンなんて、目玉焼きぐらいにはコツが要りますけどね・・・・。それをほめられるのはどうにも。

趣味のことをあれこれ説明するのは面倒なので、「子供がアトピーなので添加物に気をつけているんです」とだけ言っています。
まぁ、あながち嘘ではありませんから(^^;
最近はコンソメも使わずに料理してますし。(そのせいなのかアトピーは良好です)

さて、このほか今朝のパンはおからパンでした。
これがあんがい美味♪
おからのパン
シュトーレンを持っていったお宅でいただいた焼き豚をサイコロに切って入れ、上からチーズをトッピングしています。
なにもブロックベーコンがないからといって、わざわざベーコンを作らずともハムや焼き豚でいいんじゃない!と気づいたのは昨日の昼。遅すぎますって(^^;
で、おからパンの生地を使って焼いてみました。これ、生地もかなりおいしいんです。もっと生地自体の味が判りやすいパンでもよかったかも。次への課題です。

黒糖パン
それから、先日黒糖パンを焼いてみたら、おいしかったのでまた焼こうと思ったらちょっと失敗してしまいました。
先日から、山食やパンドミーのようなものをよく焼くんですが、まるめ方や成形がイマイチなっとくできず、おいしいパンが焼けても腰折れしてたりします。
基本のパンだと思うだけに、じっくり挑戦していきたいと思ってます。

しっかし、バランスの悪いパンですね(笑)

クリスマスツリー

クリスマスツリー
今年はなにかと忙しく、クリスマスムードを楽しむ余裕がない我が家では昨日、ようやくクリスマスツリーを買ってきました(^^;

もうすでに希望していたサイズは品切れで、あちこち回った挙句に結局最初に見たトイザラスで一回り大きいものを購入しました。150センチぐらいで充分だと思っていたのに、180センチのものなんて家がますます狭くなると思っていましたけど、置いてみたらあんがい邪魔でもなく、存在感たっぷりです。
そういえば、ウチって輸入部材で建てた家だったわ・・・。普通の日本家屋より天井とか若干高いんだっけ。なんて思い出して二人で話てました(^^;

飾りはアカネちゃんがよそでツリーを見ると、必ずといっていいほど手にしたがる玉を二色。すでに半額になっていたので、鈴のオーナメントも込みで6千円ぐらいでした(笑)
100均一であまりにもかわいいので、つい買ってしまったレースのブーツや靴下、ステッキの形のオーナメントとリボン(これは細工用に買っておいた)を付けて、ついでに金色に染めて放置していた松ぼっくりをぶら下げてみました。
20センチ近くある・・・・リースに付けるには大きすぎる、処理に困っていた巨大松ぼっくりが役に立ちました(笑)

レースの靴下や手袋は、アカネちゃんも気に入ったらしく、なんとか足に履こうとしてみたり、ラメの付いた玉や金の松ぼっくりを取っては付けて楽しんでいます。
文字通り顔をきらきらさせながら・・・・。(ラメ、くっついてますw)

ツリーの裏半分は何も飾りがついてないので、これから毎年少しずつ作っていこうと思ってます。

サンタクロースに会いたくて

昨日、車に乗ろうとしたら故障していたため、保育園の開放にはで30分ほど歩いて行き、今日はそれよりは近い児童館に同じく徒歩で行ってきました。
人間の一番簡便な移動方法はやっぱりですよね(←満足気w)
時間がかかるし、子供を抱っこして移動するのはけっこう大変ですけど(^^;

こういう私の行動は、北海道では本当に驚かれます。普段の行動全般にかもしれませんが。

スキーの怪我でヘルニアになりかけて以来、腰痛とはもう長いこと友達づきあいをしています。
そんなわけで・・・北海道は広いので(笑)車社会が当たり前になっていますけど・・・腰痛予防のためできるだけ歩くようにしています。

・・・っていうのは言い訳で、実は歩くのが好きなだけかもしれませんけどね(^^;

さて、そうやってまで行動をしていた理由は、クリスマスも間近で、あちこちでイベントがあるからです。子供には、できるだけ季節行事を楽しませてあげたいという思いがあるので、こういうイベントは情報があれば必ずといっていいほど顔をだしています。

今日は児童館にサンタクロースが来ると聞きつけ、数週間前からカレンダーには印を付け、チェックしていました。
子供はサンタさんが怖かったようで大泣きしてましたけど、引っ越してきたばかりのアカネちゃんと同い年の子のいる町内の人に会えたし、先日の迷惑親子にも会えたので、苦情も言えたし、収穫のある(?)一日でした。

子供同士のことで、文句を言い合えることって私は重要だと思ってます。
いずれこちらも苦情を言われることもあると思いますけど、外で自分の子が何か変な行動をとっていたら、それは必ず知っておきたいと思ってます。
むしろ、言われないでいることのほうが私は怖いと思うんです。

文句を言われるとき、嫌な思いをすると思いますけど、言われないで子供のおかしな行動を放置するほうが、将来恐ろしいことになりそうですから。

・・・と思って私は近所の人には「何かあったら言ってね」と言ってます。「私も言うから」と付け加えていますけど(^^;

さて、アカネちゃんも2歳をすぎて、「プチ断乳」しています。

続きを読む

お惣菜パン

レーズンと胡桃のパン
今朝はいっぱい焼きました。生地の量はいつもどおりですが、トリーノ型で焼くと、トレーいっぱいになるので、気分的に達成感があります(^^;
朝暗いうちに写真を撮ってるので、画像が暗いです。もう少し良いレンズを買えばいいんでしょうけれど、凝り性の私は、今そんなことに手をだしたらドツボですからね(爆)

今日はKAZのお弁当も兼ねて焼いたので、いつもの全粒粉のドライフルーツ入りのパンのほか、お惣菜系になりました。
以前、トリーノ型はわざわざ用意しないで、冷蔵庫に残ってるものを何でもいれちゃえばいいのよ!とアドバイスをいただきながらも、ウチの冷蔵庫って、不思議なくらい何もない・・・・(--;

イカのわさび漬け?

生たまご?(目玉焼きみたいにはなるか?)

野沢菜漬け?

まぁ、何でもチーズをのっけてしまえばそれなりに珍味かもしれませんけど、それを消費するのは自己責任になりそうだし・・・(^o^;

が、昨日は冷蔵庫を開けると、アカネちゃんが好きなのでたいてい作りおきのあるごぼうサラダと、鶏ハムが♪
こんなにありあわせのものがトリーノ型に入れられたのって初めてです。
ごぼうとチーズの相性のよさに二人でびっくりしたごぼうとチーズのパンと、鶏ハムがおいしければ、何でもおいしいものだと思った鶏ハムのパン。

ごぼうとチーズのパン
とりはむとチーズのパン
今日は出かけようとしたら、車が壊れていてかなりショックでしたけど、お昼にこれを食べながら今後の対策を考えてます。

シュトーレン

ようやくシュトーレンを焼きました。もう12月も半ばすぎてるんですけどね。
これ、実はごく小さいもので、400gちょっとの粉で作った生地を4分割して作ってます。
シュトーレン
しかも、バターの含有率がごくごく少なくて、中身はシュトーレンとは程遠いものです。バターが高いからケチって入れないわけじゃなく、これはこれでおいしいパンだから毎年作っているんです(^^;

本物のシュトーレンって、私が食べた感じではほとんどバターケーキに近い感じでした。私が作ってるのは、パネトーネみたいな感じです。食べやすいので、クリスマスまでどころか、早いときには1日でなくなることもしばし。これは近所の家にもてあましているゆずと銀杏を押し付けるついでに持っていくつもりで粉砂糖だけ振ってみました。
自家消費のときは、そのままスライスして食べてます。

さて、今回も当然、あたらしく相棒になったニーダーを使っています♪
興味津々で仕事ぶりを観察していますが、HBとの違いは、ポットの形状によることだけではないんですね。
混ぜることだけに特化すると、こうも機械の設計って変わってくるものなんだと感心して見ています。

例えばハネ一つをとっても、HBは焼く工程があるため、同じような金属のアフロンコーティングのものでしたけど、ニーダーはプラスチックのようなもので、ポットとの隙間がないぴったりしたものになっています。HBの金属のハネはかなり隙間があったので、この隙間がけっこうクセモノでした。
生地の一部が入りこんだりすることはいつものことですし、それでケース(内釜)が傷つく原因でした。ハネとの隙間による内釜への負荷はかなりあるんでしょう。3年ともたずに中央の回転軸の部分から水が漏るようになって交換しました。

さて、ニーダーが来月から値上がりと聞いてあわてて購入しましたけど、他にもキッチン用品が壊れてるものがありました(--;

泡だて器です。
夫が独身のころから持ってたやつが、使い勝手のよいサイズだったんですけど、最近頻繁に先が抜けてくるようになりました。
一緒に頼めばよかった・・・・。
近所でシリコンのホイッパーをさがしてもないし、またまんまる堂さんを利用することにしました(^^;

このお店、けっこうというか、かなり便利なんです。
初回だけ通常の送料(600円ちょっと)で買い物をすると、次からレビューを書くだけで送料がタダになるんです。
つまり、たとえ箸一本でも、商品代金だけで買えるわけ♪
ちなみに、品揃えはものすごく良いし、他の店より安め♪
ちょっとしたものが欲しいときには、とってもお勧めです(^^)

さて、今回注文したのはこういう泡だて器。

シェフィンのものなんですけど、グリップが金属じゃないのは使いやすいかもしれないと思って、クイジプロと迷った挙句に注文してみました。
これもまた、届くのが楽しみなアイテムです。

初ニーダーパン・HBとニーダーの比較

今後長く私の片腕になる予定のニーダーが、昨夜届きました。


もうずっと欲しくて仕方がなかった物。20年ぐらい前に東京のハンズで見てから、ずっと気になっていたんですよね。それがとうとう、自分のものになるなんて。
感慨もひとしおです。

今まで使っていたHBは、内釜を買い換えないといけないけれど・・・・と、最近私に勝手に弟子入りした人(と本人が言っている)の一人に聞いてみたら、喜んでもらってくれるとのこと。
最後にきれいに掃除をして、感謝の気持ちと共にハルエゾと全粒粉をつけて押し付けプレゼントしようと思ってます。

MKのベーカリーには、ずいぶん不満もありましたけど、フランスパンを作り始めてから、フランスパン風コースの生地の捏ね方には勉強させられるものもあり、HBにするならMKと思っていたくらいです。
あまりにも耐久性がないので四六時中怒ってケンカしてましたけどね(^^;

でも、このコースで捏ねた生地は本当に出来がよかったんです。
通常のコースより若干弱い捏ね方で、7分ほど。これが捏ねかたなんだと判ったのは、それでおいしいパンが焼けたからでした。
HBは粉が飛び散らないようにスロースタートで始まるから、ニーダーの場合は、さらに捏ね時間は少なくてもいいのかどうか、これからたくさん試していくつもりです。

ニーダーとの比較は今のところ、粉がすぐにちゃんとミキシングされるのが大きな違いだと思ってます。スタートと同時に高速回転に入りますが、これで粉が飛び散らないようなポットの形状だから充分なんですね。
今日焼いてみたのは、エピとパンドミーのつもりで焼いたもの(^^;
これもかなり難しいもののようなので、これから精進していきたいと思います。
パン・ド・ミー

レディースミキサー値上げ!?

数年にわたって、パン生地を作るのに最適なものを検討してきた結果、やはりHBでは力不足だということがわかり、大正電気のパンこね機をターゲットに絞ってきました。
私はお菓子作りはもう20年近くやっていますが、あわ立てはハンドミキサーを愛用しています。(これも10台ぐらい比較してきて残ったものw)
なので、あわ立て機能のない、パン捏ね専用のもので充分だと思ってます。


これまでに調べたもの・・・かなりの数です(^^;
スタンドミキサー系、フープロ系、HB、もちつき機・・etc.

こういうことに関する私の執念研究心ってすごいもんだわって自分でも感心しています(笑)
調べてみたら、パン生地を作るためのものって多種多様でした。
スタンドミキサー一つにしても、ボッシュやメランジュールなど、メーカーによる差異がありますし、生地の出来が良くないそうで早々に却下したフープロなどには、捏ねられる粉の量の問題があります。

HBなどもそれは一緒で、300g?600gの粉をねるために使える機種っていうのは、1.5斤用でないとダメ。
それで、価格も安く、興味はあったんですが、MKの最新の機種は却下しました。

この機種、今までのHBと違って、こまごまとした設定でパンを作れるのはとても面白いんですけどね。
途中で生地を出して、練りこみパンみたいなものも作れるみたいですから。

そんなんで、機種はすでに絞り込んで、あとは買い替えのタイミングだけを待っていたところ、楽天で最安値(送料込みで)のお店で今月いっぱいで値上げの情報が入りました。
これはもう、買い替え決定です。

↓あわ立て機能があるレディースミキサーと

1キロまでの粉を捏ねられるハイパワータイプ(400g以下はメーカーは捏ねられないと言ってます)

もあるんですけどね。まぁ、フランスパンは300gで捏ねるのでニーダーで充分かと(^^;

これが届いたら、どんなパンを焼こうか・・・。わくわくしてます(^-^)

ドールハウスプラン

わりと暇なので、このところ児童館によく行きます。そこで目に付くのは、やっぱり木のおもちゃ(^^)
最近ではドールハウスがアカネちゃんのお気に入りです。

ドールハウスは、シルバニアファミリーのシリーズぐらいしか知りませんでしたが、ブランドールハウスのものは、木工を趣味にする人なら、おそらくだれもがじっくり眺めたくなるような作り。
どうやったら自分の持てる技術で作れるか、子供と遊びながら心はトリップしてます(^^;

ネットで調べてみると、似たようなものも出ていますけど、なんというか・・・完成度がちがうんですよね。もはや、子供のためじゃなく、自分の趣味のために作りたくなっています(笑)
↓のようなタイプなら、簡単に作れるけど、さらなる技術の向上を目指したい気持ちもあるんです。


さて、最近月に一回のサークルに参加しなくなりました。
理由は、アカネちゃんをいじめる男の子がいるからです。毎度毎度突き飛ばしたり、遊んでるおもちゃを奪ってみたりする子がいるんですが、被害者はウチだけじゃなく、おなじくらいの子はたいてい、何らかの被害を受けているようです。

近所の公園では、よその子をはがいじめにして首をしめている姿を目撃している人もいて、それを大人が力ずくで離していたとか、ちょっと普通じゃない話ばかりが耳に入ります。
そんな子と小柄な2歳児を一緒に遊ばせるのはとても危険なので、いつも私たちが参加するのを楽しみにしてくれているボランティアの学生たちが卒業する前に会いたい気持ちと葛藤しつつも、子供を危険なめに合わせたくはないので自粛しています。
その子が来年は幼稚園に入る(サークルには来れなくなる)そうですけど、それじゃ卒業生に感謝の気持ちを伝えられないのは心苦しく・・・。

こういう子への対応ってどうしたものでしょうかね。
その子の親は、しつけは放棄しているようでまったく注意をしませんから対処のしようがなく、サークルに参加したいという気持ちのある数名の友達と話あってます。

初めてのエーゴ

このところのアカネちゃんには、それをどこで覚えたの?と不思議に思うくらい、いろんな言動を見せます。
今日はいきなり

「アポー」

と言いました。

「?」   ・・・ (^^?

何度も繰り返すし、それが何か判らなかったので聞いてみると、ベビーサインで食べるもののジェスチャーをします。

「もしかして、apple?りんごのこと?」と聞くと「うん」と言います。
念のため、ビー玉の入ってた網をりんごの形に丸めたものを見せて「コレは何?」って聞いてみたら、答えはやっぱり「アポー」。

今までは好きな英語の歌に出てくるscaryとか、Vampire、No、 なんていう単語を意味もわかってるのかどうか判らないまま言っていた(というより歌ってた?)だけですが、今日のは確かにりんごを指して言った台詞。
・・・・びっくりしました。

ウチは英語教材の類はなにもないので、NHKの「英語であそぼ」以外にそんなことを覚えるきっかけはないはず。先日も、「あっちに行こう」なんて言ってどこかに移動するときに「ゴーゴーゴー」と片手をにぎりこぶしで振り回すのを見て不思議に思ってましたけど、これはもう、決定的です(^^;

アンタ・・・先に日本語を覚えてよ(- -;


以前、子供にスキーを教えてたことがあります。そのとき日本人なのに、英語だけを話す3歳ぐらいの子がいて、親は一体何を考えて子供を教育してるんだか、と思ったことがあります。日本に住んで、日本語の環境で育ってるのに、英語だけを話させる親ってなんだかなー、と思うんですよね(^^;

確かに英語教育は、子供のうちに脳にすりこのが大事だと思います。
大人になってからだと、どうしても「翻訳」してしまいます。英語で考えるレベルで身につけるというのは大変でしょうけど、それができたらすごいと思います。

たとえば、私は英語のYESとNOがちゃんと使い分けできません。
コーヒーにお砂糖がいるのか聞かれたときに、はじめは「いらない」と答えても、「No Sugar?」と聞き返されたときに、つい「YES」と答えてしまいます(--;
(この場合の「Yes」は、「That's right」の意味で使ってしまってます。)
砂糖がいらないのであれば、「No」と答えなければいけないところを、頭のなかで翻訳してしまうために「Yes」と言ってしまうわけです。

友人が言っていたことですが、外人(白人)みたいな名前をつける親の言い分の一つに「国際人として通用する名前をつけたい」というのがあるそうです。
私は日本人としてのアイデンティティもない人間が国際人として通用するとは思えないので(←単なる偏見w)日本人らしい名前を子供にはつけました。(注:アカネはHNです)

同様に、日本語がちゃんと使えない子が、英語をしゃべれてもあまり価値のある人間になるとは思えないので(これも偏見w)まずは日本語をちゃんと話して欲しいと思ってるわけです。

ま、まだ2才になったばかりですから、エーゴなんかより日本語をちゃんと話してくれないと、何言ってるか全然わかりませんから(^^;

アカネちゃん、頼むからまず日本語を話してね。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本