Entries

あぁ、ミシン

おそろいカットソー
今日仕上げたのはこの2着ですが、同時進行で先日の水玉の服の長ズボンと冬のコートを縫っていました。
ズボンは今日、アカネちゃんが試着したまま幼稚園に着ていってしまったので画像がありません(^^;
帰ってきて、アカネちゃんがズボンを脱いでくれたらすぐにでもウェスト部分を手直ししたいと思ってます(笑)
もとのデザインではポケットがなかったのですが、それを無理やりある型にしたため、ちょっと調整が必要になりました。

そして、冬のコートですが、これがまたいろいろと課題が多くて頭を悩ませています。
なにぶん、厚地なので、ミシンで無理やり縫うのが難しい最終段階で苦戦しています。

煮詰まって頭を冷やすためにいろいろネットでミシンのことを調べてみたら、私が持っているミシン、(ジャノメエクセル)って、当時15万ぐらいしていたものらしいです(^^;
大卒初任給4万ぐらいの時代じゃないのかな? 機械式のミシンの最高峰といわれた時代もあったそうです。

このミシン、遠縁の伯母のところからいただいたものでしたが、私の母が使っていたものと同じなので、30年ぐらい前のものだということは判っていたのですが、すごいものだったんですね。
過去の遺物(!)であっても大事に使わないと、と思いました。
ちなみに私の母は洋裁をちゃんと習っていたことがあるそうです。

さて、そうはいってもやはり昔のものだけあって、使えないものも多いのが現状。
その一番がボタンホールですが、もう一つ超厚地に対応できないということ。こういうのって職業用ならこなせるようですが、そこまでやりたくないです。(←はまりやすい人だからw)
この難関をどうにか突破して仕上げたいと思っているところです。

そんなことでいろいろミシンの機能をチェックしていたら、私がもし次に買うのならこういうのがいいんだということが判りました。



どれも5万円ぐらい・・・・・。とうぶん我慢できそうだけど、アカネちゃん、いつボタンホールのある服の着方を覚えるんだろうとちょっと不安に思い始めてます(^^;

スポンサーサイト

進化するポケット

ポケットを付けてはみたけれど、どうにも縫い目のゆがみ方が気に入りません。
ニットってどうしてゆがんでしまうんだろう(・・?

そんなことを考えながら、箱ポケットみたいな方法を模索してたらとても良い情報をいただいてやってみました。
進化したポケット服
脇のところから手を入れられる、表からは一枚の布のままの状態のポケットです。

こういうのをもっと作ってみたいけれど、そろそろ別のものも作りたい気分です(^^;

次は何にしようかな♪

初・家庭訪問

今日はアカネちゃんの初めての家庭訪問でした。
3年保育の子どもの家庭訪問なので、先生は二人。とてもかわいらしい先生なので、子どもがなつくのがよくわかります。

そこで、お願いしたかったことを言ってみました。

どうかウチの子に文字の書き順を教えてください
ほとんどの字は読めて半分ぐらいは書いているような状態です。

まだ早いのは判っていますが、書き始めてしまったものは仕方がないので(!)このまま書き順がめちゃくちゃなまま小学校に上がるより(すでに私が教えることを放棄していますw)今のうちだと思ったからです。

なにしろ、アカネちゃん、何かを教えようとしても「ちがうよっ!こうなの!」と返してきます(-o-)
この傾向はかなり小さい頃から・・・生後8ヶ月ごろにも見られましたから、早めに周囲の子を見て学んで欲しいとその頃からひそかに思っていたことです。

先生はアカネちゃんが絵の描き方といい、字の習得といい、早熟なほうだと了解しているようで、快く引き受けてくれました。

親がとやかく言ってもダメなことってあるものです。
何かを学習させることがその一つじゃないかと思ってます。

私がスキーのインストラクターをしていたときに、受講してくる子の親のなかには正指導員の資格を持っている人もいたのですが、何かを教えることをしたことがある人はだいたいそのことを体験から学んでいるようです。だから、他人が教えてくれるところに預けるわけですね。

幼稚園の先生には、念のためひらがなを「勝手に」習得させざるをえなかった経緯を話しましたが、勝手に覚えたものはどこかで軌道修正しなくてはならないもの・・・・それを幼稚園に託しました。
親の言うことは聞けなくても、幼稚園の先生の言うことは聞ける、まだまだ反抗期の3歳児です。このタイミングで幼稚園に入れていなかったら、めちゃくちゃな書き順のままどんどん文字を習得していったんでしょう。

そう思ったら・・・

これからも幼稚園の先生とは仲良くさせてもらおう

と思いましたね(笑)

子ども服作りと趣味

アカネちゃんが風邪で幼稚園を休んでいたので、昨日アップできなかったものをまとめて載せます。
ポケット対策服の続きでカットソーをもう一枚作りました。
ポケットつきカットソー
水玉の生地が1mの着分で売られていたものなので、2枚作るほどは残っていなかったため、袖とポケット、首まわりに使って、胴体は別の生地です。
こういうのを作るようになって、ようやくロックミシンのありがたさを身にしみて感じています。

もう、これなしでは洋裁はできません(^^;

それから、アカネちゃんの趣味を路線変更したくて作ったこの服。
水玉チュニック
去年作って、あまりにも気に入られてボロボロになるまで着てもらったこの服
編み物でチュニック
に路線をもどしたいという願いをこめています(--)
もう、ヒョウ柄とかゼブラの生地を着ている人を見ても

指差さないで欲しい

という切実な思いからです(涙)

この水玉を気に入ってくれてた頃は、本当に何でも私の好みに合うものを気に入ってくれていましたからね・・・。

それから、今朝、パンを焼きましたが、一緒に作ってみた焼き豚がすごくおいしくてびっくりしました。
「煮る」より「焼く」ほうが断然おいしいんですね。
パンと同時に焼くというのはかなり邪道なんでしょうけれど(笑)
焼き豚
アップで見た焼き豚

幼稚園のポケット対策

ポケットつきTシャツとポケットチーフ
おそらく、他の人は子どもにポシェットを持たせているんだとは思いますが、私は私にできることをやってみています(^^;

まずは昨日の続きで、ポケットつき長袖Tシャツを一枚縫いました。大きなポケットの服は昨日作った1枚しかないので、それを毎日着せるわけにもいきません。なので、中に着れるものにポケットを付けて他の服も着まわしがきくようにしました。
あと1枚ぐらいはこういうのを作っておこうと思います。

そのほかに市販のものよりも小さめのタオルチーフを4枚作りました。
要するに、ポケットが小さいのだから、入れるものを小さくするのも一つの方法、という発想です。
(すでにポケットティッシュケースは小さいものを作ってあります。通常のポケットティッシュを、半分に折って入れるくらいのサイズです)

タオル地は名前を書けないので、名前タグも縫い付けました。
このタオルチーフは、ハンドタオルを1/4サイズに切って、ふちをロックミシンで処理しています。こんな簡単なものですが、この方法にたどり着くまでかなり試行錯誤していますf(^^;
普通のミシンのステッチなどでもやってみたのですが、パイルのある生地を縫うのはなかなか難しいようです。少なくとも私が使っているミシンでは。

かといって、ロックミシンで直角の処理は難しいので、角を丸くカットして処理することに。
バイヤスでくるむ方法も考えましたが、バイヤスになりそうな適当な色合いの生地がなかったのでこの方法に落ち着きました。

まだ90センチのアカネちゃんが、普通にポケットに何でも入れられるようになるのはいつなんでしょうか。
まぁ、その服も私が縫っているとは思いますけれど(^^;

さて、これでもう幼稚園でハンカチを落とさないでくれるでしょうか。週明けから様子をみたいと思います。
(安全ピンで留めて行った日をのぞいて、毎回落としてきてますw)

こうして毎日のようにミシンに向かっていると・・・・・やっぱりちゃんとしたミシン欲しくなります(^^;

通園服と文字の書き順

ハーフリネンのワンピース
ハーフリネンのブラックウォッチが1mほどあったので、シャツの型を使ってシャツワンピを作ってみました。
サイズは100センチです。

これは通園し始めてから毎日頭をなやませているポケット対策のために作りました。
幼稚園にはハンカチとポケットティッシュを持っていくことになっていますが、アカネちゃんのサイズの子の服に付いた(付けたw)ポケットってどれも小さいんですね。
毎日のようにハンカチを落としてきています(--;

そこで大きなポケットがアクセントになるか、隠してしまえるデザインを模索してみました。

よく見ると、胸下の切り替えしの脇あたりがバイヤスでくるんだポケットになっているのがわかるでしょうか。
ポケット
この部分が入り口になって切り返しより下2/3ぐらいが大きなポケットになっているんです(^^;

かわいらしいワンピースの型だと、こういうポケットはちょっと付けづらいので、シャツの型で作って、すそにフリルを足してワンピース風にしました。

襟元にはアカネちゃんの名前タグを付け、胸元にはレース編みのお花をつけてみました。
もうちょっと柔らかい生地だとよかったんですが、ハーフリネンはちょっと硬いのが難点です。

さて、幼稚園に入園と同時に、アカネちゃんは自分の名前をフルネームで書くようになりました。
が。
書き順がどれもめちゃくちゃ(^^;

名前にない文字ですが、一番笑ったのは「の」
これすら逆に書きます(爆)

文字を教えないで勝手に覚えるように仕向けたのは成功しましたが、書き順を教える方法を模索しているところです。
育児の先輩方、ご指導ください(笑)

編み物日和

先日、主婦の木工仲間の家におすそわけをしに行きました。入園の準備もいろいろあったのですが、会うのも久しぶりだったので、上がりこんで、長々と話し込んできました。
ちなみに、おすそわけした品はこちら↓

おくらは体にもいいので食べたいと思ってる食べ物の一つですが、このオクラチップはかなりはまってます(^Q^)

さて、そのときに見せてもらったものが気になったので、さっそくやってみました。
編み物シュシュいろいろ
一つはエンジ色のモールの糸も編みこんでいるんですけど、最近一眼レフのメモリーカードが壊れて使えない状態なので、色の出方が非常に悪いです。まったく色がわかりませんね。
明るいピンクまじりのほうは、アカネちゃんが気に入ってしばらくどこに行くのにも持ち歩いていたので、小さな髪留め用も作ってあげました。
いつも思うんですけど「ママ、ありがとう」って言葉は魔法ですね(^^;
編み物シュシュ
あみ糸
元の糸はこんな感じのものです。

それから、毛足のある糸だとこんな感じのものが出来ました。こちらのほうが見せてもらったものに近い糸です。
毛足のある糸だと

編み物ってこういう小物だと楽しいです♪

玄米食

子どもの入園やらなにやらで多忙な時期がようやく過ぎ去りました。
そこで、先般の仕事の間に得た情報で気になっていたことをやってみることにしました。

それは。

玄米食 です。

なぜ玄米食かというと、いろいろなアトピーやアレルギーの原因となったのが、現代食が関係しているのでは?という資料をいくつかの文献で見たことからです。
確かに、その昔はたいしてアレルギーなんて注目されてもいなかったし、小さい子が鼻水をたらしているのは当たり前のこと・・・・それらをアレルギーだなんて思わなかったという時代背景もあると思います。
花粉症にしても、昔はスギ花粉の原因になる種類の木自体が少なかったそうだし、お腹の中にいるサナダ虫が丈夫な体を作っていたという説もありますね。
そのほかにも、砂糖説というのもあります。甘いものを食べると、お腹のカンジタ菌が増えて腸内の細菌バランスが悪くなる。すると悪玉菌が悪い物質を多く出し、アレルギーを引き起こすとか。

まぁ、食事だけが原因だとは思ってはいないわけですが、別段やったからといって害があるわけでもないだろうし・・・・ということで初の挑戦をすることになりました。
(アトピー症状は保育園に行かなくなってからまた以前の状態に近いくらいに落ち着いていますけど)

当然、そのためには胚芽にたまりやすいという農薬成分の少ない「特別栽培米」を入手しなくてはならないので、地産地消にこだわってはいられません。玄米そのままで食べるとお腹を壊すともいうので、分つき米にするために精米機も用意しないといけないわけです。
いろんなことを準備するのに数日かかってしまいましたが、ようやく手配ができました。

娘は麺が一番好きですが、お米も大好きです。雑穀米もよく食べるので、玄米食が合うことを祈ります。
こうしてだんだん、パンを焼く回数も減っていくのだなぁ、と思いつつ、回数は減るかもしれないけれどやめないつもりですf(^^;

ちなみに、玄米食の離乳食利用は賛否両論あるようなので、3歳をすぎるまで待とうと随分前に思ったのを思い出しました。産後ボケはこういうことも忘れてしまうんですね?(←ということにしておくw)

入園後の作業

今日は幼稚園初日でした。私の仕事の都合で2ヶ月も先送りになってしまった入園でしたが、ようやく叶った夢です。これからの幼稚園ライフでは泣かないことを祈るばかりです(^^;

さて、私のスーツがまったく使い物にならなくて処分の憂き目をみているわけですが、それに比べて今年買った2着のスーツは実にハイローテーションで使いまわされています(笑)
この2週間程度の間に、私の終了式・次の仕事の面接・幼稚園の入園式と立て続けに3件。
昔買ったスーツなんて、どれも3万ぐらいはしているはずなのに、使ったのなんて数えるほど(--;
ほんとにもったいないなーと思います。

それはアカネちゃんも同様です。
七五三のときにあわてて作ったフォーマルは、上着が小さい感じになってきてしまっていて今回は別のワンピースを着せようとしたら、それもちょっと小さめ。じゃぁ、と別のを出してみたらそれは大きい。
ブラウス(お古)だけはどうにか着れましたが、それ以外はまったく想定していなかった服を着せることになりました。
入園式の服
↑結局少し前に作ったワンピースを着せました(^^;
この服を着せるつもりはまったくなかったので、作ったことすら忘れていた状況。

↓ちなみに、これが七五三フォーマル。
七五三服

アカネちゃん、身長はまだ90センチの前半なんですが、このところ肥えてきたようで、今までぴったりだった服が急に似合わなくなったり、靴もすこしきつくなったりしているようです。
子供服はあまり手間をかけて作るものじゃないと、実感している日々です(←言い訳w)

それから、今日は幼稚園に行ってる間の時間に洋服にポケットを付けまくりました。
幼稚園では子どもがハンカチとティッシュケースを持ち歩けるようにしなくてはならないので、服にポケットがあるのが一番なんだなー、と思ったわけです。
この作業がけっこう大変。
脇のところは2枚あわせてロックミシンで処理をしていますから、これもほどいてポケットを付け直していきました。余り生地はたくさんあるものの、洗濯で風合いが変わってきていることも考えて、中に付けるようにしたのですが、この手間を考えたら最初につけるべきだったと反省(--;
今後作る服はどれも、作るときにネームタグとポケットは作ろうと思いました。

さて、これからどれくらいで幼稚園に行きたくないと泣くのか泣かないのか・・・・。
幼稚園の先生の話では(これからしばらくの間毎日電話をくれるそうですw)かなり自発的に何でもやろうとしているという話なので、それが続くことを祈るばかりです。

学校に行きたい

先月までしていた仕事は、もう10年以上やっていなかった仕事なのですが、子どもを産んだことで地域の教育環境に興味を持ち、今回久しぶりに職務復帰を果たしました。
この仕事で、感化されることがいっぱいありました。
また勉強したいと思うこともたくさん。

4月になってまずやったのは、とりあえずそのジャンルの本を数冊購入して、昔の教科書も奥から出してきて書棚に並べることでした。
でもまだこれは序の口。
実は、大学の通信教育の資料なんかも集めました。

高校で導入されている「情報科教育」は以前中学校の家庭科でもやっていたこと。この免許取得と、特別支援教諭の免許をあわせて取得したいと思ったのです。

とはいえ、

あっさり挫折しましたが(^^;

一般に教員免許を採ろうと思った場合には、教育実習というのが必要になります。これは気軽に出身校に頼めるものだと思うもののようですが、受け入れる方にとってははた迷惑な存在。
以前、図書館実習に来た実習生を見て、その遊び半分な態度に内心激怒したことがありますが、教育実習生だって同じようなもの。・・・・そのあまりにも遊び半分で知識のないバカっぷりに私も実習のときはこんなんだったのかもしれないと赤面したものです(^^;
(実際には教育実習の場合だと、そういう人は落とされますw)

ともかく、関東出身で教育実習を依頼できるあてのない私にとっては教育実習なしで済ませる方法を模索するしかなく、その手段となるのは「実務経験3年以上」という条件になります。
それもまだ満たせていないわけで・・・。

まぁ、そんなことで、とりあえず目先の目標は「ITパスポート検定」ということになりました。
すでにweb関連の仕事をしてきたなかで培ってきた知識もまざっているので、さほどハードルは高くはなさそうですが、けっこう記憶力の衰えがあやうい状況です(爆)

女子大生になるのを諦めますが、その勉強は地道に続けていこうと思ってます(^^;

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本