Entries

うちのカメンライダーオーズ

今日はずっと楽しみに見ていた、カメンライダーオーズの最終回でした。

毎回ものすごく楽しみにしていて見終わったあとは、来週までどうやって過ごそうか、なんて冗談まで言ってたくらい。
冬ソナにはまったおばさま方レベルのはまり方でした(笑)

誰のファンとか、そういうのではなくって、ストーリーが本当によくできていたんですよね。適度に笑えるところもあったり、話の巧妙さとかもあって、子供よりも私が夢中になっていました(^^;

で、今日は終わってしまった後、買い物に行ったり、お昼を外で食べてみたり、いろいろしていたんですけど、家に戻って、つい

「あーぁ、カメンライダー終わっちゃったねぇ・・・。」

なんてつぶやいてしまったんですが、それに対して娘が

「また次のカメンライダーが来るから」

なんて言ってくれて、KAZお手製のカメンライダーのお面をかぶって、

「ママがちょっと元気になるかな、って思って」

なんて言ってくれるんです。
一人っ子でわがままなところも多いなー、と思うこともあっただけに、このやさしい面はちょっと泣けてしまいました。

予告編を見る感じでは、次は高校生が主役らしく、ちょっと期待薄。
まぁ、他にも子供番組はあるようなので、シフトするのもよいかと思っています。

これからは、幼児番組にはあまり夢中にならないようにしようと思ってます(^^;
スポンサーサイト

ひさしぶりの肉まん作り

ずっと食べたいと思っていながら、作れないでいた肉まんを久しぶりに作りました。

自家製肉まん
それというのも、最近食べるようになったアカネちゃんと、KAZ、私の3人ぶんを圧力鍋2つで作るのもちょっと面倒だし、なにより圧力鍋で作る肉まんは固くなることを知ってしまったので、蒸し器で作りたかったのです。

圧力鍋だと固く仕上がることを知ったのは、ちょっとお菓子作りを教える仕事をしたときに、家で作る蒸しパンが固くなることに気づいたからでした。職場のはふんわりとできるのになぜっ? と思って調べてみたら、やっぱり圧力が原因なんですね(^^; 主婦10年目にして気づいた新発見でした(笑)

で、いろいろ探しました。蒸し器が欲しいなーと思ってからいろいろ。

理想を言ったらやっぱりこれなのです。

竹の蒸篭は、蒸気が適度に逃げるので、表面が乾燥したほうがよいものには最適なんです。仕上がりが一味ちがいます。でもかびやすいので、管理が・・・・(--;
それに、この鍋の形状は憧れの文化鍋! ご飯がおいしく炊けるというので、欲しいと思ったこともあるのですが、なにぶんIHには対応できないのです。文化鍋はアルミが一番よいそうです。ステンのIHに対応できるものはイマイチと知っているだけに、これはなんとなくいやだなぁ、ということで却下しました。

となると、こういうタイプが候補に挙がってきます。

IH対応で、大きな2段のステンの鍋。
でもね、めったに使わない30センチの大なべが家にすでにあるんです・・・・。
上だけ買えないかとお店で聞いてみたのだけれど、やっぱりだめで却下。
アルミのものは別売りしていたのですが、手持ちの鍋にはぴったりおさまらないので、これも却下。
で、これになりました。

アルミのせいろ

これ、ホームセンターで1つ1000円ぐらいで売られているものです。20センチ前後のサイズまでなら、手がないタイプが多いようです。
2つ買いました。
これって、知ってる人は知ってるものだと思いますが、これと似たようなものです。


言わずと知れた、ルクルーゼの上乗せタイプのスチーマー・・・・。
ウチのルクは28センチのビュッフェキャセロールなので、サイズがないため早々に却下していたものです。
これ、1万円近くしますけどねぇ・・・。無印にも似たようなものがありますし。
私は熱伝導のよいアルミのほうがよいと思ったのでホームセンターのもののほうがよいと思ったのですが・・・。

家にあった20センチの鍋に2段載せて使ってみましたが、ちょっと多いくらいの量ができました。
鍋のほうにも蒸しすを入れて作ったので、3段分作ったことになります。
1段で作れるのがこれだけ。ちょっと小さめに作ってみましたが、手のひら大のものが5つぐらいはできることがわかりました。
1段ぶんの肉まん
これでおなかいっぱい、肉まんをほおばれるようになりました。お客さんが来ても、点心をいろいろ作っても大丈夫です!

やっぱり手作りのほうがおいしかったもの

私ほど何でも手作りしたがる人も珍しいとは思っていますが、今までシメサバに関しては、買ってくるものと思っていました。

なにしろ、 サバの生きぐされ ってコトバがあるくらいだし、

死にたくなかったらお店のものにかぎると思っていたんですね(^^;

でも、違いました。

最近磯釣りに行くKAZが、さすがに魚の種類を選んで狙ってくるようになってくれて、私好みの魚を釣ってきてくれたのです。

イワシとか、サバです。

イワシはハンバーグでもつみれ汁でもおいしいので、時々作るものです。
サバは、今回初めて新鮮な状態のものから煮魚と、シメサバを作りました。

これがまた、びっくりするくらい美味!

お店でシメサバが買えなくなりそうです。

今回魚のほかに、昆布も採ってきてもらったので、これはダシ昆布に使おうと思います。

せっかく釣ってきてくれたサバ料理はどれもおいしく出来ましたが、これでまた舌が肥えてしまいました。

スーパーの魚が食べられなくなりそうです(--;

北海道のわかめ?銀杏草

だいぶ前のことになりますが、近所の人に「仏の耳っていう海草なんだけど」と言われて受け取った海草がありました。

味噌汁にして食べると聞いたので、言われたとおりにしてみると・・・。

味はワカメ。
見た目は色の悪いワカメ。
食感もワカメ。

そのときはふーん、ずいぶんワカメに似た海草が北海道にもあるんだなぁ。と思ったものです。

最近になって、ワカメが入手困難になってそのことを思い出しました。
まぁ、中国産とかはあるんですけどね・・・。

なんとしても入手したい! と思い、いろいろ調べてもらったら、銀杏草の別名だったようです。漁期は冬の間だけ。
仕方がないので、夏の間は(もう秋?)昆布とりでがまんすることにしました。

ちなみに、北海道でもワカメは育つそうです。天然より養殖のほうが主流になって採らなくなっただけだそうですが、北海道産のワカメにはまだお目にかかったことがありません。

近所の海で取れたらいいんですけどね。

薄焼き卵を油なしで作れるフライパン

ダイナストンのフライパンを使い始めて1ヶ月以上たちました。
今のところ、文句なしの性能を誇ってます(^^;


夏の間、冷やし中華や散らし寿司を作るたびに、薄焼き卵を作るわけですが、油なしでちゃんと作れます。
羽つき餃子も、お皿に移すのを失敗しないかぎりはうまく出来ます。

IH対応でこの値段、この性能はかなり高い合格点だと思います。
お気に入りのフライパンに出会えて満足です(^^)

豪華!薔薇風呂?!

最近、アカネちゃんが薔薇風呂に入りたいと言い出しました。
ことの発端はNHK教育でやっている「はなかっぱくん」で、温泉に入っているときに薔薇の花を咲かせてしまい、薔薇だらけの温泉になるというお話からです。

薔薇なら、山ほど咲いている我が家。実行に障害はありません(笑)

お風呂掃除が大変になるくらいです。

そんなわけで、今日は豪華に薔薇風呂となりました。

花は、ニュードーン、ブラッシュノアゼット、ラブリーメイアンなどピンク系の花ばかりです。

薔薇って、花色で香りがぜんぜん違うものですけど、やっぱりピンク系はやさしい気がします。
こんな馬鹿なことをやって喜ぶのは、子供のうちだけでしょうけどね(^^;
馬鹿をやれるのは子供のうちだけだと思って楽しみました(爆)

あと一週間で夏休みが終わります。もう立秋です。北海道は夏の暑さも少しはやわらぎそうです。

芸術家?!

幼稚園の夏休みって長いなー、とため息をついているのは私だけではないと思います(^^;
どこに行くのも一緒になるので、きままな自転車移動はできず、暑い車での移動になるのもちょっと大変なことのひとつです。(エアコンは嫌いなので)

ちょっと前にねだられて、ようやく重い腰を上げたのがこれ。
デコスイーツ
たくさんのケーキ・・・・なのですが、実はこうなってます。
ふたをとったところ
最近はやりのデスイーツってやつです。子供のアトピーの薬入れにやってみました。

これがアカネちゃんはすごく気に入ったようです。

「すごーいっ! ママって 芸術家」 と言われました。

だれでもできるものだと思いますが、4歳児にはすごいものに見えたんでしょう(^^;

いろんなところで言葉を覚えると使ってみたい年頃なんでしょうけれど、私に芸術家はすごいお言葉です。

そして・・・・。さらに創作意欲がわいてしまいそうな予感がします(笑)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本