Entries

苦いお薬を飲ませる方法

ちょっとばかりKENが体調を崩して、今数種類の薬を飲ませています。
メリー・ポピンズの歌には、「苦い薬だってひとさじの砂糖があれば簡単に飲める・・・」なんて歌もありますが、苦い薬を甘い味だけでごまかすのは乳児の場合は無理です。

では何でごまかすかというと、苦味でごまかすのがポイントなのだそうです。

これは育児サークルで薬剤師さんに教わったこと。
苦味を甘味でごまかすのは難しいので、苦くてもおいしいと思うものでごまかすのが良いそうです。

そこで、私がやっているのはこんな方法です。

離乳食


この器に入っている茶色いもの・・・これが苦い薬数種類が入った物体です。

これが何かというと・・・。
ミロ
これです。

上の子にも時々飲ませるミロとベビー用粉ミルク、粉薬種を混ぜ、それを液状の飲み薬で溶いたものです。

これだと味はチョコレートシロップのような感じになり、食べてくれます。

チョコレートが嫌いな子であれば、黒蜜もよいみたいです。(上の子はダメでしたが)

たんがかなり出て、夜は呼吸が苦しそうなので食事も初期のような流動食みたいな感じに戻ってます。
りんごのすりおろしすら吐いてしまうものですから、今日のお昼は砂糖の入っていないプリンと(底にカラメルシロップは入ってるので、残りは混ぜて大人が食べます)夕飯用に煮ておいたカレーの具をつぶしたものなど、かなり初期に近い内容のものにしました。

外出ができないので、買い物はネットスーパー頼み。イオンの手芸屋さんからセールの案内が来ているのがもどかしいっ! なんたって最高ランクなので、このタイミングで買い物すれば30%オフですから。
はやく治ってね〜。(セールを気にできる程度には回復してますのでw)
スポンサーサイト

ランドセルカバーを作る

入学準備でまっさきに思い浮かぶものって、やっぱりこれです。
ランドセル
この時期になって、ようやっと買いました(^^;

古いタイプのものだと、A4クリアファイルが入らないそうで、それを理由に3千円ぐらいで売っているのですけれど、やっぱりみんなと同じもののほうが良いと思って、今年のモデルにしました。

でも、紺って男の子の色のような気が・・・・。
娘には水色か紺と言われていて、水色は色が焼けやすいよ、と言われたことから紺にしたものの、それでいいのか迷ってカバーを作りました。
ランドセルカバーを付けたランドセル

どうでしょうか? ドキドキ・・・。

自分ではよくやったと思ってます。

イチゴ柄のランドセルカバーの内側
ランドセルカバーの蓋の部分

まるで初めからこのデザインだったかのごとく、馴染んだラミネートの色!
女の子らしい苺とレース!

ちょっと品のある感じじゃありませんか? (←答えを強要しているw)

今年はキャメルや黒みたいな色がとってもおしゃれなデザインで出ています。
でも、それは4万円ぐらいする高級モデルにかぎったこと。普通のは昔と変わらないスタンダードなデザインなのです。それに一味加えると、こんな感じ・・・。

下の子に使いまわせるくらい、きれいに使ってくれたらうれしいんですけどね。この色なら男の子でも使えますから。

お食事スタイ

フェイスタオルから作ったお食事スタイ
めずらしく自家消費のためのあれこれに追われてます。

今日はお食事スタイを2つ作りました。

何といっても、お食事スタイはタオル地とかの吸水のよいものが一番です。アカネちゃんのときにビニールのとかプラスチック製のものとか、いろいろ試したけどあまり使い勝手が良いとは思えず、今回もまたタオルに走ることにしました。

なぜタオル地が良いかというと・・・。
汚れを吸い取ってくれて、汚れたら洗濯機に入れれば済むからです(^^)!

離乳食の時期はとかく大変だし、汚れたビニールのスタイを洗剤で洗ってる時間が取れないこともしばし。それに使い込んでくるとなんとなくねばっとした感じが残って、触りたくもないものになります。
いちいちお湯を沸かして洗剤で洗うのは大変だし、子供の歯磨きもしなくちゃいけません。

で、昨日子供と一緒に学用品の一部を買いたしに行ったついでにフェイスタオルを買ってきて、そのプリントが活かせるようにスタイを作ってみました。

アカネちゃんのときはゴムの入ったタイプだったのですが、KENはお洋服風にしてます。
何となく男の子ってギャザーが似合わない気がして・・・・。

タオルが500円/2枚 だったので、1枚250円ぐらいで出来ました。家の中で使うなら、もう着なそうなトレーナーとかを袖を切って作ってもよさそう・・・。
まぁ、そういったものもいずれ作ると思います。

入学準備

給食セットの巾着とランチマット
小学校の入学準備なんて大したことない・・・って思っていたのだけれど、それは大きな間違いだったと思い始めたのはつい1週間程前。
自分で脱ぎ着できるエプロンは、前に作ったものがあったのだけれど(かぶって着れるタイプ)給食の巾着やランチマット、手提げ袋を幼稚園のままでいいのか・・・なんて思って、できる限りでいいから新しくしてあげることにしました。

しかし、今うちには乳児が一人・・・・。

これが大問題なんです(--;

あまり昼寝をしない子で、夜中もしょっちゅう目を覚まし、添い寝してないことに気づくと泣き出す子。

これでは作る暇がありません。

ちなみに、小学校の入学準備をしてあげてる本人は、こういうことをしていると分かっていても、ちょっとの隙に弟を泣かせるので、子守にはなりません。
なので、ほんのちょっとの昼寝の間に・・・1時間ぐらいで大慌てで作りました。

給食のエプロンとランチマット、三角巾を入れる巾着とランチマット1枚です。

生地は家にあったもの。今水色に走っている子なので、水色系を選びました。

ちなみに、誰もが頭を悩ます算数セットなどの名前付けはパパの担当となりましたので、今回は用品を買い揃えるのと、アイロンプリントと作るものは作るのが私の仕事です。

あと作らないといけないものがいくつかあって、一番重要なのはランドセルカバーです。これは「水色は色がやけやすいし、汚れが目立つよ」と教えてくれた友人のアドバイスにしたがって、紺を選んだのだけれど、紺は男の子の色のような気がして、娘の好みっぽいカバーを付けてあげることにしました。
うまくいけば、下の子にも使える状態で残せるかと・・・・。

そんなことで、大慌ての入学準備に追われています。そしてKENの初誕生もあり、これの作り物もあります。他にも食事用のスタイを作り足したいと思っていたりするのだけど、なかなか進まず・・・・。
この時期、いろんな人の入学入園準備をお手伝いしてきたのですが、今年はとりあえず休止することにしました。

・・・・まぁ、それでも多分頼まれたらやっちゃうと思いますけどね(^^;

バレンタインデー

チョコバターケーキ
今日はバレンタインデー。
こういう日はやっぱり何かしら作ります。

いつもいつもベーキングパウダーで膨らますカップケーキに付き合うのはこりごりなので、私の独断でバターケーキにしました。これを娘に手伝わせると、硬い歯ごたえのあるものになってしまうので、私が一人で生地を作り、トッピングのマーブルチョコだけ手伝ってもらってます。(バターケーキはメレンゲをすばやくさっくりと混ぜるのがポイントですから)

バレンタインデーのような日は、我が家では普段手作りばかりなので、

買ったものを楽しむ日

にしています。
普段から手作りばかりだと、そのほうが特別な気分を味わえますから。

で、買っておいたのは、夫の好きなビター系のほろ苦いチョコレート・・・ではなく、私や娘が好きなミルク系のチョコレート(^^;

ビターはなかなかなくならないので、去年買ってみましたが今年はやめました。

一つ味見してみたら、思ったとおり美味しい♫
KENにも来年は食べさせてあげたいです。

大活躍の・・・

実家では当たり前のように作っていた伊達巻きですが、北海道に来てからというもの、おせちのだて巻きを作るというと驚かれることがほとんどでした。

北海道は素材がおいしいところ。こういう土地は、料理をする文化が育ちにくい傾向にあります。それゆえ、料理をする人が少ないのかもしれないし、もしかすると共働きが多いからなのかもしれません。
それでも私は伊達巻きは自家製にかぎると思うので毎年お正月の時期から不定期に作ります。

子供はやっぱり大好きなようで、今回はお弁当のために作りました。でも、朝の忙しい時間に弱火でじっくり焼くのはけっこう大変。砂糖が入ってると焦げやすいから弱火でじっくり・・・でも朝ごはんの支度だとか、今はKENの離乳食もあるのでかなり大変です。

ガス台がもう1台ほしい・・・(--;

・・・なんて無理なことを思いながら作りました。
自家製伊達巻き
実は、今年ちゃんとしただて巻きを作ったのは初めてです。

ずっと鬼すが見つからなくて・・・巻きすを使って作っていました(^^;
 ※鬼す・・・伊達巻きのギザギザを作るためのもの 巻きす・・・のりまきを巻くためのもの

しかっかり手入れをして、乾燥させてからしまわないと、と思っていて放置したまま忘れられた鬼すがようやっと見つかったので、今年初のちゃんとした伊達巻きが作れました。(巻いてからしっかり冷ます時間もなかったし、裏側をじっくり焼くこともできなかったので、渦がありませんけどw)

もう2月ですねぇ・・・・。

今年は伊達巻きから恵方巻きまで、巻きすが大活躍の年でした(笑)

来年はちゃんと初回からちゃんとした伊達巻きを作ります(^^;

発表会の服

子供の服は基本的に作ることにしていますが、たいていあわてて作ることになるのは幼稚園の発表会の類で必要になる服です。
今回は、「白のブラウスと黒のスカート」という指示で、ブラウスは前に作ったのもあるから・・・と思って黒のスカートだけ用意すればいいことになりました。

で、作ろうと思ったのですが、ストックしている生地がたまたまフォーマル向けに用意しておいた生地しかない(--;

けど、そのためにまた生地を注文するのも面倒なので、無理やり作ることにしました。

でも、ただのスカートなんて作るわけがないわけで・・・(^^)

今回はただのウエストゴムではなく、2段フリルにしました。
2段フリルのスカート

これは案外手間も生地も必要なので、面倒なものなのです。
適当に生地を切って、横を縫い合わせてギャザーを寄せて作った前の適当スカートとは違います。

ギャザースカート
こちらは適当に切った生地に途中から切り替えてギャザーにしたものですけれど、生地もたいした量はつかってないし、作り方も簡単。
今回作ったのは裾をふんわりさせるために、実はもう一枚内側にスカートが隠されています。
なので、はいたときのふんわり感はペチコートをはいているかと思うくらいです。
あわせてコーディネートしたところ
シックなコムサのブラウスとあわせると、ちょっと品のある感じになりそうなので、今回はこれで発表会に出てもらおうと思います。

このスカートはアカネちゃんはとても気に入ったらしく「本当に大変だったー。お母さん、よくがんばったわ」を連発する(だれか褒めてw)私を横目に、「そればっか」なんて言いながらも「こっちのスカートのほうがいい」と言ってくれました。念のため、と思って買っておいた黒いスカートは普段着になりそうです。

けっこうシックなカラーを好む子なので、これもハイローテーションで着てくれることでしょう。簡単ギャザースカートのほうは週に2回は着ているので、似たようなものを作らないと、と思っていたところでしたから。
小学校でもこういう服は必要らしいので、小学校でも使えるといいんですけどね。
成長していたらまた作りますけど(^^;

離乳食のパン

かぼちゃスティックパン
KENのために作ったかぼちゃスティックパンです。市販のスティックパンを短くしたようなサイズで作りました。
思ったとおり、これだと食べるんですよね。
早く自分で食べたいんだな・・・。

ちなみに、これはほとんどこねないで作りました。理屈的にはこねないで作ることもできるはず、と思って実験してみたのですが、思ったとおりちゃんと出来ました(^^;
子供の離乳食で実験するな、と怒られそうですけど。

グルテンは水分を与えることで、自然に生成される・・・はずなので・・・・だいたいひとまとまりになるくらいまで混ぜたあとは放置してみました。

それなりに膨らんだし、とくにイーストを多くする必要もなかったので、成功したと言っていいでしょう。

そして、パンの次に作ったのがこちら。

かぼちゃボーロ
普段はきなこボーロなんですけど、ガレージにあった北海道産かぼちゃを割ったので、今回はかぼちゃボーロにしてみました。

このかぼちゃの品種は「雪化粧」というもので、表面は緑ではなくちょっと白っぽい色をしてます。
緑のものはだいたい収穫から3週間目ぐらいが食べごろですが、この雪化粧はずいぶん日持ちするので、収穫から数箇月経ってもまだまだ大丈夫です。
スーパーで売られている外国産のものは、防腐剤を使って輸送しているから緑色のものでも同じように日持ちするものもありますが、やはり離乳食なので、そのあたりは気をつけようと思います。

今、北海道産のものは入手が難しいんですけどね。

ちなみに、かなり甘さがあるかぼちゃだったので、お砂糖はほとんど使わなくてもすごく甘くて普通に食べられる感じのものが出来ました。今日のアカネちゃんのおやつにもなりそうです。

子供のお菓子づくり

私を知っている人であれば、ある程度のお菓子なら何でも作れることはご存知のことですが、それが娘のリクエストで。となるとびっくりするくらい初歩的なものを作らされます(--;

原因は NHKの クッキングアイドル です。

小学生しか作らないでしょう? って思うような、ホットケーキミックスを使ったカップケーキに、生クリームでトッピングとか、市販のパンにクッキー生地を貼り付けてメロンパンとか、まぁまぁ、よくこんなものを考えるもんだと思うものばかり。

小学生向きの番組だから小学生が作れるようなレベルに落とす試行錯誤は認めます。でも、それを作ってと言われるのは勘弁して欲しいです(--;

ちゃんとしたメロンパンや、シフォンケーキ、ロールケーキなら作るのは構わないんですけどね。

でも、たまには付き合ってあげよう、ってことで先日カップケーキをデコレーションするお料理ごっこをしました。
カップケーキ
カップケーキ
カップケーキ
当然のことですが、ホットケーキミックスの買い置きなんてないので、適当に混ぜた薄力粉、BP、卵、砂糖、バター、牛乳で作った生地です。ちゃんとホットケーキミックス風の生地です。バターをホイップして作るような、本物っぽいやつじゃありません。

でも、こんなんで娘は本当に嬉しそうに作るし食べるから、たまにはやってあげようと思います。

最近よく作っているのは、KENのためのボーロです。
はじめのうちは何でもよく食べていたのに、最近私が作ったボーロと海苔しか食べたがらないので、ちょっと苦戦中。私が作ってるボーロは、自然食品の店あたりで買うような本当に甘味もないそっけない感じのものなのに食べたがります。
早く自分で握って食べたいんでしょうね。なので、明日は柔らかめのかぼちゃスティックパンを焼いてあげるつもりです。

娘には早く、大人の味覚に近づいて欲しいです(涙)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本