Entries

やんごときなき赤ちゃん

最近、KENを連れて外に出ると、ちょっと気恥ずかしい思いをします。
だれかれかまわず道行く人に・・・買い物中のスーパーの中でも、にこやかな微笑みと共に手を振ります。

皆さん、微笑みながら手を振り返して挨拶をしてくださいますが、この状態がいつまで続くのやら、とちょっとハラハラしています。(すでに3箇月ぐらい経ちますw)

気候がよくなってきたので、ちょっと近所を歩いているときに人を見かけても、近寄っていっておじぎ。そのあとバイバイ・・・。
こんな時期はそう長くはないと分かってはいても、やっぱり親としては気はずかしいものです(*ーー*)

まるで皇室の人か選挙中の議員さんのようです(笑)

さて、庭の植物が芽吹きだしました。
ルバーブもぎょんぎょんにおがってます(←すごく大きくなってるという意味の北海道弁)
これを今年は少し整理をして、玄関前のモンタナやバラも少し減らしていこうと思ってます。

欲しい方はフォームからご連絡ください。
取りに来れる方のみですが、今回は自力で掘り出せる方歓迎です。育児中につき、ご協力をおねがいします(^^;
スポンサーサイト

壊れたものと、今あるもの

今日、KENのために早めの夕飯を作ってあげたときのこと。
力の強いKENがぬいぐるみの山をひっぱった拍子に、私が10年以上前に海外で買ってきた高さ40cmぐらいあるサンタクロースのオルゴールが床に落ちて壊れてしまいました。

オルゴールはよくあるクリスマスソングでしたが、サイズが大きくて、日本にはなさそうなデザインが気に入って、海外から手荷物で持ち帰ったものでした。
あまりのショックに、とりあえずオルゴールのユニットだけでも外そうと思い立ったのはしばらくたってからのこと。夫がKENをちゃんとみてくれてなかったことにちょっと憤りも感じながらも、壊れてしまったものにショックを感じて落ち込んでました。

その片付けをしていたとき、アカネちゃんがセロテープを使って何かをしているのに気づき「またセロテープを使って! 何をしてるの?!」と叱りました。
アカネちゃんの工作好きは相当なものです。二日でセロテープが1本なくなります。
なので、日頃からなにか使いたいときにはことわるように言っています。なのにまた勝手に!と思ったのですが・・・。

「お母さんが大事にしていたものが壊れちゃったから、新しく作ってあげようと思ったんだよ!」

こういうのに弱いんですよね(TT)
アカネちゃんを抱きしめて泣いてしまいました。

私が大事にしていたものは、この一言でただのゴミになりました。物と決別するにはいいタイミングだったと思います。アカネちゃんが居て、KENが居て・・・。なくしたものはどうでもいいものだったと、はっきり思えた出来事でした。

アカネちゃんが時折見せるこういう優しさを、私は大事にしていきたいと思います。
・・・相変わらず怒られてばかりの子ですけどね(^^;

このあと、アカネちゃんと一緒に朝顔の折り紙を折って、絵を作りました。

下の子のためのことばかりで、上の子ってけっこう放置しっぱなしになってしまうものですから、これも大事な時間です。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本