Entries

本当に使いやすい離乳食用食器

上の子の時には気付かなかったことですが、離乳食を食べる1歳前後の子が、自分でちゃんと食べることのできる食器というのがあることを知りました。

1歳になってすぐから保育園に通うようになったKENが保育園でこぼしもせずにちゃんと自分で食事をしている様子を何度となくビデオで見て、家の場合とどう違うのか検証してみた結果気づいたことです。

保育園の皿は大きくて、ワンプレート。20cm以上ありそうな大きめの陶器のお皿です。このお皿に、おかずを含めた数種類の食事が盛り付けられます。
そして、ふちが丸く内側にカーブしています。

このふちがポイントなんですね。

いろいろ探してみたのですが、こういう形状のお皿は普通には売っていません。今まで家で使ってきたものは、ふちが比較的Lに近いもので、イッタラのお皿のようなデザインのものです。これなら100均一などにも近い形状のものはいくらでもあるので、いくつかストックしています。

ふちがCに近いもの・・・・となると、100均一はもちろん、普通の食器屋さんにもそうそうありません。

保育園で注文しようかと思っていた矢先、バザーで見つけたお皿がふちがすこし膨らんでいるのに気づき、即購して使ってみたところ、すごくいいのです。
そばに付いていなくても、自分でちゃんと食べていてくれます。
少し保育園のよりも小さめなので、こぼすことはありますが、ちゃんとスプーンですくって食べてくれます。

普通のお店で探す場合には、こういうお皿をユニバーサル食器と言うみたいです。



何かの障害があって、スプーンでしか食事ができない人などが、自分の力で食事をしやすく開発されたものです。
これであれば、赤ちゃんであっても自分でちゃんと食事ができます。

アカネちゃんのときは、メラミンは環境ホルモンが・・・とか、素材のことばかり気にしていました。
子供の食器を割ったときの、その後始末をするまでの子供の安全をどうするか、と考えたら、割れにくい素材のほうが良いと思った時期もあったのですが、今は落としたら割れる陶器のほうが案外良いと思うようになりました。(結局、割れにくいコレールもずいぶん割りましたw)

KENの場合は何でもよく投げるのですが、陶器だとなぜか投げる気にはならないようです。

ちなみに、保育園のスプーンのほうは、案外長くて細い柄の金属のスプーンでした。
おもちゃの国 オズというお店で扱っているものがかなり近いかな、と思います。こちらのお店はユニバーサル食器も多く扱っているのでご参考までに。
使い勝手の良いお皿は、下手なランチプレートよりは活躍しますよ。
スポンサーサイト

あぁ、石狩市民図書館

石狩市に住んでいて、時折びっくりするほど田舎だなー、と思うことがあります。

それが  図書館の開館日  です。

先月、このところ当たり前になったハッピーマンデーに本を借りに行ったところ、

月曜日定休 とのこと。

そして、翌日は 祭日の振替休日 とのことでやっぱり休み(--;

これって、全国的にどうなんでしょうね。

少なくとも、私がよく利用していた実家のそばにある図書館ではありえないことでした。

その図書館は東京都内でも有数の利用者数を誇る図書館でしたから、他に娯楽のない田舎の図書館とは比べようもないほどの立派なサービスを提供していました。
記憶にあるのはお正月開けすぐの2日に開館していたこと。そして祭日は基本的に開館していました。(関東一円では祭日は開館が当たり前です。)

お正月はともかく、祭日に休館するっていうのは図書館サービスとしてありえないと思っていたので、本当になんとかして欲しいと思います。専門的分野の本は10冊借りても中身が古すぎて使えないものしかないので(少なくとも心理学・教育学関連は)、子供の読む娯楽本を借りに行くくらいなのですが、そのときはたまたま水曜日の朝にボランティアで読み聞かせをしに行くための本を選びに行ったものだから、大慌てでした。

まぁ、これからはちょっと気を付けて早めに借りておこうと思います。KENを連れて本を選ぶのは一苦労なんですけどね。

・・・とまぁ、久しぶりの図書館愚痴でした。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本