Entries

子供と一緒に図書館へ

幼稚園のプレスクールは、毎回それなりにイベントが用意されていて、KENは幼稚園入園への期待を膨らませて毎回参加しています。

秋の初め頃は、園のバスに乗って公園に行きましたし、先日は図書館にも行きました。(おかあさんと離れられない子は母子で乗り、乗れる子の母親は別のバスで行きます)

一人でバスに乗る練習にもなるので、これは本当に重要なイベントです。
KENはバスに当然のように一人で乗り、どこにでも行けるのですが、そうでない子もけっこう多いようです。

さて、先日行った図書館では、私は隙をねらって本を数冊借りてきました(^^;

家から図書館はかなり遠いのと、公民館はあまり絵本の種類は多くないので、こんなチャンスはありません。
で、絵本を適当にみつくろってきたのですが、KENが離してくれない絵本がありました。



KENは男の子だからなんでしょうか。やっぱり乗り物が大好きです。何度か汽車を見に行ったり、ミニSLに乗れる公園に行ったりしているので、汽車にはかなり強い反応を見せます。
でもこれは、汽車といっても、見るからにナチスの強制連行のシーンを描いた絵本です(--;

絵本を抱えてうれしそうにはしゃぐKEN。

「ぽっぽー、汽車ぽっぽ。どこに行くのかな〜」

「アウシュビッツだと思うよ」(--)ボソ

送り仮名もなく、漢字で普通に書かれている絵本ですから、そもそも幼児向きじゃないのです。

仕方なく借りてきたものの、こんな本を読み聞かせできないので、

「これは見る絵本だからね」と放置しています。

まぁ、汽車の絵が乗ってるだけで、満足しているようですから・・・。良しとしましょう。・・・まだ2歳ですし。

スポンサーサイト

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本