Entries

娘のための、でも娘は使わないもの

猫ハウス?
猫のことが気になって話をしていたせいもあって、これを見たオットは「猫の小屋」だと思ったようです(笑)
たしかにこういうの、お店で売ってますね。暖かそうなふかふかした生地で作られたキャットハウス。

でも、猫を飼う予定はないし、そういうものをプレゼントして喜ばれるようなお宅も知り合いにはないので、キャットハウスではありません。これはアカネちゃんのために作りました。

でもアカネちゃんはおそらく触ることもないもの。
横に置いたところ
これが何か、というと。
加熱したおなべを保温のために上からかぶせるためのカバーです。(ちなみに2個目)
こうして使う
こんな風に使います。

外側の生地は授乳服をリメイクしました。リバティの生地で、本物のイギリスのリバティプリントで、幅が40センチぐらいの、日本でもまれに見かけることのあるごく幅の狭いパッチワーク用かと思われる生地でした。
けっこういい値段だったと思うのですが、授乳服なんてそう長くは使いません。なので、数回しか着てないうちに不要になり、リメイクとなりました。

中はバラエティショップで買ったセール品だったブランケットです。もこもこしていて、アカネちゃんが気に入って買ったのですが、力をかけて引っ張り合ったりするものですから、ちょっと破れていました。

これがなぜ、アカネちゃんのためのものかというと。
温泉卵が大好きだからです。
先日、おでんに入れようと思ってゆで卵を作ってボールに入れておいたところ、それを見て目をキラキラさせて「これ、食べるの? 今日の夕飯?」というものですから、何かと思ったら温泉卵だと思ったようです。

ウチの温泉卵は、通常保温効果の高いステンレスボトルで作っていました。
↓今でいうところのこういうやつです。(もっと大きいですが)当時は四角い氷がそのまま入るというのがウリで「広口サハラ」というネーミングで売られていました。

もう20年ぐらい前に買ったものですが、かなり重宝していて、卵3つでちょうどよい温泉卵ができました。

このタイプはねじ込み式のキャップだから、パッキンが劣化することなく現役で使えてます。
↓このタイプも以前は重宝したのですが、さすがに10年ぐらいでパッキンが劣化し、使えなくなりました。

目立たないけれど、中央にシリコンの空気抜きのためのパッキンがあったんですね。それがだめになり、ただの水ですら漏るようになって処分しました。

メーカーで言ったら、やっぱりサーモスかタイガーは保温力が抜群です。このメーカーのものでないと温泉卵は作れません。(最近買った他のメーカーのものはまったく保温効果が感じられないので)

さて、好きならいつでも作ってあげる、と思っていた簡単料理ではありますが、我が家はKENがしっかりとご飯を食べるようになって4人分の料理を普通に作るようになりました。
そうなると、1つ足りません。
なので、どうにかもうひとつ作る方法を考えないといけないのでこのなべ帽子をつくることにしました。

イギリスのティーコーゼみたいなものです。卵がかぶる程度のひたひたのお湯を沸騰させて卵を入れて蓋をしてなべ帽子をかぶせて数時間放置。量が多いとゆで卵になってしまうので、お湯の量はけっこう大事です。(念のため割れないように空気抜きの穴を開けてます)

これでアカネちゃんの好物の温泉卵がいつでも作れます♪

もうそろそろ3年生なのでお母さんの作るご飯、何が好き? と聞かれて「納豆ご飯!」とは言わなくなりましたが、先日間違って「卵ご飯」と言いそうになってました(笑)
卵かけご飯はウチでは食べませんが、温泉卵のことを言いたかったのかな、と。
誤解を受けそうないい間違いですが、好きなものをいつでも作ってあげられるように、母はいつもがんばってるんだってことはいつか分かってくれる日がくると信じたいところです。
スポンサーサイト

秋の子猫騒動

最近大島弓子さんの「グーグーだって猫である」というマンガを図書館で借りてきました。

最近は図書館にもマンガがあるので、たまにハードカバーの本と一緒に借りることがあります。
さすがにマンガをリクエストはしようと思わないので、読みたいと思うものがあってもリクエストはしませんが。

石狩市の図書館は、前半は所蔵していても、後半をリクエストしても購入はしてくれません。後半は近隣の市から借りてくるため、延長も再度リクエストもできないのだそうで、きっちり2週間で読めるものでないとリクエストしても無駄に終わります。絶版ではないのでなぜだか不思議なのですが。
そのため本すら買ってくれない・リクエストしても無駄、というあきらめがでました。
ちなみにリクエストを出したことがあるのは早川ノベルズのピアズ・アンソニィの「魔法の国ザンス」のシリーズです。


それなりに知名度が上がってきたダイアナ・ウィン・ジョーンズの本(ハウルの動く城で知名度が上がったのでしょう)はそこそこ入っているのですが、どこも映画化していないピアズ・アンソニィの本は後半を購入することも考えてはもらえないようです。

そして、人気のあるファンタジー作家の本は「ヤングアダルトコーナー」に配架され、オバサンは行きづらいのです(- -;

図書館のえらい人はファンタジーには理解がないのか、大人でも手軽に手に取れるハヤカワノベルズはファンタジーが一冊も開架されていないのが個人的にはとっても不満に思ってます。(要するにファンタジーは「子供が読むもの」なんですね)

そんな不満から、最近はすぐに読み終わるマンガを半分は借りるようになりました。
大島さんのマンガを手に取ったのはわけがあります。

1月ほど前に子猫が近所に数匹うろついていたからです。

北海道は冬が厳しいので、秋に生まれた子猫はほとんどが死んでしまう運命でしょう。だから、犬が居るから飼えないと分かっていても、何度か子猫を保護したことがあります。
一番小さかったのは今思うとテレビのリモコン程度の重さしかなかった子。
よく生き延びてくれたと思います。里親が見つかって、無事に引き渡すまでの間、ももちゃんが授乳をしてくれて、世話をしてくれたのもあったと思います。
たいていは野良の母猫からはぐれてそばにカラスが待ち構えていたりするので、保護せざるを得ない状況だったりするのですが、猫を飼えない状況で手を出すのはせめて命だけは救いたいと思う気持ちからです。

でも、今回の子猫は、姿を数回みたっきりで、保護することはできませんでした。

どうか無事にどこかで飼い猫になっていると信じたいのですが。
大島さんのマンガを手に取ったのは、そんな猫たちのことを真摯に受け止め、愛情をそそぐ人だからなのですが、それゆえ現在は猫まみれになっているようで笑えました。きっとご近所にこんな人がいたら友達になってるでしょう。(きっと、猫を保護したときには相談に行く先です)

もし消息をご存知の方がいたら、教えてください。
無事であればそれだけで朗報です。

ニセコのハロウィン

ニセコの道の駅
今年もニセコに行ってきました。
昨年、最後となってしまいましたがニセコ号を見にいったところ、かぼちゃが街中の道路ばたに置かれて、ハロウィンムードたっぷりですごく楽しくすごせましした。子供たちが大はしゃぎして楽しかったので、今年も行くことにしました。
芝生の上のかぼちゃ
今年は街中に入ってもかぼちゃは置かれていないので、ちょっと心配だったのですが、道の駅はこのとおり。
芝生の上に転がった一面のかぼちゃに、一気にテンションが上がってかぼちゃを集め、並べ、テーブルと椅子を配置しておもちゃかぼちゃでおままごとを始めました(笑)

今年はSLを見に行くというイベントがない分、他に見るところもなかったのですが、それなりにゲットした格安野菜はこんな感じ。
格安野菜たくさん
にんじんなんて、これで150円!カラフルなやつも同じ値段です。こんなのは初めて見ましたが、味はにんじんでした。
一本10円ぐらい。ちょっと考えられない値段です。
あずきもニセコは安いみたいで、石狩で買うよりもかなり安め。500gで350円です。トマトは小さめの桃太郎が6個で180円でした。全部税込み価格なので、本当に安い。他にもたくさん買ってしまったので、渡された袋が2つにもなっていてびっくりでした。(それでも千円ちょっとしかかからなかった)

石狩も、こういうのやってくれないかなー、なんて思います。芋ほり体験とかも出来るところがないので田舎のわりに農業体験が庭でしかできないのはちょっと不便なところです。
ちなみに、石狩のJAがやっている「とれのさと」というところは、けっこう野菜が高く、スーパーで地物を買ったほうがよいと思うくらいの品質です。(生協などでも地物野菜のコーナーがあるし、スーパーのほうが安い)基本、農家の出荷できなかったハネ品を売るところなんでしょう。だいこんなんて買えません。苦かったり、すぐに傷んだりするのはここで買ったものです。かぶに至ってはこんなにまずい野菜って存在するのかと思うほど(>o<)
野菜を見る目がない人が行くところではないんでしょうね(←自分:だれか苦くない大根と硬くもなく、すの入ってないかぶの見分け方を教えてください)

ハロウィン飾り

ハロウィンのつるし飾り
朝起きると、リビングにありました。
オットが数日前から手がけていたアルミ缶を使ったモビールです。
厚紙でもできるものですが、アルミ缶細工の幅の広さを知って私が提案したものです。
デザインはスーパーの売り場で見かけたものを参考にしてます。
捨てるだけのものも、リサイクルに出す前に、使える部分は使うと面白いものができますね。

庭には風船かずらがいっぱい実をつけてます。
ほおずきのような実をつけるのですが、かずら、というだけあってつるで伸びます。1年草なので、春にまくと、秋ごろ実をつけてくれます。この種がまたおさるさんの顔のようでかわいいんです。
実は色づかないので、このままの色ですが、いたずらでジャックオランタンのような顔をかくと面白いかも、なんて思ってます。
風船かずら
今年は支柱を立てなかったので、そばに植わっているミニバラにつるをのばしています。
風船かずらとスゥイートラン

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本