Entries

ミシンの選び方

先日手縫いで蝶ネクタイを作る講習をしてきましたが、けっこうミシンを持ってないことで手作りに敷居を高く感じてる人がいることに気づきました。

ミシンなんて、普通に持ってる家に育った私には電子レンジと同じくらい当たり前な家電だと思ってましたが、そうでもないんですね。親も持ってないなんて人もいるのでびっくりしました。

そこで、ミシンの選び方についてちょっとだけ書いてみようと思います。

ちなみに、私は娘の服は一通り作ってきましたが、基本洋裁を真剣に習ったことはありません。趣味のレベルです。
が、ちょっとした機会があって、一通りのメーカーのミシンには触ってきました。

その結果、お勧めするのは

だれでも知ってるメーカー

のものを選ぶことです。

これはボビンだとかの副素材を入手するときにどこでも入手できるから。そこらへんの手芸コーナーで簡単に手に入るというのは重要です。

修理に関してもそれは言えるかもしれません。

今のところ有料のパーツ交換を要するような修理に至ったことはありませんが、買って1年以内にちょっとしたトラブルがあってメーカーに修理依頼を出したことがあります。そういうときにパーツが手に入りにくいところだったりすると大変だと思います。

私はミシンのオズ(楽天)で買いました。
通販での修理は大変かと思うところですが、代わりのミシンを貸し出してくれて、(しかも他のメーカーであってもOK,機種も選べた)送料も先方の負担で1年以内の修理は済みました。何より安く買えるのがいい点です。

近所のスーパーにも時折出展してくれるので、そういうときにメンテナンスを頼んでも千円です。(機械の内部に糸が絡まってたらしくこのときも修理パーツ等の費用は発生せず)

メーカーの人だと、一つのメーカーのものしか薦めないものですが、その点「ミシン屋さん」というのは各メーカーの良し悪しをわかって薦めてくれるのがいい点かも知れません。

さて、メーカーについてですが、私はブラザー、ジャノメあたりを薦めています。
個人的に必要なのは直線縫いとボタンホールでしたが、子供が小さいこともあって、文字のステッチが入れられる機能があると面白いかも、と思って選んだのがこれの旧モデルでした。


刺繍ミシンだと10万円以上するのですが、こういうのはステッチという機能なのでかなりリーズナブルです。
でも文字入れの大変なタオル類なんかには重宝しましたし、名前タグを作って入園前のお子さんにプレゼントするとすごく喜ばれました。
今のミシンはどれもパネルが大きくて見やすいので、マニュアルはほとんど見なくても扱えました。

さて、そんな機能はいらないな・・・という子供がある程度大きいご家庭なんかではもっとリーズナブルなもので十分です。
そういう人向けにおすすめするのはこんなものです。



ボタンホールはやっぱり作れないと困るので(小物であっても必要なときがあります)ボタンホールの形がそこそこ作れて、直線縫いがしっかりしたメーカー、という点からのチョイスです。
けっこう人気があるラインナップなので、品切れのことも多いです。
縫い終わりの針が上で止まるか下で止まるかという違いがメーカーや販売された年代によって違うのですが、ジャノメは上で止まるものが最近のものには多いようです。私はブラザーなので下で止まるものに慣れてしまってますが・・・。

直線縫いに関しては、ジャノメが一番きれいです。これはシンガー、トヨタ、ブラザーなどのメーカーと比較してもダントツ。途中で厚みが変わるときでもしっかりと縫ってくれます。(縫い代を割ったところを3つ折りで縫うときなど)
ブラザーのミシンの残念なところは、厚みが変わったときの送りが弱いため目が不ぞろいになることがあるのと、縫い始めと終わりがきれいではないので(2台目ですがどちらも)小物を作るときにはけっこう気を使います。
さすがに職業用にはかなわないと思いますが、日常レベルのものならばジャノメのこのあたりのラインナップがおすすめです。

最後に重要なオプション品の有無について。

フットコントローラーは必須です。
ワイドテーブルはある程度ボディのしっかりしたサイズのものを選べば不要。コンパクトな1万円台のものなら必要になるかもしれませんが、自分の服や子供の服、小物を縫ってるだけならばあまり必要を感じたことはありません。
まれにフェルト素材やマチ張りを打てない素材のときに(悟空Tシャツのロゴを縫い付けるとき)あるといいかも、とは思いましたが。
多分私は持ってても邪魔になるだけです。

ボビンは最低でも5個以上あるべきです。押さえは標準のほかに買っておいたものもありますが、めったに使ってません。

小物であればロックミシンは不要ですが、服を縫うのであれば必要になってくるかもしれません。ロックミシンはジグザグミシンよりずっと耐久性がありますし、2本ロックより3本、3本ロックより4本のほうがいいことは体験済みです。

小物であれば端処理をするのは縫い方を工夫するだけで対応できることも多いですが、服はやっぱりロックがあると便利ですね。
私は遠縁の親戚から回ってきた何十年もののロックミシンを使ってますが、とっても重宝してます。これがなかったら服作りはやってなかったと思うほど。大事にしてます。

というようなことで、思いついたことを書いてみましたが、ミシンはこまめにメンテナンスが必要なものだと思うのです。
もうかれこれ8年ぐらいヘビーに使っているミシンですが、普通に縫っていても綿ぼこリが内部にたまります。理想は年に一回だとは思いますが、メンテナンスを考えて購入すべきだと思います。個人的にオズさんで買って正解だったと思ったのでお勧めしましたが、他で買ってもオズさんはメンテナンスしてくれます。初回の修理のときの対応がすばらしかったのでその後もできるかぎりオズさんに持ち込んではいますが。
身近なところで頼れるミシン屋さんを見つけられるのが一番だと思います。
スポンサーサイト

ちょこっと先生

今日は市内の子育て支援施設で講師をしてきました。

ちょっと前に作ったこれ↓の作り方の講習です。
七五三の蝶ネクタイ
KENを連れて通ってるうちに、顔なじみになった先生方に先生をしてみないかと誘われたことがあったのですが、私がやることはけっこう本格的なものが多いので、ちょっと息抜きに・・・という感じのものは少なくて保留になってました。

最初に目を留めてもらったのは「リメイク」だったのですが、それはいらないものを用意してもらって、それを使えるものに作り変えるわけですから、個々のケースになります。それを講習として取り上げるのは難しいと思われることから結局立ち消えとなりました。

その後、KENのために蝶ネクタイを作ったことで、これはそこらへんではあまり売ってないし、すぐに作れるし、ちょっといいかも♪と先生方に話をしてみたところ採用となって今回の講習会になりました。

こんな簡単なものを、わざわざ講習するほどのものかと思ったのですが講習してみて何となく参加者が多い理由がわかりました。
みなさん共通することは手作りに対して憧れのようなものがあること。そして、やりたいと思いつつも踏み出す勇気と発想力が揃わないことなんだと思いました。

時間があったらやってもらっても・・・と思って用意しておいた端切れで名前札を作る方法を教えてあげたら「それも講習してほしい」という意見まで出ましたし、ほんの10分程度、ほんの端切れで作れるものでも教わりたいと思う人がいるものなんだということにびっくりでした。

発想力と行動、ってきっかけ次第なんだとは思うんですけどね。

けっこう楽しい講習だったのでまた機会があれば承ろうと思ってます。

今年の冬はいろんな先生をやって楽しい冬でした。スキーも物づくりも、私の「特技」ですからね☆

ネグレクト

KENの幼稚園のクラスの子に、ちょっとネグレクトを疑うような雰囲気の子がいます。

その子は冬なのにコットンの帽子をかぶり、薄汚れた大きすぎるサイズのオールを着て雪遊びをしています。
どうしてその帽子がコットンかを知っているかというと、私が市内の無料でリサイクルするところに寄付したものだからです。

秋冬にはとても向かない素材だったので寄付したものだったのですが、まさかそれを雪遊びのときに使う子がいるとは思ってもいませんでしたし、大人であればまずそれを使わせようとは思わないと思ったのですが・・・・。

昨日は発表会のために指定の服装での登園だったのですが、それを用意できなかった子がいたらしく、KENが着ていった服を(たまねぎのように何枚も重ねて着せていたので)勝手に使ってしまったとおわびの連絡をいただきました。
暑かったりして脱いでも指定の格好でいられるように、と思って着せたものだったので、暑かったのならかまわないのですが、帰ってきたKENは薄手の長袖一枚しか着てなくてちょっとびっくりしてました。

そのときに頭をよぎったのがその男の子です。

おそらく親が何も用意しなかったのだろうな、と。

とりあえずKENにはもう小さいズボンを寄付すると幼稚園に伝えておきましたが、保護者会のときにもちょっと気になる発言をしていたのを思い出しました。

「この一年でできるようになったことを話してください」というお題に対し、その子の父親は
「さぁ・・・・。ジジババにあずけっぱなしにしてるから、ほとんど相手をしてないし分かりませんね。」と答えていました。
今までこの幼稚園にそんな親は居なかったので、異質な感じをうけたのは私だけではなかったと思います。

ネグレクトの子供というのはいくつかの兆候があります。
あきらかに臭かったり(お風呂に入れてもらってない)、虫歯が多い(歯磨きをしてもらってない)、朝食を食べていない(食べさせてもらえない)、身なりがみすぼらしい(同じ服を毎日着ている)などです。

この項目の中で言うと、確認できるのは最後の一つだけですが、他の項目もチェックが入るかもしれません。

以前勤めていた施設では、あまりにも服を持っていないので職員が子供のお古を持ってきて(その施設に居る間だけですが)着せるようにしていました。私も雪遊びをするときに使えるようにネックウォーマーを作ってあげました。
そういう子たちは、健常児であるかぎりいろんなことを自分でする自立した子が多いように思いますが、その子も自分で人を頼ることなく何でもしていたのが印象的でした。

こういう子にどう対処したらいいのか、ちょっと考えてしまってます。

KENと仲がよいという話を聞くので何かしてあげたいとは思うのですが、そういう家庭の場合、親が病んでいる傾向も見受けられるからです。
施設のネグレクト認定のある子の場合、家はごみだらけだという話でしたし、家庭の事情で家で面倒を見れないから役所への申請をして対処することになったときも「印鑑はどこにあるか分からないから適当に買ってきて書類を作ってくれ」と突き放した態度でした。
母親は大勢の人の居る施設のホールの中で仁王立ちになって子供を罵倒し、殴る・・・。
あまりにもかわいそうで、後でなぐさめながら一緒に泣いたことがあります。

この家庭の場合、おそらく親がADHDです。


子供を親に預けっぱなしにしている家庭の子の世話をしたことがありました。こういう子の場合は、身なりはそこそこ清潔ではあるのですが、愛情に飢えていたり、行動に問題があったりします。

その子はじっとしていないといけない時に逃げ出す癖がありました。
家からも逃げ出す、朝の集まりのときにも走り出します。

この子の場合、原因はADHDではありません。それはすぐに気づきました。

親の愛に飢えているのが原因だと思いました。

じっとしていないといけない時に逃げ出す → 大人が追いかける → 捕まえられて抱っこしてもらえる

というご褒美ゆえの問題行動だと分析しました。

なので、私がこっそりとった行動は、まず私を大好きになってもらうことでした。

そのためにしたことはただ一つ。
朝、会ったときにひざをついて目線を合わせて挨拶をしてあげることだけです。
それだけでその子は1週間もすると、朝来てすぐに私のところに走りよって来るようになりました。

その次のステップは、問題行動をとったときに、私は追いかけない、ということです。

私に追いかけてもらって抱っこしてもらえると思われたら問題行動は終結しません。なので、問題行動をとったときには他の先生が追いかけるようにしてもらいました。
それで問題行動はなくなりました。わずか5日程度です。

※このミッションは私が勝手にやったので他の先生方は気づいていなかったと思います。一応プロの療育の先生方でも分からないことがあるんだな、とこっそり思いましたが。

親との関係が問題行動に発展したケースですが、幼稚園の子の場合、どういう状況なのか、少し話を聞いてみようかと思ってます。保護者会に父親が来ていたというのが母親不在のためなのかもしれませんし。

とりあえず幼稚園にはKENの服を使う場合には、他の服をせめて着せてほしいと言っておこうと思ってます。幼稚園にはお着替え袋に服が一式用意してあるので。

コマさん帽子大好評

先日のコマさん帽子ですが、帰りのバスの先生から

「KENくん、今日は大人気でした!」

と言われ、妖怪ウォッチの人気に感心しました。

翌日はまたいつも使っている帽子をかぶっていったので、あまり本人的にはお気に入りにならなかったのかと思ったのですが、昨日、またかぶって行ったところクラスのかわいいおねえさんたち(縦わり学級なので、年長さん)に褒められたらしく、今日もかぶっていってくれました。

男の子なんですね。

アカネちゃんがまだ1歳の頃、育児サークルを見学に行ったときに、まだ3歳になっていないくらいの男の子二人兄弟が、テンションがあがってしまい大変だったことがあります。
お母さん曰く「女の子が大好きで・・・・」とのことでしたけど、そんな年でも男の子は女の子が好きなのかもしれません(笑)

そんなことがきっかけでも、クラスのおねえさんたちにかわいがってもらえてるようなので、作ったかいがありました。
もう一つ作ったやつはどうしようか・・・・。ちょっと迷ってます。

思い出のスキー学校

スキー学校で指導を続けています。今のスキー学校は、ほとんど研修をしてくれません。
なので、自分から正指導員の人に声をかけて見てもらうしかないのですが、昨日はかなり実りのあるレッスンをしてもらいました。

久々の刺激あるレッスン。さすが北海道のSAJです。

思い起こせば、2級の頃相模原市のクラブに所属して上を目指したことがありました。
そのクラブといえば正指導員は周囲の人も認めるくらい当時の私より下手くそでした。そして、1級を受けたいと言うと、まだ1年目だからあと数年経ってからにしたほうが、とクラブの継続年数で受験資格まで決められてるようでした。

そして数年後、相模原のクラブに見切りをつけて栂池スキー学校に飛び込んだ私がリフトで同乗した地元の人に聞かれたのが

「相模原のスキー連盟はピーカンの天気で、ゲレンデも最高なのに、ゲレンデの下で午後3時ぐらいまで集まってえらい人が演説ししてるんだよね。何してるの?」と(--;

・・・・そういう連盟なのです。

所詮雪なし県の連盟は指導経験もたいしてなく、上達するには現地のスキー学校に入るのが早道。
スキー連盟の団体としての団結だとかを重視するところは若い人は入っても上達しないんじゃないでしょうか。

久しぶりにスキー学校に入って、栂池スキー学校のすばらしい研修の話をしていたら、私が知っている人の何人かがデモンストレーターになっていたという話を聞きました。
子育てに忙しかった数年の間にあの人もこの人もデモになっていたのかと思うと感慨無量です。

栂池スキー学校はスタッフに手厚いので、上の人が真剣にアシスタントを育ててくれます。そしてねぎらってくれます。
あんなスキー学校は他にないでしょう。

当時プライベートレッスンを受けると、渡辺一樹さんと私が同じ値段でしたし(笑)
納会では渡辺一樹さんがアシスタント全員におしゃくをしてまわってくれました(渡辺一樹さんの大ファンでスキー学校に入りましたw)

今度はまた1級の上を目指そうと思うようになり、あの頃の思い出がよみがえります。栂池スキー学校で学んだことは本当に貴重でした。

またいつか行きたいと思うスキー学校です。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本