Entries

「おねえちゃん」を作る

アカネちゃんは2歳をすぎた頃から、毎日のようにいろいろな、面白い成長ぶりをみせてくれてます。
その一つがお友達づくりです。

児童館などに行くと、いきなり気に入った人の手をにぎりに行きます。そして、そのまま手を引いて歩き出します。
小さい子のときは、アカネちゃんの「お手てつないで」に付き合ってくれる子もいます。が、大きな子の反応はたいてい

「?」(なんだこいつ)です(^^;

それでも中には小さい子が手をにぎりにきてくれたことをよろこんで、とてもかわいがってくれる子も居ます。そんな子とは、会うのをたのしみにして、仲良く遊んもらっています。

・・・・見知らぬ子の手をにぎりに行くたびに「遊んで」って言うんだよ!と言うんですが、こういうのは覚えてくれないんですよね(--;


小さい子がさらに小さい子をかわいがる姿というのは、本当にほほえましいです。
毎回遊んでもらっている女の子のお母さんとは、

「どんなにがんばってもおねえちゃんは作ってあげられないから(笑)」

なんて話をしていたんですが、今日はおねえちゃんを一人作ってあげました。

米山京子のお人形
アカネちゃんは、赤ちゃんを見るとなでたがります。お人形を買ってあげようと思ったんですが、この頃のお世話したがる子を対象にしたお人形のポポちゃんて怖い。
きっと捨てたら呪われる・・・。
↓これがポポちゃん

洋服はペチコートまで作って、あとはお姑さんをうまくのせてアカネちゃんとおそろいの服を縫ってもらおうと思ってたらふと思い当たることが。
アカネちゃんのもう着れないお古のなかに、ちょっと肩をつめただけでぴったりのものがありました。
お古をお直しして着せてみたところ
洋裁って苦手なんです(笑)

これで完成です。
私もジャムおじさんに一歩近づきました?!!
(※ジャムおじさんは、絵本の中でメロンパンナちゃんに「おねえちゃん」を作ってあげてますw)
スポンサーサイト

コメント

[C1197] 大変可愛らしい

エピソードなんですが。

すみません。
「きっと捨てたら呪われる、ポポちゃん人形」
ってのに。ぶふっ!!!

駄目、お腹痛い!笑いが止まらない!!!

実は私もそう思っていました。
怖いですよね、とくにあの目がっ。

手作り人形の着替えは是非、計画通り、「あとはお姑さんをうまくのせてアカネちゃんとおそろいの服を縫ってもらおう」で。(笑)
  • 2009-02-23 14:31
  • しのにぃ
  • URL
  • 編集

[C1198] NoTitle

>しのにぃさん
お人形って怖いので、雛人形もウチは陶器の置物なんですよ。
これはお姑さんが、どうしても他の孫と差をつけたくなかったため、私の趣味を考慮して考えた末に選んでくれたもの。
いわゆる雛人形は、立派だなぁ、と外で見ることにしています。

米山京子の作るお人形は、高校生の頃になって初めて「かわいい」と思った人形なんです。その当時買った(けど作らなかった)本を参考に作りました。

今朝はアカネちゃんが「ママー、赤ちゃん、赤ちゃん、赤ちゃん!」と3回も叫んで私にしがみついてきたので、おもわず泣いてしまいました。
小さい子をいとしいと思うやさしい子になって欲しいというのが私の願いですから。

お人形はおままごとのお客さんにして遊んでくれています。
でも次は赤ちゃんのお人形かな(^^;
  • 2009-02-23 16:12
  • まゆ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1014-1ffea103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本