Entries

編み物でおそろい帽子

おそろい帽子
ようやく帽子を二つ編み上げました(--;
右がアカネちゃんの日よけ帽、左が私のです。

素材はリネンとコットンの混紡です。少し平たい糸で、ネットで取り寄せました。初心者かつ、せっかちな私にはもっと太い糸のほうがよかったような気もします。仕上げるまでの根気は相当なもので、今回で編み物熱はかなり燃え尽きました(^^;
私の場合、マニュアルどおりにものを作るストレスかもしれませんけどね。(アカネちゃんのは子供用サイズのものがなかったので適当です)

アカネちゃんの帽子は、麦わら帽子の形にしたかったので細編みのみで作りました。これはなかなか目を数えるのが大変。で、私のは長編みを使ったものにしました。このほうが楽です。日よけの効果は少ないかもしれませんけど。

教訓として、今回並太ぐらいの太さで苦戦したので、次回はもっと太く、長編みメインの編み物をしようと思いました(笑)

今日は帽子を仕上げた他、子供の集まりに行って、先日作った「超簡単子供服」の作り方を知人に伝授してきました。(なんかすごく褒められてしまったものですからw)
袋の巾着が縫えれば簡単に作れる服ですから、みなさん「私にもできそう」とおっしゃってました(^^;
まぁ、当然ですね。適当大好きな私に作れるんですから(笑)

さて、雨続きの北海道で、晴天を願っているものがあります。
南高梅の梅干
先日漬けた梅干です。南高梅で漬けると、ほんの2日ぐらいで梅酢があがってくるのにはびっくり。
あわてて庭でアカジソを摘んではあく抜きをし、隙間に詰めていってます。
梅干の土用干しは、やっぱり晴天のときにやりたいですから、夏らしい日をほんのちょっぴり期待しています。
スポンサーサイト

コメント

[C1286] No title

まゆさん

ちょっと、すごくない?(←この言い方若ぶってます)
マニュアルなしで、帽子を編んでしまう。
まゆさんの頭の中みてみたいですわ!
私には絶対にできないことです!
布でも手を出さないのに、編む!すごい。。。

梅干はね、今年はつけなかったの。
去年漬けたのがまだ大量に残っていたから(^^;)
でも、つけている様子を見るとつけたらよかったな~って思います。
南高梅、ぷっくりしてておいしそうです。
  • 2009-07-13 16:17
  • kojiko
  • URL
  • 編集

[C1287]

ちょっとすごくない?(←この言い方若ぶってます)
私もマネしてみました。(笑)

編み物は図面をみてるだけで気が遠くなります。(大汗)
見事に完成させた、まゆさんは凄い!
  • 2009-07-13 16:49
  • しのにぃ
  • URL
  • 編集

[C1288] No title

>kojikoさん
全然すごくないですよー。指定の糸ではなかったから、私のは小さめだし、子供のは適当にやってるだけなので、かなりサイズ大きめです(笑)
マニュアルどおりやるのが苦手なだけなので、あまり驚かないでください(^^;

梅干はねー、妊婦のときに青梅を箱買い(10キロ)してしまったものだから、我が家にも大量にあるんですよ。
だって、10キロで1980円の青梅!
安すぎると思いません?!
安定期に入る前なのに、週末の夫のお手伝いも待たずに1晩だけ悩んで買ってしまいました(笑)
週末には売り切れてたから、正解だったんですけど・・・。梅酒梅ジュース、梅干・・・大量に作りました。

それでも自家製のゆかりがもうなくなってしまうし、シソはアトピーに良いというので、これからも積極的に食べていきたいと思って漬けました。
・・・いわば、ゆかり作りのための梅干です。シソはこれからもどんどん追加していく予定です。いつか小梅も漬けたいんですけどね。
  • 2009-07-13 19:13
  • まゆ
  • URL
  • 編集

[C1289] No title

>しのにぃさん
子供が小さいと、大掛かりなことは手を出される危険があるし、編み物って最適なものなんですよ。
こまごましたものでも、針なんかは落とすと危ないですから。

私も編み物は編み図を見るだけで卒倒するほうだったんですけど、他に出来ることがないとなれば仕方がないので、気合を入れてやろうと思いました。
今まで避けて通ってた道を通ってみるのも、それはそれで新境地が開けるものですね(^^;
  • 2009-07-13 19:21
  • まゆ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1064-5056ce08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本