Entries

ジャムとパン作り

このところ、北海道とは思えないほどの雨続きです。毎朝雨音で目覚める日々。まるで梅雨のようです。
そんな中、ようやく一昨日は雨の降らなかった晩があったので、ルバーブとラズベリーの収穫をしました。
自家製ジャム
ラズベリーは関東でも育つのですが、湿度の高い土地だと枝になったままカビが生えるそうです。

これを摘むのはかなり大変。何しろ実が小さいし、枝の下にもぐって採るんですから。でも、ルバーブも育ちすぎてましたから、ついでにミックスジャムを作ることにしました。

我が家のルバーブは全部で何株あるのか・・・?たしか8株ぐらいだと思うんですが、少しずつ減らしています。3mにもなるものをそうそう育てるのは大変なものですから(^^;

ついでに、プルーン酒と梅ジュースの実をミックスしてジャムにしておきました。
ジャムが酵母になってしまうことが時々あるのですが、その頻度の高いのがルバーブと梅。
この共通点は・・・色がなこと。でもそれが酵母化する理由とは思えないので(当たり前w)ミックスして加工するようにしています。
その発想から生まれたルバーブとラズベリーミックスのジャムは私のお気に入りです。
煮詰めなくてもとろみのあるジャムになるしとってもおいしいんですよ。子供も大好きです。

それにしても、市販のジャムの蓋ってすごく便利ですよね。ちゃんと気密が保てているかどうか、へこみで判ります。市販のジャムの瓶はへこまないものしか見たことがないので、どうしても市販のジャムを買う必要が時々出てきます。
どなたか、ちゃんと蓋がへこむ市販の瓶と蓋、知りませんか?

そして、子供の好きそうなパンを焼くことに少しずつ力を入れてます。
子供好みのパン
関東では容易に入手できた無農薬のかんきつ類が、北海道ではほとんど不可能なくらいに入手できないものですから、知人に頼んで取り寄せてもらい、ピールを大量に作って冷凍庫に眠らせています。
その量があまりにも多いものですから、昨年の冬からずっと焼き続けている(実はパンのネタが減ったのはこれが理由w)ピールとレーズンのパンのほか、山食を焼くのが定番になっています。
山食の生地を多めに捏ねて、少しずつお惣菜パンを焼くようになりました。

こうして何かやりだすと、何か欲しくなるもの。今度は、パニーニが焼ける機械が欲しくなりました(^o^;
ビタントニオが有名ですけど、専用みたいなのもあるんですねー。
 
でもまずはあるものでためします。ホットサンドメーカーで焼いてみようっと。(ホットサンド自体は耳が残るのでパン粉が欲しいときなど、たまにしか作りません)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1069-eec29898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本