Entries

土用干しと幼稚園の準備

魚干しネットで梅干の土用干し
ずっと梅雨のようだった北海道ですが、ようやくからっと晴れた夏らしい気候になってきました。
もう8月ですからね。そろそろ晴れてくれないと、作物の育成にも影響が出ます。

ようやく夏らしくなったので、梅干の土用干しを始めました。数年前に買った竹のザルはだいぶ傷んでいるので、今回は皿の上でやってます(^^;
しかも、いろんな虫が飛んでくるのを予測して、魚干しネットの中での土用干しです。
下段には大量に漬け込んだアカジソも。一体何年分のゆかりができるんでしょう? でも、添加物の多いふりかけよりも体によいことは確かなので、大量に作ってしまいました。しそはアトピーに良いと言いますしね。

さて、今年の夏、アカネちゃんのアトピーがひどくならなければ、幼稚園に入れてあげようと入園準備を始めました。
話を聞いてみると、だいたい世間では女の子3年、男の子2年というのは通例みたいです。ですが2年の場合、人気のある幼稚園は願書が争奪戦になることも多いと聞きますし、3年で入れておくほうがハズレの幼稚園にやらないで済む安心もあります。

アカネちゃんの場合、とにかく幼稚園大好きもとい年上好みなものですから、同年代の子すらあまり相手にしません。なので、モンテッソーリの縦割りクラス編成の幼稚園に入れてあげたいのでできれば3年にしたいと思っています。

まぁ、アトピーの症状が夏にひどくならなければ、なんですけどね。

そんなことで、一応準備をはじめました。
お弁当袋とコップ入れ
この生地、色違いのナチュラルカラーのものがすごく気に入ったのだけど、品切れで、でも諦めきれずにこの色を50センチだけ買っておいたもの。
いずれルームシューズかオーブンミトンでも作ろうと思ってました。

アカネちゃんの好きそうな茶色や水色の水玉のシーチングやかわいい象のプリント生地など、たくさん生地はあったので選ばせてあげようと見せてみました。すると、この生地を見せたとたん、アカネちゃんは豹変。

「いちご?! いちごすき!」

そう言って苺柄の布を体に巻いてはしゃいでいました。
「いちご着るー!」と言うので「お洋服にするの?そのままじゃ無理だからはさみで切って、縫ってからじゃないと・・・・」と言うと、はさみのささってるペンたてのほうまで行って「はさみ、はさみ!」と騒ぐし、そんなに好きなら洋服にしてしまおうかとも思ったのですが・・・なにしろ50センチしか買わなかった生地。
無理やり説き伏せて入園グッズにすることにしました(^^;

お弁当袋と二つの袋ですが、一つはコップ入れ、もう一つは湯飲み入れです。湯飲みのほうはキルティングで作るものなので、中に綿を入れて作りました。
キルティングって高いし、このためだけに買うのはバカらしいと思ったから。
それに、キルティングのミシン目がほどけたものって、すごくいやなんですよね。みすぼらしいのでこういう作り方のほうが好きです。

ちなみに、生地もネットで買っています。YUWAさんの生地みたいなのが私の好みです。

他はおばあちゃんの手縫いのスモックと絵本バック、着替え入れなど。まだ名前付けやサイズの調整もあるので完成ではありませんが、まだずっと先なのでのんびりやるつもりです。
入園グッズ作り
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1075-f63b23f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本