Entries

「着物の着付け」の常識

最近知ったことですが、数年後から義務教育で着付けを習うことになるんだそうです。
私自身は着付け教室を出ていますので、一通りの着付けは出来るつもりでいます。(忘れていることもありますがw)

私が十代の頃、年配の女性から

「今の若い子って浴衣も着れないのよね」

なんて呆れたような言葉を聴くことがよくありました。私の母も着付けはできないので、私は習うために着付け教室に通ったような世代です。

ですから、私に言わせてもらえば

「そういう時代ですから」

と言いたいところですが、これから着付けを義務教育でやるとなれば、逆転現象が起こることが予想されます。
つまり、

「ねぇねぇ、ウチらより上の世代って、浴衣も着れないらしいよ」(ギャルっぽくがんばってみたw)

ってな感じです。
義務教育でやるということは、いずれそれが一般常識として認識されるということだと思います。
これはなんだか面白そうなことになりそうだなー、なんて思いました。

さて、最近忙しくていろんなことが中途半端になっています。
数週間前まで見事なまでに咲きほこっていた花たちは、どれも散りはじめ、その残骸が足元に散らばっています。
梅干しの土用干しは、天気が雨ばかりなので、まったく出来ないまま。
届いたDMやら幼稚園のお便りも、目を通すのは数日経ってからといった感じです。

それでも子どものアトピーが少し悪化していることもあって、料理は手を抜けません。
たいしたものは作っていませんが、添加物の多いものを食べた後は症状が悪化することが多いので、気をつけています。

この夏、私はほとんどの週末は研修やらで潰れてしまうので、お盆の間だけは子どもと過ごしたいと思っています。普通の家庭ならば、夫が夏休みの間は子どもと家族サービスなのでしょうけれど、我が家は私が外に出て、夫は在宅仕事なのでまるっきり逆なのです。
幼稚園の行事とかも、母親ばかりのなかに気にもせず参加する夫はすごいなー、と感心しています。

すっかり専業主夫してますからね(--;

私よりカンペキにやられると立場ないんですけど。(料理はしませんが)

まぁ、そんなことで、私は今、すっかり家庭からのけものにされている感じです。
夏休みの親子遠足も、私はのけものです。

夏休みこそ、子どもとコミュニケーションをとっておかないと、と思う世間一般の父親の気持ちがよく判りました(^^;
それでも、母は子どものためにがんばるのです。(これまたサラリーマンのパパのような台詞だわw)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1196-2cf535de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本