Entries

ひさしぶりの肉まん作り

ずっと食べたいと思っていながら、作れないでいた肉まんを久しぶりに作りました。

自家製肉まん
それというのも、最近食べるようになったアカネちゃんと、KAZ、私の3人ぶんを圧力鍋2つで作るのもちょっと面倒だし、なにより圧力鍋で作る肉まんは固くなることを知ってしまったので、蒸し器で作りたかったのです。

圧力鍋だと固く仕上がることを知ったのは、ちょっとお菓子作りを教える仕事をしたときに、家で作る蒸しパンが固くなることに気づいたからでした。職場のはふんわりとできるのになぜっ? と思って調べてみたら、やっぱり圧力が原因なんですね(^^; 主婦10年目にして気づいた新発見でした(笑)

で、いろいろ探しました。蒸し器が欲しいなーと思ってからいろいろ。

理想を言ったらやっぱりこれなのです。

竹の蒸篭は、蒸気が適度に逃げるので、表面が乾燥したほうがよいものには最適なんです。仕上がりが一味ちがいます。でもかびやすいので、管理が・・・・(--;
それに、この鍋の形状は憧れの文化鍋! ご飯がおいしく炊けるというので、欲しいと思ったこともあるのですが、なにぶんIHには対応できないのです。文化鍋はアルミが一番よいそうです。ステンのIHに対応できるものはイマイチと知っているだけに、これはなんとなくいやだなぁ、ということで却下しました。

となると、こういうタイプが候補に挙がってきます。

IH対応で、大きな2段のステンの鍋。
でもね、めったに使わない30センチの大なべが家にすでにあるんです・・・・。
上だけ買えないかとお店で聞いてみたのだけれど、やっぱりだめで却下。
アルミのものは別売りしていたのですが、手持ちの鍋にはぴったりおさまらないので、これも却下。
で、これになりました。

アルミのせいろ

これ、ホームセンターで1つ1000円ぐらいで売られているものです。20センチ前後のサイズまでなら、手がないタイプが多いようです。
2つ買いました。
これって、知ってる人は知ってるものだと思いますが、これと似たようなものです。


言わずと知れた、ルクルーゼの上乗せタイプのスチーマー・・・・。
ウチのルクは28センチのビュッフェキャセロールなので、サイズがないため早々に却下していたものです。
これ、1万円近くしますけどねぇ・・・。無印にも似たようなものがありますし。
私は熱伝導のよいアルミのほうがよいと思ったのでホームセンターのもののほうがよいと思ったのですが・・・。

家にあった20センチの鍋に2段載せて使ってみましたが、ちょっと多いくらいの量ができました。
鍋のほうにも蒸しすを入れて作ったので、3段分作ったことになります。
1段で作れるのがこれだけ。ちょっと小さめに作ってみましたが、手のひら大のものが5つぐらいはできることがわかりました。
1段ぶんの肉まん
これでおなかいっぱい、肉まんをほおばれるようになりました。お客さんが来ても、点心をいろいろ作っても大丈夫です!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1277-3b26413b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本