Entries

子供服を長く着させる工夫

先日イオンのセールで見かけた冬物生地の中で、アカネちゃんが気に入った生地は

「くまさんのお洋服」

でした。相変わらずのなりきり好きな娘です(--;

でも、あまりきれいではない茶色のむくむくのマイクロボアだったので、私が気に入ったノルディック風の生地を薦めてみたりしたのですが、ウサギかクマの路線は譲らず、せっかくの2割引でしたが、あきらめて帰ることになりました。

すでに昨年、羊(幼稚園の舞台発表用に作成)と三毛猫(ねだられて作った)を作ってますし、ピンクだとか、女の子っぽい服を着たがる傾向もあるので、作ったところで着てくれるかどうかも不安だったので。

今日は、来年のコートに使う生地を、ストックしてある生地の中から選んでいたのですが、ふと見つけた今年の春の処分セールで買っておいた茶色のフリースを発見。水玉でしたが、茶色には違いないので、120サイズでかぶりものを1枚作っておきました。
ハンドメイドのフリースとハイネックTシャツ
中のハイネックもちょうど良い生地が残ってたので、作りました。

私が服を作るときは、できるかぎり長く着れるように細工をしておきます。
ベストタイプの場合は、身幅を伸ばせるようにセンター部分に後からほどけるようなひだを入れておきます。丈も、切り替えしで伸ばせるように生地を確保しておきます。

今回の水玉の服のようなかぶりものの場合は、大きめの型紙で作っておいて(今100センチですが120センチで作成)首はバイヤス処理をして、ゴムを通します。

これだけで、2サイズぐらいは長く着れます。
今日作った茶色の生地は、この方法で120センチのサイズで作ってあるので、長く着れるでしょう。

作るのが面倒だからこんな方法をとるわけではないんですが、ハンドメイドの服は案外長持ちします。安い量販店で買う値段の1/3以下の値段で作れるんですけどね。だから、長く着せられるように、作るときにちょっとずつワザを仕込むようになりました(^^;

これで、くまさんになれてアカネちゃんは満足だったようです。

さて、次は来年のコートをどうするか考えないと・・・。2年着たコートが来年はきつくなりそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1292-55f2ab9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本