Entries

ステンドグラスとタコのこと

ステンドグラスを自宅でするのに必要な工具を買って、家でやるようになってから、着々と作品が増えています。
まぁ、情熱があるうちに何でもやるほうが上達するものだと思ってるので、この勢いは自分でもノリノリでやっているんですが、なにしろ

冬のガレージは寒い

のがネックですね(^^;

北海道は既に積雪がありますから、その外気とほぼ同気温だと考えたら、かなり寒いのです。

でも、できるかぎり・・・・鼻水をたらしながらやってます(笑)

年末ともなると、いろんなものを整理したり、大掃除をしたりというのも同時にやるので、けっこう忙しく動いてはいるんですが、外に出るのがもう嫌な季節になりました。クリスマスの後、すぐ春が来たらいいのに、って毎年思うんですよね。もしそうだったら、北海道が大好きになれるんだけどなー、っていつも思います。

さて、アカネちゃんの最近の出来事です。

アカネちゃんの幼稚園では、この時期に聖劇発表会というのがあって、これは地元の人にはとても評判のよいものなのだそうです。
なんでも、小学校の学芸会の類よりも、ずっといいのだそうで、毎年同じ内容をやるのだけれど、そのぶん洗練されています。何しろ、衣装だとかがすばらしいですから。(←今年は私もこれを作る係りだったので、今回はとくにじっくり観察してますw)

この劇のなかで、アカネちゃんの役はタコでした。

海の生き物の役のひとつだそうで、出番はほとんどなく、さほど見せ場をやるわけでもない役どころです。

が、本人は大乗り気。

私が年中の頃を思い起こすと、セリフが唯一あるインディアンの役をやったのを覚えていますが、もっとお姫様みたいな役をやりたかったなー、なんて内心思ったのを覚えています。

でも、アカネちゃんはタコがお気に入りみたいなんですよね。
同じ年中の女の子のお母さんと話をしたら、「ウサギの役をやりたかったのに、他の役になっちゃったっていってたわー」なんて言ってたので、女の子って普通そうだよね? なんて思ったりしたんですが・・・。

劇の最中は、歌うときも口をとんがらかせて、タコになりきってるアカネちゃんは、かなりおませな女の子とは程遠い男の子のような単純さを兼ね備えた子のようです。
まぁ、おませな女の子はけっこう大変だと聞くので、それはそれでいいんですけどね。

まぁ、ウチのタコさんは、こういう役でも乗り気でやってくれる子を選んだ先生が正しかったのだと思います。
来年は何をやるんでしょうねぇ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1300-ea54b598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本