Entries

最近の出産事情

5年ぶりに出産をして、いろいろ変わったなーと思うことがありました。
以前、「昔の人の育児は信じるな」というようなことを産院で言われましたが、たった5年でも違うものです。
どんなことが変わったかというと、

沐浴後のおへその消毒をしなくてよくなった

妊娠中毒症の呼び名が妊婦高血圧症に変わった

出産一時金を保険から直接払いしてもらえるようになった

出産一時金の金額が増えた

といった感じです。

沐浴後の消毒は、してもしなくても結果が同じだからという統計から変更されたのだそうで、知らなかった私は出産準備に消毒薬を用意してしまいました。
妊娠中毒症に関しては、まだ妊娠4ヶ月の体重もそんなに増えていない頃からむくみが出たのでググってみたところ、出てきた情報です。体重がそんなに増えてなかった時期からだったので、おそらくリンパ線の圧迫によるものだったのだと思いますが、(血圧もさほど上がらなかったし)安静に、といわれたこともあって動かないでいるうちに、後期にはかなり体重がオーバーしていました(^^;
まぁ、結果としては高血圧症の症状が出てもおかしくはない体重の増加に、現在はダイエットの必要性を検討中といったところです。
今回は足が夜中につることがたびたびあったのですが、これも足の血行不良のせいだったのかもしれません。

出産一時金の直接払いは、かなり楽なシステムでした。
以前かかった産院は、カード払いが出来てとても楽でした。そうでない場合にはこのシステムは便利ですね。現金を用意しなくて済みますから。
差額があった場合には、社会保険のほうから返金もありましたし、出産一時金が増えて少し負担も減ったと思います。ただ、聞くところによると、出産一時金が増えると産院の出産費用も上がってくるものらしいです。私より少し早く産んだ人の話では、以前出産した産院はお釣りは出なかったそうです。当然、医療行為の内容によるので一概にはどうなのかわかりませんけどね。

赤ちゃんのケアですらいろいろと変わってきたことがあるのに、病院のほうでは経産婦さんだから・・・と指導を省いてくれたこともあって、いまだに知らないこともたくさんありそうです。
授乳指導などは、産院の方針もあるのでしょう。以前の産院とちがったやりかたを指導されました。

どちらの病院のやりかたも、自分がやりたい方法をとることにしているので、授乳の仕方は今回の病院のやりかたも取り入れました。

前の産院

欲しがったときに欲しいだけいつでも母乳を与える。粉ミルクは一切なし。

今回の産院

2時間以上あけること。右10分、左10分与えて、それ以上欲しがるようならば粉ミルクを与える。

正直言って私は母乳が出すぎてつらいくらいでした。なので、新しい産院の粉ミルクはやらず、でも2時間以上時間をあけるようにしています。
この方法の良い点は、粉ミルクの衛生管理をしなくていいこと。それから2時間はあけると決めているので、買い物に2時間は出れることです(^^;
上の子のときは、週末に夫に子供を預けて買い物に20分出るだけでも、夫がすごく不機嫌でしたからね。

母乳にこだわるあまりに、母乳不足になる赤ちゃんもいると市の職員の人も言葉を濁しながらも言っていましたが、私の場合は全然問題なかったらしく、大きな赤ちゃんでも十分な量を出せているということでした。

昨日で満2ヶ月になった赤ちゃんは、成長がとても早くて驚いています。男の子の体の発育ってすごいんですね。
女の子との違いに驚いています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1342-363ddf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本