Entries

「弟子」に会いに行く

アカネちゃんと育児サークルに通っていた頃に知り合った人なので、かれこれ5年ぐらいの付き合いになる友人がいます。
男の子二人のおかあさんなので、男の子育児を知っておこうと、久しぶりに会いに行きました。

彼女は私のことを「師匠」と呼ぶ人なのですが、私からすると感化されすぎ・・・と照れてしまうような人です。
私が育児サークルに時折持って行く(私が焼いている)パンを見て、パンを焼き始め、私がアカネちゃんとお揃いで服を作るのを見て洋裁を始める・・・・そんな人です。

さすがに木工までは手を出していないようですが、私のHPを見ると木工病にかかる人が居るようなので、こういうのは多分、きっかけ次第なんだと思います。
ちなみに、パンづくりや木工など、かなりの確率で伝染するようなので、私のサイトの感染力はかなり強いようです(笑)

まぁ、それはさておき。

久しぶりに「すごい人」っていう尊敬の目で見られてきました(笑)

うちの娘ときたら、おかあさんが洋服を作るのは当たり前のこと(よその家も当然そうなのだと思ってる)だとか、パンを焼くのも当たり前だと思って育っているようですから、冷蔵庫のあまりもので作ったチーズケーキを持っていって大喜びしてくれる子供たちはとっても新鮮でした。

アカネちゃんは、大きくなったら、それだけでなんでもできるようになるものだと思っているようです。
自転車の補助輪も外せないくせに、一輪車を「何才になったら乗れるようになるの?」と先日は聞かれました(--;

努力をしなくちゃ、なんにもできないまま

だということがわかっていないようです。

そろそろいろんなことをわかるようになって欲しいんですけどね。

せめて、自転車ぐらいは乗れるようになって欲しいと思ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1375-a45870a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本