Entries

通勤グッズ作り

リュックサックはいくつか持っているのですが、その半分は登山で使うかなり本格的なもので、残りはちょっと使いには少し大きめのものでした。
今の仕事は子供たちを連れて歩くこともあるので、少し大きめなのは便利で良いのですが、それもかなり古びたL.L.beanや、ガルウィング(スポーツサングラスのメーカー)で、通勤に使うにはファスナーが思うように動かなかったりする不便さから、今回も作ることにしました( ← いつものパターンw)

で、ある材料を調べた結果、生地が決定。副資材も適当に揃いました。
副資材として今回重宝したのは、100均一のコンシールファスナー。1M以上ある長さにファスナーが3つ付いていて、長さを調整して使うことができるので、一番大きな開口部分(二つ金具)と蓋部分全体をポケットにして、その開口に使いました。
コンシールファスナーって、けっこう値段が高いので、このファスナーは今後ストックしておくことにしました。

そして、肩こりな私は、今回肩紐にちょっとクッション材が欲しくて、ネットで買い物をしたときに梱包材として使われていた発泡クッションを入れて肩ベルトを作成してみました。背中部分にちょっとしたポケットも付けました。

通勤用リュックサック

リュックサックの隠しポケット

そして、防水カバーも。
通勤用リュックサックのカバー
これは10年以上前に買った、60Lのリュックサックカバー(ちょうどチャイルドシートがすっぽり収まるくらいのサイズ)を使っていたところ、内側のゴムがぼろぼろ剥がれてきてしまったので、金具類を取って生地を新しくしてリメイクしたもの。
ゴム引きの製品は、個人的な意見ですがダンロップのもののほうが性能は良いと思います。ほぼ同時期に買ったダンロップのレインウェアのゴムはまったく損傷がありません。
ちなみに、ソロキャンパーのときに使っていたテントも、ダンロップを愛用していました。ツーリングテントにしては居住性も高く、防水性もよいので日本でのアウトドアにはおすすめです。

こういう防水性を求めるものを作る場合、ミシン目をうまく隠さないとそこから浸水するので要注意・・・なのですが、今回はただのカバーなので、簡単に周囲にゴムを通すだけでカバーになるようにしました。
マチを付けないほうがこういうのはいいと思います。

そして、この連休は娘と一緒にこんなものを作りました。
ハロウィンの髪飾り
娘・デザイン、私が調整して作成を手伝いました。

娘が数日入院をしていたので、帰ってきてくれて本当に嬉しくて、一緒に焼売やクッキーを作ったりしました。
どんなに手のかかる子でも、居ないと淋しいもの。それを思い出させてくれた入院でした。

明日からは通勤用リュックを背負って、マウンテンバイクで街道を突っ走ります(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1425-2567d7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本