Entries

北海道の梅仕事

数週間前に、北海道の中でも果物の産地として有名な仁木の梅を1箱(5キロぐらい?)買ってしまいました。
以前はたいてい群馬とか、紀州辺りの梅を買っていたのですが、ここ数年は箱で買うほど消費もしないので買わずに済ませていました。(娘は梅干のおにぎりが大好きなので、幼稚園のお弁当にはほぼ毎回入れてました)
北海道の梅は、出回るのが7月下旬なのです。それから塩漬けして、梅酢が上がってくる頃にはお盆を過ぎてしまうことを見越して、地物を買って作ったことはありませんでした。

が、ついつい、箱で売られているのを見て買ってしまいました。

ほとんどは梅ジュースのつもりで。 ←これは子供たちが大喜びで飲みたがります。

ちょっとは梅酒も作りました。

試しに作ってみた梅干は、というと・・・・。やっぱりお盆すぎてしまうと秋空になってくる北海道で、土用干しのタイミングを逃してしまったかなー、と思っているところ。
カンカン照りの日差しは望めませんが、なんとか干してみたいと思ってます。

娘は梅干を作るのを手伝ってくれてたので、梅の実を見ると「今年は梅干作らないの?」とせがみます。今年はもう夏休みが終わってしまったので(北海道は20日すぎには学校が始まります)お手伝いを頼めるかどうか。
こういうスローフードを作るのは、けっこうよい体験になるので、ぜひお手伝いを頼みたいところなんですけどね。
ちなみに、当時は幼稚園の年少児でしたが、さいばしを使ってうまく梅の実を並べてくれていたのはとても驚いたことでした。子供にとっても、よい体験だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1451-0f753584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本