Entries

雪国の冬休み

石狩市は雪国です。雪が積もると、子供を外で遊ばせるのは危険が隣り合わせです。屋根からの落雪や除雪車のはねた雪につぶされて子供に限らず人が死ぬなんてこともあるし、町内の路地は車がすれ違うことも難しいような雪の壁ばかりです。当然歩道なんてありません。
雪なし県で育った私は、雪の壁が高くなったスーパーの駐車場への出入りが怖くて(何度かぶつかりそうになってます)近所のスーパーには極力徒歩で行きます。そのほうが安全だし、そりで荷物を運べるのは案外便利です。(吹雪いていなければ)

そんな状況なので、雪が積もると子供は外でみかけることはほとんどありません。でも、室内で遊べるような施設は近所にありません。

児童館は学童(親が働いている子だけが預かってもらえる有料施設・低学年のみ)の専用施設となっているし、市の中央には小学生が遊べる施設があるものの、そこまではバスか車でないと行けません。

遠方に住む小学生に、そこを利用しろというのは不可能というもの。・・・一応、市内では一番人口の多い地域に住んでいるのにこんなにも不便なのです。体力が(学力もですが)ワースト一桁に名前を連ねる県なのは、こういうのが原因なんでしょうね。
そんなことで、冬休みが長いのに、アカネちゃんは家に閉じこもったまま毎日を過ごします。

親はけっこう大変です(^^;

毎日のようにイベントを考えなくちゃいけないのです。

季節の折り紙を折ったり、毛糸を使って小物を作ったり。お菓子を作ったりすることもあります。

そんな怒涛の冬休みは、2週間もあるわけで、クリスマスケーキに始まる「日々のイベント」はこの忙しい時期にずっと続きます。夏休みなら「公園に行って遊んでおいで」が使えるのですが、それが封印されてしまう2週間・・・・・A(--;

けっこうつらいと思うのは親族一同、東京近郊にしかいない家庭事情もあるんでしょうね。ちなみにだれも来ないし、どこにも行きません。

ついでなので、クリスマスケーキの画像もアップしておきます。
子供たちの作ったクリスマスケーキ
毎年恒例、私が焼いたシフォンケーキにデコレーションは子供たちがやりました。
トッピングは着色料が安心できるお菓子を選んで並べてもらいました。今年はきのこの山はやめて、アポロチョコです。
サンタの人形などは毎年使いまわしているプラスチックのものです。

次のクッキングは鏡餅を作ることになるのかな~(疲)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1468-3bbedca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本