Entries

石狩市民図書館に苦情を言う?!

そんなつもりじゃなかったんですが・・・。
タイトルのようなことをしてしまいました。

その成り行きとはこんなことでした。

アカネちゃんが、家にある本を勝手に読むので、学校の図書室で本を借りてきなさい、と再三にわたって言っていました。
が、学校で本をまともに借りてきません。
聞くと、借りたい本があってもそれを予約するなりなんなりの手続きをとれないらしく、司書さんに言っても「ほかの人が借りてるから」と答えるだけで、予約をするならこういう手続きをする、とか教えてくれないらしいのです。(本人曰く、なので信ぴょう性はあいまい)
で、一度は連絡帳に書いて先生を経由して貸出をしてもらったことがあります。

が、それ以降も、自分で本を借りてくることは皆無に近く、家の本ばかり読みたがります。
でも、家にある本って、トリイ・ヘイデンの発達障害のノンフィクションだったり、ハリポタをはじめとするまだ小3には難しいファンタジー、ハインラインのSFみたいな本ばかりです。

さすがに学校図書館に同行して、本の貸し出し手続きを親が聞いて説明してやるのもどうかと思うので、図書館に行くことにしました。

図書館には自分の貸し出しカードを持たせて、図書館バックを持って、最大冊数を借りるための準備をして行きました。

子供向けのコーナーには、そこそこ名著と思われる本が並んでいます。私が子供の頃夢中になって読みあさった類の本ばかりです。・・・・つまり、かなり古い本ばかりです。

今の子が好みそうな名探偵コナンサイエンスもの(昔で言うと○○のひみつシリーズのようなものがあります)だとか、アナと雪の女王の小説みたいなものは、全て厚田のほうに蔵書として置かれていて、私が読みたい本もそうなのですが、新しい本は皆、取り寄せないと読めないのです。

これってどうなんでしょうか。
子供が利用したいと思っても、手元になければ選びようもないのじゃないかと思うのです。
常に大人が付いて回って、オーパックで調べて、リクエストをして、それが届くのを待ってからまた借りに行かないといけないわけです。

隣のアイポートにはあるのに、そこは貸し出しはできず、一般利用者用のオーパックで調べるとほとんどリストが出ない。(スタッフ用のものとは内容が違うようです)調べてもらうと全て厚田にあるのです。

つくづく不便だなーと思っていたので、これをどうにかできないものかと思っていたので、つい司書さんに言ってしまいました。

新しい本はどれも厚田にあるんですね。ここにあるのは私が子供の頃に読んだような古い本ばかり。

と。
・・・まぁ、事実ですから。

そう言ったところ、上の人らしき人を呼んできてくれて「改善します」との回答をいただきました。

子供は手元にある本でなければ選べないものだということ。手続きが面倒だったら借りない選択が普通になってしまうものだということ。
自分が利用するときはリクエストをして借りるのが面倒ならば、本屋に行ってました。
なんでもかんでもリクエストしないと読めない図書館は不便なだけだと思うのです。

改善します、との回答をいただいたわけですから、今後新しい本は全て厚田から取り寄せないといけない、という状況がよくなることを期待します。大人が名著だと思う本よりも、子供はアニメで馴染んだキャラの小説版などのほうが興味あるようです。自分でリクエストをできるようになる頃には、きっと家にある本も読めるようになると思いますが、当面の間、アカネちゃんのための本を借りに行くことは週末のスケジュールに組み込まれそうです(--;
親としては、一人で本を選んでくれないと、下もいるわけですから大変なんですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1487-29675eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本