Entries

おねしょ対策グッズを作る

1歳だった1年の間、KENは保育園に預けていました。
そのせいもあって、オムツが外れるのが非常に遅く、保育園に預けたことを後悔することにもなりました。

アカネちゃんのときは9ヶ月頃から夜中のおねしょがほとんどなくなり、朝の1回で大量に漏れることから(夜中も布オムツでした)とりあえず起きたらおまる・・・。となり、結果、自然と外れました。

歩き始めたのが10ヶ月ちょうどぐらいでしたから、まだつかまり立ちのうちにおまるに乗せて、テレビを見せてたことが自然にオムツはずれにつながったのだと思います。

が、KENは、保育園に預けてたので、トイレトレーニングを始めたあたりで挫折してしまったわけです。

2歳からまた家ですごすことになり、トイレトレーニングを始めましたが、ようやっと外れたのは2歳3ヶ月ごろでした。標準の子のタイミングがそれぐらいなので、なんとか間に合った、といったところでしょうか。

が、夜中はまだおねしょの心配があります。

アカネちゃんの時は市販の「おねしょパンツ」なるものを使ってみたのですが、これが吸水ばっちりなぶん、一度濡れると乾きません。冬場なんて最悪です。
で、今回は自作してみることにしました。
防水シーツで作ったおねしょ対策パンツ
これはいわゆる防水シーツのようなものを使って作っています。
処分しようと思っていた子供のパンツの脇を切り、それより2センチほど大きめにカットします。
それを縫って仕立てただけのものです。
脇を切ったのは、ミシン目から漏れるのを防ぐためです。
普通のパンツとの比較
これが普通のパンツとの比較です。

普通のパンツの上に履く目的なので、素材はそのもの防水シーツです。場合によっては布オムツのパットをあてるつもりです。
○松屋などで売っている、洗える防水シーツの新生児版サイズが、先日石狩市の乳幼児向けのリサイクルに出ていたのでもらってきておいたものを使いました。

○ルメゾンのカタログなどでは、スカートタイプに作られたものが売られていますが、もっとフィットするタイプにした感じでしょうか。
試しに使ってみて、よかったら追加で作ろうと思います。

追記

おねしょをしたときの感じですが、けっこう防水がきくことが分かりました。
ただ、ちょっと蒸れるかもしれません。真夏はかぶれるかもしれないので、また様子を見つつ、次なるアイデアを検討していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1490-a722b607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本