Entries

子育て中のお母さんに読んで欲しい詩

こんな詩を知りました。

***************
今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって。

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ。
*************



自分も子育ての前と後(渦中?)では、想像していたことと全然違ってた、なんてことに直面しました。
おやつは手作りのもの、食事だって添加物やなんかの心配のない料理で、服だって作っちゃう・・・。
そんなことを想像していましたが、実際に生まれてみると

お菓子作りなんて時間のかかることはしてられないし、ハンバーグですら手が汚れてると泣きだしたときにすぐにそばに行けないという問題に直面します。(ビニール手袋で解決する問題ですが)
オットなんて全く役に立ちません。
上の子のときには、赤ん坊がこわれそうで怖いというオットは、まったく子育てに協力してくれませんでした。お風呂に入れるのも私の役目でしたが、お風呂上がりにすぐに母乳を欲しがる娘のために、あやすことはできても、母乳はやれないわけです。
で、結局泣かれて、まだ出ないのか、まだか、とすっごく不機嫌な態度をとられるものですから、お風呂で髪を洗うこともできず、仕方なく日中洗面台で頭を洗ってました。
せめて自分のことだけは自分でしてほしいと思うようになったのは、その頃からです(--;

子育ての理想と現実。一人で子育てをしていると、かならず直面するものだと思います。(オットは戦力外として、親が近くにいれば話は別)
美容院に行くことも当たり前のようにできないので、自分で切ったこともあります。

家の中は子供の世話に疲れて汚れる一方・・・。
アカネちゃんは、アトピーがあって目を離すと全身血まみれになっている子でしたから、本当にトイレにも、お風呂掃除するのも大変だったのです。なのに、溜まっていく家事の山。目が回りそうでした。
これが育児のストレスってやつだと思いました。

そんな時期の自分に読ませたかった、素敵な本を見つけました。

子供を産まないと宣言している友人がいます。その人は自由奔放に飲み会やら何やらを楽しんでいるので「自分のことをみんなうらやましがる」と自負してます。
たしかに、いいねー、とは言います。私も。(口先では)
でもどちらを選ぶかといったら、迷うことなく子供のいる生活を選びます。
私はそれなりに子供のために手作りの食事や服、小物なんかも作ります。でも、カンペキじゃないです。かなり手を抜くこともあるし、手作りが好きだからやりますが、それはストレス解消になるからでもあるのです。
それをできることがすごい、のではなく、それをすることでストレスを溜めないようにしているだけです。
(ステンドグラスやDIYのような、今はやっていない趣味も増えましたが)

大事なのは、子供とすごす時間なんだなー、ってしみじみ思います。時折、私をカンペキな人、なんて言う人がいるとそうじゃないんだって心の中では思ってます。そして、手抜きをしながらも、子供といる時間を大切にするお母さんでいられる人を尊敬します。(私はつい何か作ることに頭が行ってしまうので・・・)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1497-b17c4887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本