Entries

秋の子猫騒動

最近大島弓子さんの「グーグーだって猫である」というマンガを図書館で借りてきました。

最近は図書館にもマンガがあるので、たまにハードカバーの本と一緒に借りることがあります。
さすがにマンガをリクエストはしようと思わないので、読みたいと思うものがあってもリクエストはしませんが。

石狩市の図書館は、前半は所蔵していても、後半をリクエストしても購入はしてくれません。後半は近隣の市から借りてくるため、延長も再度リクエストもできないのだそうで、きっちり2週間で読めるものでないとリクエストしても無駄に終わります。絶版ではないのでなぜだか不思議なのですが。
そのため本すら買ってくれない・リクエストしても無駄、というあきらめがでました。
ちなみにリクエストを出したことがあるのは早川ノベルズのピアズ・アンソニィの「魔法の国ザンス」のシリーズです。


それなりに知名度が上がってきたダイアナ・ウィン・ジョーンズの本(ハウルの動く城で知名度が上がったのでしょう)はそこそこ入っているのですが、どこも映画化していないピアズ・アンソニィの本は後半を購入することも考えてはもらえないようです。

そして、人気のあるファンタジー作家の本は「ヤングアダルトコーナー」に配架され、オバサンは行きづらいのです(- -;

図書館のえらい人はファンタジーには理解がないのか、大人でも手軽に手に取れるハヤカワノベルズはファンタジーが一冊も開架されていないのが個人的にはとっても不満に思ってます。(要するにファンタジーは「子供が読むもの」なんですね)

そんな不満から、最近はすぐに読み終わるマンガを半分は借りるようになりました。
大島さんのマンガを手に取ったのはわけがあります。

1月ほど前に子猫が近所に数匹うろついていたからです。

北海道は冬が厳しいので、秋に生まれた子猫はほとんどが死んでしまう運命でしょう。だから、犬が居るから飼えないと分かっていても、何度か子猫を保護したことがあります。
一番小さかったのは今思うとテレビのリモコン程度の重さしかなかった子。
よく生き延びてくれたと思います。里親が見つかって、無事に引き渡すまでの間、ももちゃんが授乳をしてくれて、世話をしてくれたのもあったと思います。
たいていは野良の母猫からはぐれてそばにカラスが待ち構えていたりするので、保護せざるを得ない状況だったりするのですが、猫を飼えない状況で手を出すのはせめて命だけは救いたいと思う気持ちからです。

でも、今回の子猫は、姿を数回みたっきりで、保護することはできませんでした。

どうか無事にどこかで飼い猫になっていると信じたいのですが。
大島さんのマンガを手に取ったのは、そんな猫たちのことを真摯に受け止め、愛情をそそぐ人だからなのですが、それゆえ現在は猫まみれになっているようで笑えました。きっとご近所にこんな人がいたら友達になってるでしょう。(きっと、猫を保護したときには相談に行く先です)

もし消息をご存知の方がいたら、教えてください。
無事であればそれだけで朗報です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1530-7aefcbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本