Entries

母の意地

先日、娘の学校でスキー教室のボランティア募集について聞いたところ、今年は募集がないと言われ、どうにも悔しい思いをしていました。
思い立つととりあえず行動をしてみようというタチですから、直接スキー学校のほうに問い合わせをしてみました。

相手の時間の都合だとかを考慮して、HPのメールフォームを使うことにし、待つこと半日ほど。
返答いただいた内容は、娘のスキー教室の日の講習は市の県連のほうでやるのだそうで、スキー学校のほうは関与していないとのことでした。

うかつでした(><)
が、その後、せっかく資格をもっているのだし、経験もあるのであればやってみませんか、との暖かいお言葉をいただきました。

内心喜びのおたけびを上げていた私(笑)

SAJの1級にこだわってあちこちのスキー学校を受講し、地元のスキークラブやデモレッスンなんかも受けてきましたが、指導の質が高いのはやっぱりSAJのスキー学校です。デモレッスンは当たり外れあり、というところでしょうか。
地元神奈川のスキークラブに入った時は失望しかなかったので、県連は関心すらありません。少なくとも神奈川県のクラブというのは、そのクラブに貢献さえしていれば(活動に参加していれば)何年かしたら正指導員をもらえるものらしく、周りの人が○○さん(私のこと)より下手な人が正指導員なんて、と1級の受験すら認めてもらえない私に慰めの言葉をかけてくれたくらいです。
県連のクラブは何年か経たないと検定の受験すらさせてもらえないようです。それでも一般検定で受かったよりも甘いと評判の「クラブ検定」ですから、これも県連への貢献度でもらえるものだと思ったほうがいいのでしょう。

なので、子育ての間ずっと遠のいていたスキーでしたが、ひょんなきっかけでまたインストラクターの仕事に就くことになりました。
ちょっと忙しい冬になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1544-16e20b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本