Entries

思い出のスキー学校

スキー学校で指導を続けています。今のスキー学校は、ほとんど研修をしてくれません。
なので、自分から正指導員の人に声をかけて見てもらうしかないのですが、昨日はかなり実りのあるレッスンをしてもらいました。

久々の刺激あるレッスン。さすが北海道のSAJです。

思い起こせば、2級の頃相模原市のクラブに所属して上を目指したことがありました。
そのクラブといえば正指導員は周囲の人も認めるくらい当時の私より下手くそでした。そして、1級を受けたいと言うと、まだ1年目だからあと数年経ってからにしたほうが、とクラブの継続年数で受験資格まで決められてるようでした。

そして数年後、相模原のクラブに見切りをつけて栂池スキー学校に飛び込んだ私がリフトで同乗した地元の人に聞かれたのが

「相模原のスキー連盟はピーカンの天気で、ゲレンデも最高なのに、ゲレンデの下で午後3時ぐらいまで集まってえらい人が演説ししてるんだよね。何してるの?」と(--;

・・・・そういう連盟なのです。

所詮雪なし県の連盟は指導経験もたいしてなく、上達するには現地のスキー学校に入るのが早道。
スキー連盟の団体としての団結だとかを重視するところは若い人は入っても上達しないんじゃないでしょうか。

久しぶりにスキー学校に入って、栂池スキー学校のすばらしい研修の話をしていたら、私が知っている人の何人かがデモンストレーターになっていたという話を聞きました。
子育てに忙しかった数年の間にあの人もこの人もデモになっていたのかと思うと感慨無量です。

栂池スキー学校はスタッフに手厚いので、上の人が真剣にアシスタントを育ててくれます。そしてねぎらってくれます。
あんなスキー学校は他にないでしょう。

当時プライベートレッスンを受けると、渡辺一樹さんと私が同じ値段でしたし(笑)
納会では渡辺一樹さんがアシスタント全員におしゃくをしてまわってくれました(渡辺一樹さんの大ファンでスキー学校に入りましたw)

今度はまた1級の上を目指そうと思うようになり、あの頃の思い出がよみがえります。栂池スキー学校で学んだことは本当に貴重でした。

またいつか行きたいと思うスキー学校です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1558-ef75a701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本