Entries

ミシンの選び方

先日手縫いで蝶ネクタイを作る講習をしてきましたが、けっこうミシンを持ってないことで手作りに敷居を高く感じてる人がいることに気づきました。

ミシンなんて、普通に持ってる家に育った私には電子レンジと同じくらい当たり前な家電だと思ってましたが、そうでもないんですね。親も持ってないなんて人もいるのでびっくりしました。

そこで、ミシンの選び方についてちょっとだけ書いてみようと思います。

ちなみに、私は娘の服は一通り作ってきましたが、基本洋裁を真剣に習ったことはありません。趣味のレベルです。
が、ちょっとした機会があって、一通りのメーカーのミシンには触ってきました。

その結果、お勧めするのは

だれでも知ってるメーカー

のものを選ぶことです。

これはボビンだとかの副素材を入手するときにどこでも入手できるから。そこらへんの手芸コーナーで簡単に手に入るというのは重要です。

修理に関してもそれは言えるかもしれません。

今のところ有料のパーツ交換を要するような修理に至ったことはありませんが、買って1年以内にちょっとしたトラブルがあってメーカーに修理依頼を出したことがあります。そういうときにパーツが手に入りにくいところだったりすると大変だと思います。

私はミシンのオズ(楽天)で買いました。
通販での修理は大変かと思うところですが、代わりのミシンを貸し出してくれて、(しかも他のメーカーであってもOK,機種も選べた)送料も先方の負担で1年以内の修理は済みました。何より安く買えるのがいい点です。

近所のスーパーにも時折出展してくれるので、そういうときにメンテナンスを頼んでも千円です。(機械の内部に糸が絡まってたらしくこのときも修理パーツ等の費用は発生せず)

メーカーの人だと、一つのメーカーのものしか薦めないものですが、その点「ミシン屋さん」というのは各メーカーの良し悪しをわかって薦めてくれるのがいい点かも知れません。

さて、メーカーについてですが、私はブラザー、ジャノメあたりを薦めています。
個人的に必要なのは直線縫いとボタンホールでしたが、子供が小さいこともあって、文字のステッチが入れられる機能があると面白いかも、と思って選んだのがこれの旧モデルでした。


刺繍ミシンだと10万円以上するのですが、こういうのはステッチという機能なのでかなりリーズナブルです。
でも文字入れの大変なタオル類なんかには重宝しましたし、名前タグを作って入園前のお子さんにプレゼントするとすごく喜ばれました。
今のミシンはどれもパネルが大きくて見やすいので、マニュアルはほとんど見なくても扱えました。

さて、そんな機能はいらないな・・・という子供がある程度大きいご家庭なんかではもっとリーズナブルなもので十分です。
そういう人向けにおすすめするのはこんなものです。



ボタンホールはやっぱり作れないと困るので(小物であっても必要なときがあります)ボタンホールの形がそこそこ作れて、直線縫いがしっかりしたメーカー、という点からのチョイスです。
けっこう人気があるラインナップなので、品切れのことも多いです。
縫い終わりの針が上で止まるか下で止まるかという違いがメーカーや販売された年代によって違うのですが、ジャノメは上で止まるものが最近のものには多いようです。私はブラザーなので下で止まるものに慣れてしまってますが・・・。

直線縫いに関しては、ジャノメが一番きれいです。これはシンガー、トヨタ、ブラザーなどのメーカーと比較してもダントツ。途中で厚みが変わるときでもしっかりと縫ってくれます。(縫い代を割ったところを3つ折りで縫うときなど)
ブラザーのミシンの残念なところは、厚みが変わったときの送りが弱いため目が不ぞろいになることがあるのと、縫い始めと終わりがきれいではないので(2台目ですがどちらも)小物を作るときにはけっこう気を使います。
さすがに職業用にはかなわないと思いますが、日常レベルのものならばジャノメのこのあたりのラインナップがおすすめです。

最後に重要なオプション品の有無について。

フットコントローラーは必須です。
ワイドテーブルはある程度ボディのしっかりしたサイズのものを選べば不要。コンパクトな1万円台のものなら必要になるかもしれませんが、自分の服や子供の服、小物を縫ってるだけならばあまり必要を感じたことはありません。
まれにフェルト素材やマチ張りを打てない素材のときに(悟空Tシャツのロゴを縫い付けるとき)あるといいかも、とは思いましたが。
多分私は持ってても邪魔になるだけです。

ボビンは最低でも5個以上あるべきです。押さえは標準のほかに買っておいたものもありますが、めったに使ってません。

小物であればロックミシンは不要ですが、服を縫うのであれば必要になってくるかもしれません。ロックミシンはジグザグミシンよりずっと耐久性がありますし、2本ロックより3本、3本ロックより4本のほうがいいことは体験済みです。

小物であれば端処理をするのは縫い方を工夫するだけで対応できることも多いですが、服はやっぱりロックがあると便利ですね。
私は遠縁の親戚から回ってきた何十年もののロックミシンを使ってますが、とっても重宝してます。これがなかったら服作りはやってなかったと思うほど。大事にしてます。

というようなことで、思いついたことを書いてみましたが、ミシンはこまめにメンテナンスが必要なものだと思うのです。
もうかれこれ8年ぐらいヘビーに使っているミシンですが、普通に縫っていても綿ぼこリが内部にたまります。理想は年に一回だとは思いますが、メンテナンスを考えて購入すべきだと思います。個人的にオズさんで買って正解だったと思ったのでお勧めしましたが、他で買ってもオズさんはメンテナンスしてくれます。初回の修理のときの対応がすばらしかったのでその後もできるかぎりオズさんに持ち込んではいますが。
身近なところで頼れるミシン屋さんを見つけられるのが一番だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1564-0dbcbf6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本