Entries

子供の遊び道具・・・いろいろ作成

今の仕事は子供と遊ぶことが多いので、いろいろとネタを仕込んできては自分の子育てに活かしています。

遊び道具を自作するのも楽しいので、一石二鳥といった感じ。
今まで作ったのは賢人パズルやスタディ将棋などでしたが、今回はオットに手伝ってもらって(というよりこういうのを作って、と丸投げ)文字ぴったんを作ってもらいました。
もじぴったん自作

オリジナルはこんな感じです。

ことばのカードゲーム もじぴったん
価格:1296円(税込、送料無料)




手札をつないで言葉を作っていく遊びは年中のKENには面白い遊びでもあり、勉強にもなります。
KENもアカネちゃんも、私はほとんど文字は教えなかったのですが、勝手に覚えて読み始めました。教えたのは書き順とか正しい形とかだけです。あまり早く覚え始めてもそういったのを教えるのは難しいのですが、文字に興味を持って幼稚園では文字を使った遊びをよくやっているそうです。
モンテッソーリの子の特徴なのかもしれませんが、KENとアカネちゃんの通った幼稚園は文字の習得が全般的に早いように思います。
子供たちと関わる仕事をしていて、小学校1年生で正しいひらがなを書けない子がけっこういるのでそう思うのかもしれませんが。
アカネちゃんは年少で入園したときには自分の名前をどんな絵にも書いていましたし(親にしか読めませんでしたが)年中の頃にはお手紙をもらってきてました。
KENは男の子なので、お手紙ごっこはしませんが絵本を読むくらいは出来ています。
楽しんで遊べるゲームがあるとまた違ってくるかもしれないなー、と思ってます。

さて、仕事で一番楽しいのは子供と将棋をしている時。

職場ではこれを使ってます。




公文のやつですが、これはわかりやすくていいです。駒の動かし方が表面に書かれています。

この仕事をはじめてからいろいろとゲームを覚えようとパソコンに入ってるものをやったり、ゲームの説明書を読んで勉強してます。
ところが、チェスのゲームはパソコンで出来るのでやるのですが、将棋はそれが何の駒か書体が難しくてできません。
気を抜くと飛車が成ったものなのか、角が成ったのものかがわからなくなるのでぼろ負けします。
普通の駒が100均一で売られているという話は聞くのですが、まだ入手できずにいます。(それを見て勉強しようと思っているのですが)
なので、家では100均一で買った500円のマグネット将棋を使って表面に両面テープで駒の動かし方を書いたものを貼り付けて使っています。
4年生の娘も最近は将棋やチェスの面白さがわかったようでけっこう楽しんでいます。

いつかちゃんとした将棋も欲しいと思っているのですが・・・・。対戦できる相手は職場の小学生たちばかりなので、家にあってもまだ活用はできなそうです。(アカネちゃんは弱いです)
将棋のうまい子に「先生将棋しよ!」といわれると、嬉々として応じて大人気なく本気になってしまう昨今です。

老後は老人会の将棋クラブデビュー確定ですね(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1596-590b5ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本