Entries

積丹

子供たちを連れてどこかに行こうということで、穴滝で脚力を見せてくれたKENのレベルにあわせて今回は積丹方面に行ってきました。
積丹2
ここは神威岬というところで、この先端まで歩いて行けます。時間にして20分もあれば着くのですが、若干の起伏があるのと道が狭いので子供と手をつないで歩くのはちょっと大変です。尚、日差しをよけることもなく歩くので、帽子は必須です。
積丹1
尾根線を歩いていく感じなので、見下ろすとこんな感じの光景です。
積丹3
積丹4
ずいぶん前にも来たことのある場所でしたが、足場がかなり整備されていて歩きやすくなっていました。
とはいえ、帽子を忘れて来た上に、サンダルで来た娘には叱咤しましたが、多少ガレたところもあるので、せめてスニーカーにしないとだめです。

観光客も多数。アジア系の方が本当に多いです。

ちょっと見ていると、区別がつくようになったくらいです。
たとえば、ショッキングピンクだとかのカラーのズボンを履いた中年女性(チマチョゴリとかにありそうなサテンカラーっぽいピンクでした)。サングラスをした若者(多分)は不思議と香山雄三が映画スターだった頃を彷彿とさせる雰囲気。女性のメイクもそうです。テレサテンとかジュディオングの時代にタイムスリップしたような・・・。Tシャツのプリントも独特です。
さらにはカップルで人目をはばからずモデルのようなポーズをとって写真を取り合っている人たち。

こういう人たちがどこから来たのかは言語が外国語だなぁ、という程度でしか判断できませんが、当てるのが面白くなって帰り道はファッションチェックしていました。
アジア系の人ってけっこうサングラスをしてるんですね。日本人はマスクをする人はけっこういますけど。
自撮り棒を持って一人で歩いている中年男性も外国に人かなぁ・・・。と思ってみていたのですが、話をしているところは見かけなかったので不明でした。でもサングラスしてました。

次に行ったのはとまりん館。ここは無料のプールがあり、施設にはちょっとした遊びスペースもありました。
帰りには直売でスイカや野菜を買って帰りました。
途中、以前通ったときには工事中だった道の駅赤井川に立ち寄ってみました。
道の駅赤井川
道の駅赤井川2
多分、もうトイレ以外には立ち寄らないと思いました。
赤井川ならではの農産品の直売所があるかと期待したのですが、こじんまりとした外のプレハブにちょっとあるだけ。
ニセコの直売所はすごいですよ。すごい品数、そして破格の値段。そういうのが数名の農家さんの出資で運営を始めたという話ですが、活況でいつ行っても混んでます。
赤井川の道の駅の中に売っているのは地元のゆるキャラグッズに地元のお年寄りが作ったと思われる手芸品など。正直言って、姑が作ったけどこれどうしよう、って困るような感じのものが2500円とかで売ってるのはどうかと・・・・。買う人が居たら理由を聞きたいようなものが並んでました。
ソフトクリームが売られていたらすぐに試すタチなのですが、そのあたりでげんなりしてじゃすとるっきんぐ~。
直売所はたくさん並んでいる道なので、そのどこかで買えばよいと思いました。
札幌圏からは近場なので残念です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1601-c10de928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本