Entries

プラ版工作

昔からよく子供の工作に取り上げられてきたプラ版工作ですが、今回初めてやってみることにしました。
きっかけは職場で指導員の作ったものを見たのが素敵だったので。

それまでは正直言って、何のためにやるのか分からなかったのですが、それは本当に素敵でやってみたくなったんです。
で、100均一に行ってプラ版を買って来てせっせとやっていたら・・・・。

アカネちゃんもやりたがりました。(いつものことです)

アカネちゃんは小学校1年生の頃から絵に影をつけたりするような絵の描き方をして40代のベテラン先生を驚かせるようなことがありました。
もちろん、家でそんなことを教えている訳じゃありません。好きで自分でやっているだけなのですが、絵に関してはまぁ、そこそこのセンスがあるんでしょう。やらせてあげても・・・と思ったのですが、ちょうど図書館のイベントにもプラ版工作があったのを思い出し、自分で行きたいのなら忘れずに行くように計画を立てたら・・・と言ってやりました。

自分で計画して、その日時に間に合うように行くこと、そのためのお弁当だったり持ち物をそろえることってそろそろ身につけてほしいと思っていることです。
で、今回そういったことを学んで欲しいと思いつつ行ってきて作った作品は、というと。

これは私が作ったもの。
プラ版工作・私の作品
娘が作ったもの。
プラ版工作・アカネちゃんの作品
私が作ったものは油性のマジックで描いただけのものですが、(中央のダヤンは色鉛筆で色づけした)アカネちゃんのものはレジンやラメを組み合わせて作ったものだそうです。

これが市の広報の取材に来ていた人の目にとまり、写真を撮ってもらい、取材されたそうです。

アカネちゃんはこういうのに縁があるのか、田舎だからなのか・・・。

昨年の俳句のコンテストで選ばれた人が優先的に招待されNHKの「俳句王国が行く」という番組の収録に行ってきたのですが、そのときも観覧席に座っているところを私と二人、ばっちり映ってました。こういうことに運があるのかもしれませんね。
どの才能も一過性でその後伸びないのはいつも不思議に思うのですが(--;

まぁ、運も才能のうち、と思うことにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1602-1b73445a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本