Entries

子供と将棋

子供たちが将棋をやりたがるようになり、年中児の息子まで「しょうぎ」とお手紙をくれています。
(ちなみにオットには「あなたき」と手紙を書いていました)

が、ちょっとはまりやすい性質の私はあちこちのサイトで修行を積み(笑)レベルがかなり高くなってしまったようです。
息子や娘はもちろん、職場で子供たちとやっても大抵は連勝。それでもまぁ、楽しいんですけど物足りなさを感じます。ネットの将棋サイトだとたまに勝てる程度なのでちょうどいいといったところです。

最近になって我が家では木の将棋駒を使っています。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
こんな感じにやつですが、これを使いこなせるようになるまで、相当勉強(ゲーム)しました(笑)
なにしろ動きを覚えるだけでも銀と金はどう違うんだっけ?というビギナーレベルでしたから、将棋歴3ヶ月にしてようやっとスタディ将棋から昇格・・・なのです。
角が成ると何になるか、とかを覚えても、その書体までわからないので自作スタディ将棋では覚えられません。
(自作スタディ将棋は500円で購入したマグネット式のポータブル将棋に駒の動きを両面テープで貼り付けたもの)
なので、ある程度動きを覚えたところで普通の駒を使って覚えました。

↓本物のスタディ将棋はこれ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


スタディ将棋はけっこう子供の居る家庭では持っていることもあるようで、小学校1年生でもけっこう将棋ができる子が多いです。職場で必要になったのはそれで相手をさせられるからなのですが、これでルールを覚えてくれると喧嘩の種が少なくなるのはメリットでしょうか。いつか私も機会があればプレゼントに贈りたい品物ではあります。
小さい子だととかく「ズル」や「独自ルール」が多くて困るものですが、ここまで駒の動きを明確に書かれていると間違いようもないです。
(実際に普通のチェスをやっている子供の様子を見ていたら、ポーンで横や斜めに移動していましたからひどいものです)

ただ、たまに「王をとったら勝ちじゃなくて全部の駒を取ったらだ」というような変なルールを言い出したり、「王手を言わなかったからズル」(これは独自ルールですが子供相手なので認めてあげてます)というようなことを言い出すので、その都度仲裁に入ります。
でも、駒の動きに関してはズルがないなー、と思うのでステップとしてはいいんでしょう。

飽きたら回り将棋とかいうのもアリですし。

ということで、将棋は今ちょっと我が家でブームとなっています。年中の息子が「とりあえず歩を動かすか」なんていっちょまえに言うのはかなりかわいいです(笑)

願わくば上達して対戦相手になって欲しいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1606-436671ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本