Entries

将棋4段の実力

今日は石狩市にあるアイポートに行ってきました。
KENが最近、将棋もチェスもちゃんと駒を並べられるようになっていることが判り、出かける前にちょっとだけやってきたところでした。
アカネちゃんも一緒になってやっていたところ、興味津々でのぞきに来る男の子が一人いました。

それもえらく好意的に。

こういう子は将棋がやりたくて来る子です。(断言)

なので、「将棋好きなの?」と聞くと笑顔で頷いてきます。ならやろう、となるのは自然の流れでしょうか(笑)

「将棋覚えたてなんだけどね。まだ3ヶ月ぐらいで・・・」なんて言いながらも対戦をはじめると、相手は初めは弱いなんて言いながらも(こういうのは社交辞令だと思ってます)「父親が将棋4段で・・・」なんて言ってきます。
あぁ、この年にしてもう

謙遜 をマスターしている・・・。

という感じで気を抜かずに勝負に挑みました。

正直言って本当に強かった。

でも勝ちました(喜)

「もう一回!」というので、もう一勝負すると、また勝ちました。

でも本当に強かったです。

強い人とやると、すごく面白いと思ってしまいますね。もっとやりたい、って思います。

その少年は中学校1年生だそうで、児童館の先生も名前も知っていたところを見ると、常連さんなんでしょう。また対局したい子でした。

今のところ、今までやった一番強い人は父なんですが、これを超えるためにもう少し修行したいと思ってます。来年は子供がだいぶ大きくなったので、町内会の役員を保留してもらっていた順番がきそう。とりあえずは将棋クラブを提案したいと思ってます。(←当面の野望ですねw) 

・・・そしていつも職場の一番将棋の強い子が言っている「ボクのじいちゃんはすごく強いんだ」といわれている名人とも対局する日がくるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1613-30e83799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本