Entries

子供に料理を教える

職場の小学生の中には自分でお弁当を作ってくる子がちらほらと居ます。
親は働いているので、子供たちの中にはそれを手伝おうという気持ちが芽生えるのかもしれません。
そんな様子を見ていて、我が娘を鍛えようと思い奮起しました。

「小学校2年生の女の子が自分でお弁当作ってくるんだよ。卵焼きを自分で作ってるって。がんばんなさい」

と、小4の娘をたきつけて卵焼きはなんとか会得させました。

が、ウチではここまでかなぁ、と思ったりするのです。

小1でお弁当を作ったという男の子の話では

「チン」して詰めただけだけどね

とか言ってます。そういう声は少数ではないんですね。
でも、ウチはそういうの使わないし・・・。
チンして作る冷凍食品を全部作るところから教えないといけないとなると、けっこう大変だなぁと思います。

子供に料理を教えるというのは、ある程度インスタントに頼ることも必要な気がします。
スープとメインのおかずを用意するだけでも、できればすごいと思います。献立を考えられるのですから。
スープはインスタントでメインは冷凍食品でも、子供にとっては「生きる力」になると思ったりします。

ウチのように出汁をとったり、餃子の皮を作るところからする料理をいきなり教えようとすると、挫折しやすいのではないでしょうか。(・・・と不安に思ってる)

卵焼きを作ってた小2の女の子は、大掃除の時には自分で雑巾を縫ってきたと話していました。その子は本当にしっかりした子でしたから、アカネちゃんがそんなレベルに到達できるとは思ってません。雑巾はここ数年は自分で縫ってもらってますが、ミシンまではまだむりそうです。

が、もう4年生、来年度に向けてそろそろミシンを仕込む覚悟をしているところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1626-dc86fb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本