Entries

130cmからの子供服作り

アカネちゃんにミシンを練習させようと思っているのですが、まずはミシンの周りを片付けるのが先です。少しずつ整理を始めているのですが、そうなるといずれ作ろうと思っていたあれこれが発掘されてきます。
そういうのを見るととりあえずそっちを片付けてから・・・となり、なかなか片づけが進みません。しばらくはそんなものづくりが続きそうな予感がします。

まずは体育の時に着るハーフパンツを作りました。
17031011.jpg
市販のハーフパンツは丈が短いと言うので(アトピーなのでひざの裏を隠したがります)丈を長めに作ってます。
元のパターンは甚平のズボンで、120cmのものを130~ぐらいに補正したものです。おおまかに横幅を伸ばして製図したので正確ではありません。これからはこういう風に型紙を作らないと作れなくなってくると思うので(130センチ以上のパターンはそうそう売られていない)めんどくさがらずにやらないと、市販のものに頼るようになりそうです。
1701012.jpg
ポケットは甚平のパターンにはないので、勝手に付けました。だいぶこのあたりは上達してきてると自負してます(笑)

1703102.jpg
それからハイネックシャツを1枚。

今まで作っていたパターンはこちらの本でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まいにち着る女の子服 [ 片貝夕起 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)



この本は本当によく使いました。この本に載っているハイネックシャツはすべてのサイズを作ってきたくらいなのですが、娘が120cmを超えるとそれ以上のパターン展開がないため使えなくなってきています。
補正すればいいのですが、ニット生地のものはどうだろうか、とか、サイズを一回り大きくする補正は何センチぐらいか、といったあたりで悩んで手が出ません。
で、探しに探した結果、代わりになる本を見つけて使うことにしました。



こちらはムックだったようで、もう絶版となっているようですが130cmまでのパターン展開があり、ラグラン袖という珍しいパターンだったので買っておいたものです。ラグラン袖のほうが動きやすいとは思うのですが、袖が肩山ではぎ合わせるようになっているため少し手間かもしれません。
今後はパターンがもっと入手しづらくなりそうなので補正しづらそうなラグラン袖はなかなか作れなくなりそうです。

最後は着物の腰紐です。
浴衣を着たがっているアカネちゃんのためにそろそろ着付けを教えられるように準備を始めておきたいとおもっています。
作れるものは作っておこうと思ったのですが、この先の処理がよくわからなくて放置されていたものを仕上げました。全部で3本作ったのでとりあえずは足りそうです。
1703103.jpg

子供が小さいうちしか服を作らない人が多いのを疑問に思っていましたが、パターンがないことが原因なのだと思い知る昨今です。
今手元にある本のうち130.cm以上のものが載っているものはあまりないので今後デザイナーさんに期待したいと思います。
イマドキのデザインは今のデザイナーさんにしか作れないと思うので。
片貝さんの本には本当に感謝してます。これがなかったら頭でっかちの娘は冬に中に着るものがありませんでした。

130cmから上のサイズのパターンが載っている本は茅木 真知子さんの「ホームクチュール女の子服」などもあるのですが、今は絶版のようです。


この本も持っているのですが、これも既に絶版のようで普通には入手できないようです。これは100~140cmまでなので買っておいてよかったと思います。

ほかには同じく絶版になっていると思われるこんな本もあります。


これは130cmまでのサイズですが、比較的良く使うデニンスがあるのでまだまだ利用価値がある本となっています。

本屋に行くと探してみる130cmからのサイズのある子供服の本ですが、イマドキのデザインが載っているのは荒木由紀さんのほんのりsweet女の子の服や前述の片貝さんの本です。このあたりのデザイナーさんの活躍を大いに期待したいと思ってます。

・・・できれば150cmまで展開して欲しいです。phocheeなどではMLサイズしか大人服はないので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1632-16a959c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本