Entries

石狩の求人ブラック企業

4月からの仕事が決まるまで、ちょっとごたごたがありました。
世間ではてるみくらぶの倒産にあたって、就職内定者が大変なことになっていたようでしたが似たようなことが私もありました。

家からそう遠くないところにある石狩湾新港というところにある企業の保育施設が求人を出していました。
一応、応募だけはしておいたのですが、面接に行ったところ応募した内容ではない仕事を打診されました。
その保育園の事務やら雑務をやってみないかということで、子供が小さいから5時ぐらいには帰れる仕事を探しているという希望も、土日は休みたいという希望もOK、急な休みも対応するというので「1週間後に結果を伝えますが、採用の方向で考えてます」ということでその日は帰りました。
1週間もせずに採用の連絡があり、他に応募していたところ2件を断り、必要なものを揃えて準備していたところまた連絡がありました。


「やっぱり、採用を見送ります。すいませ~ん。」

「・・・・・。(怒)」


時給は安かったものの、いろんな条件を譲歩してくれたので決めた仕事だったのですが、4月間近になってからの断りの電話とはあんまりです。
「企業の業績がすごく良くて、子育て支援で保育園もやってるから辞める人もなくて。みんなどんどん子供を作るんです。だから大変で」
というその企業。

責任者が無責任だったのかもしれませんが・・・。(食品急送という会社です。お気をつけください)

前の職場は週休1日しかなかったので日曜日だけでは幼稚園児の子供の習い事もできないし、上の人に言っても譲歩もしてもらえませんでした。(・・・正確には月に何回かしか仕事がなくなるけどいいですか?と言われた)
他の人は研修に行くのに当たり前のように有給を使うように言われていて、なければ減給・・・。先はないと思ったのでさっさと見切りを付けたことに後悔はないのですが。

まぁ、この程度のブラック度なんてざらにあると思ってますが、やっぱり景気が良くはない証拠なんでしょう。

幸い断るのを忘れていたところから電話が来てそちらに勤めることになりましたが、面接というのはこちらも相手企業を知る場であるものだと思いました。
なんとなく、その責任者と話したときに「思いつきで行動しそうなタイプ」「決まり・規則を誰にでも判るように指導できるタイプではない」という感じは受けました。履歴書の趣味欄を見て私の作ったパンを食べたい~、とか妙に親しげな態度をとってきたところから受けた印象です。
大企業やお役所に勤めたことがある人なら、その感覚がわかるかもしれませんが「定型・良識」を型どおりにでも見せる企業であればさほどおかしなことにはならないのですが、そうでないところは上司のヒステリー一つで首が飛ぶことがあたりまえにあります。

まぁ、早々にそれが判ってよかったと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1646-0a656642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本