Entries

オットの作務衣を作る

時折何を目的というわけでもなく手芸用品店に行きます。
見るだけでも楽しいし、気持ちが盛り上がるんですよね。

で、先日は家族で手芸店に立ち寄ったのですが、店先に置いてあったカットクロスの和風生地が気に入ったらしく、オットは作務衣を着たいようなことを遠慮がちに言い出しました。

つまり、作って欲しいってことですね(^^;
その生地は確かに素敵だったのですが、たった2mの生地では到底作れません。
かえって製品になったもののほうが安いのではないかと思ったので、とりあえずお気に入りの洋裁アイテムや洋品、雑貨を扱っているお店に行ってみることにしました。
そこで見つけたのが390円/mのしじらです。
しかもダブル幅。

普通本当の和裁の生地ならば45センチ程度のものを10mぐらい使うのだと思いますが、そんな良いものを使うつもりはなかったのでそれで充分です。
いかにも和風の作務衣にぴったりの生地だったので5m買ってさっそく作りました。

作務衣
そのお店には紺の綿の作務衣も売られていたのですが、ちょっと生地がてろんとした感じで、色も1種類しかなくどうかなぁと思ったのです。オットは紺とかがあまり似合わない人ですし。
この生地は黒系の白とのストライプのように織られたしじらなので、遠目にはグレーっぽく見えますがちょうどぴったりでした。

今日は近所のスーパーにわざわざ着替えてから出かけてましたから、けっこう気に入ったんでしょう。
そのうちデニム生地でつくるイマドキの作務衣も作ってあげようと思います。

ちなみに、ちゃんとした和裁の技術では作っていません。袖ぐりはロックミシンで処理してますし、ほとんどミシンです。
和裁の技術で作れるところは部分的に取り入れてはいますが、ミシンで作るほうがやっぱり楽ですね。
手縫いは基本だと思ってはいるのですが、運針みたいなものをちゃんと習ってる世代ではないので、やっぱりミシン頼みの作務衣なのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1662-8db8ef87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本