FC2ブログ

Entries

袱紗というもの

卒園入学式に着物を着るのを楽しみに、小物類の手作りを続けています。今回必要だと思ったのは懐紙入れです。
私は茶道を少しだけやっていましたので、やはり着物の時には持ち歩きたいアイテムです。いろいろ形を検討していたら、袱紗が見栄えが良さそうに見えたので、これを作ってみることにしました。

かねてより、袱紗(ふくさ)というと、お茶をたてるときに使うもの、というイメージでした。
それがご祝儀やお花料を渡すときにも使うというのを知ったのはずいぶん後のこと。
昔の風呂敷を小さくしたハンカチのような感覚のもの、ってかんじでしょうか。

冠婚葬祭のときの袱紗の使い方っていうのがけっこういろいろあるようで、お祝い事のときはこう、そうでないときはこう、というのがあるそうです。
ろくに覚えていない私が言うのがなんですけど。

でも、最近はケースになったものがあるらしい。

礼法を間違えずに済むのはなかなか良いアイデアですね。

懐紙入れと印鑑ケース

わりとシックなモノトーンですが、普段使いです。何かのお祝いの時とかにちょっと使うくらいでしょうか。いずれ一番使いそうな葬儀向きのものを作ろうと思います。
ついでに、印鑑ケースも作ってみました。
中はラミネートした和柄の生地です。まちを付けておきました。ちょっと大きめなのはスタンプ台も入れるつもりだからです。(朱肉ではない)

懐紙を作ったケースに入れてみるとこんな感じでした。
懐紙を入れたところ
さすがにちょっと大きかったです(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/1714-6b51c3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本